【北海道】道内で唯一うずらのふ化から加工商品販売までを手掛ける室蘭市の「室蘭うずら園」が、うずらの卵を原料とする「うずらプリン」の開発に乗り出す。国の地域産業活用事業に認定され、プリン製造専門業者の技術指導を得て商品化。6月にも販売を始める。

 うずらの卵は、鶏卵と比べ総体的に栄養価が高い。一方で、独特の臭みがあり、プリン化が難しいとされていた。同園は、添加物の使用量を抑えるなど餌を改良、臭みのない卵の生産が可能になったという。4月中に試作し、6月ごろから1個(90グラム)350円程度で、新千歳空港や首都圏百貨店での販売を予定し、インターネット販売も検討する。

 同園は「うずらプリンは全国的に珍しいと思う。ビタミン類(AやB12)の成分が高いので乳幼児や子どもさんに食べてほしい」とPR。初年度は2000万~3000万円の売り上げを見込む。【新庄順一】

【関連ニュース】
調味料:石垣島ラー油や卵専用しょうゆ人気 「内食」影響
知りたい!:石垣島ラー油に行列、「卵」専用のしょうゆ ご飯に「かける」
たまごフライ:食感も楽しい、サクサクモチモチ 縁日で好評--浦安 /千葉
プリン:うずらの卵で 室蘭の業者が商品化--6月にも販売開始 /北海道
夕感!:石垣島「幻のラー油」/卵かけご飯専用しょうゆ このご時世「内食」でしょ

サル逃げた東山動物園改修「元気な姿見に来て」(読売新聞)
不法残留の韓国人男性自殺=東日本入国管理センター-茨城(時事通信)
上田容疑者、8回目の逮捕=連続不審死、詐欺容疑―鳥取県警(時事通信)
<COP10>会議で出るCO2 「排出権」の購入で相殺(毎日新聞)
<ガマガエル>国内初の飼育下繁殖に成功 井の頭自然文化園(毎日新聞)
AD