宇宙航空研究開発機構の立川敬二理事長は15日の記者会見で、H2Bロケットで国際宇宙ステーション(ISS)に物資を運ぶ無人貨物船「宇宙ステーション補給機(HTV)」を片道の使い捨てではなく、ISSでの実験成果の試料を地上に持ち帰れるよう、回収機能を付ける方針を明らかにした。今月から「宇宙ステーション回収機研究開発室」を設置しており、2015年度の実現を目指す。
 立川理事長はまた、宇宙科学研究所が開発してきた固体燃料ロケットシリーズの後継機となる小型ロケット「イプシロン」の開発に本格着手し、13年度の試験1号機打ち上げを想定していることを明らかにした。イプシロンは3段式で、H2Aロケットの大型補助ロケットSRB-Aを第1段に利用する。主に小型科学衛星を安く打ち上げることを目指している。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
【Off Time】再生-富士山測候所の今
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
〔用語解説〕「国際宇宙ステーション」

【from Editor】同音異義語たちと仲良く(産経新聞)
弁当店に刃物男、60万奪う=開店準備中狙う-東京・練馬(時事通信)
山崎直子さん 聖子さんの歌でお目覚め 夫が選曲(毎日新聞)
「睡眠薬売れるねん」操られる生活保護受給者(読売新聞)
監視や議論で「よりよい制度に」―産科補償制度でシンポ(医療介護CBニュース)
AD