千葉市は12日、2003~08年度の6年間での不正経理の総額が、約4億5500万円だったとする調査結果を公表した。

 私的流用は確認されなかったが、コーヒーメーカーの購入費など業務とは無関係の不適切な支出約3700万円については、退職者を含む管理職約2500人に返還を求める。

 同市は、03~07年度の国庫補助事業を巡り、会計検査院から計1590万円の不正経理を指摘されたことを受け、09年8月から独自に全庁調査を行っていた。

 調査は、07年度分のみを抽出して経理実態を調べ、それをもとに6年間の不正総額を推計した。調査対象の業者も、一定の取引額がある7割の業者に絞った。

 07年度分の調査では、いずれも事務用品などの消耗品費で不正経理が判明し、合計額は4725万円に上った。業者に現金をプールする「預け」が166万円(38件)、請求書の名目と違う物品を納入させる「差し替え」が2522万円(1179件)など。

 市はこの結果をもとに、07年度全体の不正額を7066万円と算定し、6年間の不正総額を約4億5500万円と結論づけた。

和平交渉再開を歓迎=イスラエル外相と会談-鳩山首相(時事通信)
<JR内房線>280メートルオーバーラン…浜野駅で(毎日新聞)
<ミヤコドリ>博多湾で旅支度 愛鳥週間スタート(毎日新聞)
トキ 卵がまたカラスに奪われる 残りの卵がまだ存在か(毎日新聞)
アバプロ、ロナセン、プロレナールで360億円に―大日本住友製薬(医療介護CBニュース)
AD