元・また食べたい京都ラーメン

予告です。

管理人が糖尿病を患って、糖質制限食を食べているためラーメンサイトとして維持してゆくのが困難になりました。

近いうちにオリーブオイルについてのサイトに模様替えします。過去ログはそのまま残しておきます。


テーマ:
今回は番外編、滋賀県守山市にあるラーメン藤・守山店を訪ねてみました。

ラーメン藤は京都に本店があり、近畿北陸に40あまりの支店を持っている店で、発祥を辿れば、京都のラーメン店の多くが使用している麺を作っている近藤製麺が展開しているチェーン店です。

なぜ今回守山店に行ったかと言うと、私が休みだったからです。普段の日ではここまで遠出してラーメンを食べることはありませんからね。

それと、このお店がラーメン藤のチェーンの中で唯一塩ラーメンをメニューに入れているからと言う噂を聞きつけたからでもあります。

と言うことで早速出かけて塩ラーメンを食べてきました。時間はお昼の2時前、休日とは言え、この時間でも満員で数組のお客さんが並んでいたのは驚きです。

いつもは検索で他のサイトをご案内して写真やメニューの紹介はそっちに任せっきりにしているズボラな私ですが、滋賀県のラーメンサイトはあまり知らないので、写真とメニューを紹介しておきます。

席はカウンターのみで16~7席です。

しょうゆラーメン 600円
しおラーメン   650円
みそラーメン   650円
(大盛り各200円+)

キムチラーメン  700円
チャーシューメン 700円

冷やし中華(季節限定)800円

と、シンプルなメニュー構成で、スープは全品共通、たれとトッピングで味を変えています。

写真は今回注文した塩ラーメン、トッピングはチャーシュー、太もやし、葱です。なぜか塩ラーメン大盛りには入っているメンマが並には入っていません。

もしかして私のだけ入れ忘れられたのかと観察していたのですが、他のお客さんの塩ラーメン並にもメンマは入りませんでした。

お味の方ですが、塩が効きすぎでかなり塩辛い味です。さらに化学調味料もしっかり入っていますが、ベースのスープは豚肉(豚骨ではありません)から取ったしっかりしたものでかなり良い味を出しています。

さっと茹でた太もやしと一緒に食べると良い感じの辛さになるのですが、スープは残してしまいました。見ていると多くのお客さんが一緒にライスを注文していたのも頷けますね。

チャーシューはもも肉チャーシューでちょっとぱさつき気味ですが、仕上げのニンニク醤油が効いた美味しい薄切りチャーシューだと言えるでしょう。

ラーメンはおじさんが麺を湯がいてスープを注いでいますが、タレの配分とトッピングは奥さんと娘さんらしき人がやってます。三人に共通することは作業が雑すぎるってことでしょうか。(笑)

麺の湯切りはいい加減というか、殆ど湯切りしてないように見受けられます。トッピングする前に麺を捌いてないから食べるときにダンゴになっちゃっていて食べにくいことこの上なしだったりもします。

基本的にラーメン藤の他の店よりは美味しいので、細かいところにもうちょっと配慮があればかなりイイ線行くと思うだけにちょっと残念ですね。

それともうちょっと薄味であってくれれば助かります。お水を数回おかわりする必要に迫られました。

ひとつネタになりそうなことが壁のメニューに。

ギョーザ(手造り)はいいとして、ライス(自家製)ってのは・・・(笑)

なにはともあれ、琵琶湖大橋方面に出かけた時で塩ラーメンが食べたくなったときには是非また行きたいお店ですね。

場所はこちら。JR守山駅から近江鉄道バス1番乗り場で木の浜線に乗車、新大曲下車、琵琶湖大橋方向へ徒歩約5分。ただ、公共交通機関ではあまりに不便な場所なので自動車で行くのがお勧めです。駐車場はカウンターの椅子と同じ数分くらいあるのでとても安心。(爆)

琵琶湖大橋を東に渡って国道477号線を栗東方面に進み、約3キロの左側側道に入ったところにあり、定休日は木曜、営業時間は11:00~21:00です。

====================================
回回回 本日のお取り寄せラーメン 回回回
====================================
回回回 本日のお勧め落語 回回回


アーティスト: 桂三枝
タイトル: 桂三枝大全集~創作落語125撰~第10集「人情ラーメンー夢屋」「神様の御臨終」
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
比較的最近できたお店で、近頃流行のダブルスープと炙りチャーシューを売りにされています。

スープは動物系が中心、おそらく鶏と豚だろうと思われますが詳しくは不明。それを鰹・鯖・鯵節などの魚系スープで割った物だろうと思われます。

なぜ「思われます」か続くかというと、今ひとつスープが弱いんです。もちろんうま味調味料はラーメンのデフォルトですから使用されていることに文句はありませんが、高級インスタントラーメンの延長上にあるようで、その正体がつかみ切れませんでした。

味自体は醤油味の平均的な味で、強い個性がないから抵抗なく頂けます。白髪葱や水菜のトッピングは見た目にも綺麗で香り付けにも一役買っていますし、食べやすくなっている要因のひとつでもあると考えます。

売り物のもうひとつ炙りチャーシューは悪くありません。あざとい香りが付いてしまうのはやむを得ないとして、そのままでは普通の焼き豚になってしまうところに、一工夫加えたことは評価できるでしょう。

麺は多加水麺タイプで細麺の縮れ麺。つるっとした表面の感触の評価は人によって分かれるのではないかと思います。私はあまり好きではありません。

お店は、いわゆるラーメン屋にありがちな雰囲気はなく、綺麗で音楽も洒落た物がかかっています。味の割にご近所での評判も良く、若いアベックなどで良く流行っているのはそのせいだと思います。雰囲気も味のうちと言うことを体現したお店だといえるでしょう。

ひとつ嬉しいのは、毎月1のつく日を「一(kazu)の日」として、餃子が一人前無料で付いてくるサービスがあることです。取り立てて美味しいというわけでもない普通の餃子ですが、たまたま1日や11日、21日に行ってサービスして貰うとすごく得をしたような気分で嬉しくなってきます。

ラーメンと餃子が食べたくなった1の付く日に近くを通りかかったら、是非もう一度行きたいお店ですね。

場所はこちら、京都府立植物園の近くです。JR京都駅から地下鉄烏丸線、北大路駅下車東へ約500メートル、健康な人なら充分歩ける距離でしょう。あるいはJR京都駅から市バス205系統または京阪出町柳駅から市バス1系統で植物園前下車すぐです。

お店に駐車場がなく、路上駐車をしているとすぐに取り締まりが来るので自家用車でゆくのは余りお勧めできません。探せば100円パークくらいあるかもしれませんが・・・

京都のラーメンについては数多くのサイトが評価し紹介しています。だからラーメンの写真や他の評価についてはそちらに任せようと言う他力本願な私。(爆)

こちらで検索して他のサイトも参考にして下さい。

====================================
回回回 本日のお取り寄せラーメン 回回回
====================================
回回回 本日のお勧めブックス 回回回



著者: 旭屋出版編集部
タイトル: 繁盛店・行列店のラーメン最新技術―人気を呼ぶスープ・タレ・チャーシューetc.の作り方
====================================
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
元は舞鶴でお店を開いておられたそうですが、2004年に二条駅から少し北に行ったあたりに引っ越してこられたと言うことです。

京都市内への移転を機に味を変えたと言うオリジナルのラーメンは、豚骨と魚出汁のダブルスープのようでしたが、全く私の好みには合いませんでした。

正直言って、動物系の味と魚系の味がまったくマッチせず、味がケンカしている印象が拭いきれません。そのため、中華麺独特の味も苦みと感じられるような悪い味になってしまっていたのです。

しかし、その後舞鶴当時のイメージで味を作った「和風煮干し味」と言うのができたと聞いて、再び食べに行きました。

食べ物屋さんの評価は一度行っただけで決めつけてはいけないと言いますが、まさにその通りです。開店してすぐに行ったときには、二度と行かないだろうなと思っていたのですが、二度目に行って評価は180度変わったのです。

和風煮干し味のラーメンは煮干しと鶏スープのダブルのようでしたが、スープ同士の相性が良く、見事に味を引き立てあっています。

しっかりした細めのストレート麺にからみつく濃厚なスープは見事なものだと思います。

最初は美味しかったのにだんだん味が落ちて行くと言うケースも珍しくないだけに、この店の変化は大変嬉しいものでした。

いつでもまた食べに行きたいお店のひとつですね。

アクセスは、JR二条駅から北へバス停2つ。歩いても充分な距離ですし、タクシーならワンメーターです。

車で行く場合、この店には駐車スペースがありませんが千本通りを曲がって少し北に行ったところに100円パークがありますから、そこに停めて行くのがよいでしょう。

京都のラーメンについては数多くのサイトが評価し紹介しています。だからラーメンの写真や他の評価についてはそちらに任せようと言う他力本願な私。(爆)

こちらで検索して他のサイトも参考にして下さい。

====================================
回回回 本日のお取り寄せラーメン 回回回
====================================
回回回 本日のお勧めブックス 回回回


著者: 柏井 壽, ハリー中西
タイトル: 京都の値段
====================================
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
私は京都市内でタクシーを運転する40代半ばの男性です。乗務する日には良くラーメンを食べることから少しばかりその評価をしてみようかと思い立ちました。

-------
: 2005年4月28日、タクシーを降りました。現在運転手ではありません。
-------

京都はラーメン王国と言われます。どのくらいラーメン王国かを他の大都市と比較してみましょう。

人口が百万人を超える街は、東京23区を入れて現在13市あります。それぞれの街の名前に「ラーメン」というキーワードを加えてGoogleで検索するわけです。

例えば、"京都 ラーメン"と言った具合ですね。その検索結果の件数を人口で割った数字を"RKI"(Rahmen Kingdom Index:ラーメン王国係数)(笑)と呼ぶことにします。

京都市   147万人 347000件 0.236RKI
福岡市   137万人 282000件 0.205RKI
広島市   113万人 207000件 0.183RKI
大阪市   262万人 430000件 0.164RKI
仙台市   102万人 154000件 0.151RKI
札幌市   185万人 269000件 0.145RKI
川崎市   129万人 188000件 0.145RKI
神戸市   151万人 213000件 0.141RKI
名古屋市  219万人 284000件 0.130RKI
東京都   833万人 979000件 0.118RKI
横浜市   352万人 365000件 0.104RKI
北九州市  100万人  89300件 0.089RKI
さいたま市 105万人  93200件 0.088RKI
               2005年1月10日調査

県名と都市名が異なるか一緒かで多少の振れは出るかも知れません。例えばさいたま市などは埼玉で検索すれば216000件ヒットしますが、埼玉県の人口は703万人ですからRKIは0.03に下がってしまいます。

神戸を兵庫で、横浜を神奈川で検索するとかえってヒット数が下がるという・・・(笑)

平均0.146RKIに対して京都市の0.236RKIが突出しているのがお判り頂けるかと思います。豚骨ラーメンの本場福岡、尾道ラーメンの他地元マニアの多い広島、食い倒れの大阪などが高い数値をマークしています。

このように、京都はラーメン王国と呼ばれるに恥じない実態が存在します。なぜ京都はラーメン王国なのか、それは学生の街であったと言うことも大きな要因でしょう。

そしてもうひとつ、例えば福岡=豚骨、札幌=塩バターや味噌などのように固定された様式を持たないからなのです。

昭和50年代、京都ラーメンの代表格のように言われた天下一品と第一旭を比べてみてもその実態はよく判ります。ピザトーストとクリームパンをして「どちらもパンである」と言っているくらい異なるものでした。

京都にはさまざまな味のラーメンが存在します。そしてネット上にも京都のラーメンを専門に扱うサイトがたくさん存在しています。

しかしながらラーメンという物は嗜好品としての要素が強いものなので、人によってかなり評価が変わるのは当然でしょう。

ですから私も私の感じた味を述べてみます。ちょっと辛口の評価になることが多いかとは思いますが、決してお店を誹謗したりするつもりはありません。

決して誹謗中傷をするつもりがないことの証左として、あらかじめここに宣言しておきます。

40代も半ばになると、若いときに比べて味覚も繊細になり、油と塩、味の素の味がすればOKと言うわけには行かなくなります。サービスについても口うるさいジジイ傾向が自分の中に生まれてきているのを感じざるを得ないのです。

どこかのお店の友達であったり、どこかの店の宣伝を買って出たりしているわけではない、ごく普通にいるタクシーの運転手が感じた京都ラーメンの味を、ゆっくりのんびりご紹介して行くことにしましょう。

-------
: 2005年4月28日、タクシーを降りました。現在運転手ではありません。
-------

せいぜい週に1回、ヘタをすると月に一回のアップになるかもしれませんが、のんびりとおつき合い下さい。

=================================



著者: 京都新聞出版センター
タイトル: 京都ラーメン物語
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
■□本当に訪問者が知りたい20の質問□■

      「また食べたい京都ラーメン」  「z-plus」の回答

出典元:個人WEBサイト文化研究所  

ブログ管理人のみなさん、回答ページを自ブログに作ってページ上部による相互リンクしませんか。
読者に楽しいコンテンツとなるかもしれません。
詳しい説明はブログ リング プロジェクト 参照です

ブログ管理人リンク (敬称略)

001.迷ってばかりの管理職 の管理人  ミルミルの回答  ビジネス
002.◇まえむき。。。 の管理人  ほーちゃんの回答  ビジネス
003.不良中年・歳三日記 の管理人  歳三の回答  グルメ
004.愚痴テレビジョン の管理人  えふぃーの回答  ニュース・バラエティー
005.消防の仕事って・・・どうよ? の管理人  モッさんの回答  ビジネス
006.ダメ嫁でいいじゃん♪♪ の管理人  ルタの回答  結婚
007.実録ボケ嫁日記 の管理人  リッキーの回答  結婚
008.サラリーマン→ビジネスオーナーへの道 の管理人 Newbizの回答 アントレプレナー
009.まったり.com の管理人  まったりの回答  暮らし&住まい
010.そのうち の管理人  ヒロシの回答  日記・blog
011.りんちゃんの出来事…人妻予備軍6号★ の管理人 りんちゃんの回答 日記・blog
012.★お笑い!お仕事トホホ日記★ の管理人 おpapiの回答  お笑い
013.また食べたい京都ラーメン の管理人  z-plusの回答  グルメ
014.海原コルクの日記 の管理人  ひろの回答 日記・blog
015.GALLERY Sya ☆ の管理人  Syaの回答 アート
016.祇園の住人 お水編 の管理人  tokimamaの回答 関西
017.B型妻とO型夫の のほほん生活♪ の管理人  スイカの回答 結婚

◆__________◇__________◇__________◇__________◇__________◇__________◇__________◆

z-plusの回答


◆1.ブログ名とそのアドレス、
  あなたの希望する呼ばれ方(ハンドルネーム)についてお答えください


  また食べたい京都ラーメン http://z-plus.ameblo.jp/
  z-plus(ぜっとぷらす)でOK、場所によっては「おやじ」と呼ばれてます。

◆2.あなたのブログがどんなところか、一言でご説明ください

  ラーメンサイトです。
  京都を中心に、自分の主観でお店のラーメンを評価しています。

◆3.このブログへのリンク、サイト内各ページへの直リンクについてどうお考えかお答えください

  著作権は放棄していませんが、リンクは形式の如何を問わず歓迎します。

◆4.「ブログ上で訪問者にこれだけは絶対にして欲しくない」ということをお答えください

  社会常識に照らしての迷惑行為です。
  
◆5.このブログを運営していく上であなたが何を一番重視しているかについてお答えください

  自分が楽しいか否か、に尽きます。

◆6.このブログの更新頻度についてお答えください

  一週間に1回以上。目標は週に3回以上です。

◆7.1回の更新にかかる時間についてお答えください

  取材時間を除けば、30分から1時間くらいです。

◆8.現在の訪問者数と、今後希望する訪問者数についてお答えください

  現在35~70人/日です。一日1000人が夢ですね。夢でしょうけど。(笑)

◆9.あなたにとって訪問者はどんな存在かお答えください

  嬉しい存在です。

◆10.閉鎖の予定についてお答えください

  残念ながらありません。

◆11.あなたの性別についてお答えください

  男性として登録されているはずです。

◆12.あなたの生まれた年代、できればズバリ何年に生まれたかお答えください

  赤線がなくなり、チキンラーメンが世に出た1958年です。
  日本が悪くなり始めた初年かも知れません。

◆13.現在のご職業について差し障りない程度にお答えください

  このあいだ、タクシーの運転手を辞めました。
  今はニートです。(・_・)/ (嘘)

◆14.出身と現住地について差し障りない程度にお答えください

  京都生まれの京都育ちです。
  現在も京都に住んでます。

◆15.振られたときに得意な話題、分野についてお答えください

  無知蒙昧なので、得意な話題というのはちょっと・・・
  芸能とスポーツと世間のうわさ話は特に苦手です。

◆16.あなたが一番良く使っているパソコンの性能、接続環境について分かる範囲でお答えください

  マシン:Pentium4-3.0GHz + 1.0GB + 80GB + RAID5 750GB
  接続:光-BE 100Mbps

◆17.毎日あなたが閲覧するブログの数をお答えください

  15くらいだと思います。

◆18.Webを閲覧し始めた時期についてお答えください

  1995年6月頃です。

◆19.初めてブログを公開した時期についてお答えください

  ブログに限定すれば2004年11月21日14時04分22秒です。

◆20.影響を受けた or 大好き or ここが閉鎖したら落ち込むかも、というブログ/サイトがありましたらお答えください

  大好きなサイトはたくさんありますが、栄枯衰勢は世の習い、
  ネット上はもっとスパンが短いので特定のサイトを挙げるのは難しいですね。

◆どういう状況の時、自分はブログが好きだと実感しますか?

  やはり、コメントでお褒めをいただいた時ですね。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。