最後の審判は
=【火の審判】
と呼ばれています

←→だが「火の審判」とはどのような「火」なのかと言った時、
ほとんど解っていないはずなのです。

 

キリスト教では
=「煉獄火」ぐらいの概念しかありません。

…「煉獄」とは=天国でも地獄でもない「中有界」のことです。


仏教の三途川の教えでは、
=もっとも頻繁に「輪廻転生」を起こしているのは中有界で、
…天国にも行けず、地獄にも落ちていない。
再度、現界(この世)に戻れの世界です。

 

 

クローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバー


天国に行ったからと言って、
まったく「輪廻転生」が無いわけではないのです。

 

…天国とは

  =一つの階層ではなく
   通常三階層と言われて来たように階層がありますので、
   階層を上がろうとすれば
   一度この世に降りて来る必要はあるのです。

 

第2天国界の住人ともなりますと、

 

=もうこの世に降りるのは嫌がることになります。
  せっかく第2天国界まで進んで来ていて、
  またこの世に出て失敗すれば地獄界ともなります。

  

  …自動車保険のようなもので
   事故ればそれだけ自分の階級が落ちるです。

 

 

第一天国界は

如来の智慧が要求されるので

難関となるのです。

 

 

自分は何度も何度もこの世に降りて来ているなど

誇ることではありません。
天国に行けるだけの者ではなかったので、
 中有界とこの世の往復が頻繁だっただけです。

 

ですから、人は自分の前世など追求する必要はないのです

 

 

人は魂を「更生」する為に

【甦(更生)って】いたからです

 

クローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバー

 

煉獄火とは
=カトリックにおいて、
 この世のいのちの終わりと天国との間で、
 天国に入る前に、その霊が火によって浄化される。
 

…神の救いとして

  【清めの浄化の火の苦しみを受ける】

   意味合いです。

 

 

ただ、キリスト教の場合は
仏教のように魂の【輪廻転生論】

が存在しませんので、
この命の終わりの意味の解釈が

仏教とは異にします。

 

 

またカトリック以外のキリスト教の宗派は
=「煉獄」そのものを認めていません。

 

 

基本的にキリスト教

=イエス一人だけを神の御子と信じる者は天国に、
 異教徒は地獄に墜ちるの一点張りで
 「中有界」の存在など何も解っていないからです。
それはイスラム教にも言えます。

 


【煉獄火】
命の終わり(輪廻転生の終わり)に
永遠の天国に入る為の清めの為の浄化火
 


ある意味、
神の御国(みろく世)に入る切符を持っている人は
関係の無いことにはなるのですが、

 

天国とも地獄とも判断が出来ない

中有界(煉獄)においては、
最後の「審判の火」は

浄化の為の「火」である

ということなのです。

 

「火」が霊の浄化の意味を持つこと

 =かなり知られており、

 

・・・神前でも仏壇でも【灯火】をあげるのは
霊の浄化の意味もあるからです。

 

…神前などで点した蝋燭が
一瞬にして高く燃え上がり蝋燭が無くなるがあります。
霊に対して何等かの浄化が起きた時です。
 

 

日本最大の予言者と言うよりも
世界最高の予言者であったと言うべき
大本教の出口王仁三郎聖師は、

 

=「広島や長崎に新型爆弾(原子爆弾)が落とされて
火の海になると予言されて、3年後だったと思いますが
広島と長崎は火の海と化しました。

 


その時、大本教信徒が出口王仁三郎聖師に対して
「最後の火の審判」とは
広島や長崎のような火の海でしょうか

尋ねられたところ、

 

広島や長崎の火の海とは比較にならない
と答えられた言われています。

 

広島や長崎が原子爆弾で

火の海と化した「火」とは
比較にならない「火」が

最後の審判の時に来るです。

 


私はこの「火」は何だろうと追求して来ました。
その中で知ったのは、

天の岩戸の内に隠された光とは

「殺光線」であるなのです。
自分の魂に汚れがあると、

 その汚れが「火」として燃え上がる

 なのです。

 

2016・5・10 

上野公園さんブログ「人に内在する良心神(神言会)」より

 

 

最後の審判はどのような火の審判?(2)に続きます

 

ここまでお読みいただき、お時間をありがとうございました。

 

 

 

 

AD