おはようございます!ひらほくの山本です!
2017年2月1日 こころにサプリ、
「ひらほく新聞2017年2月号」発行です!!

年末年始、
沢山の素晴らしい書籍たちに出会いました。

共通して受け取ったのは

『未来のとらえ方』。
 
奇跡的につながり、いただいたこの命は、
何のために使うのか。
誰もが唯一平等に授かっている大切な『時間』を
決して無駄遣いしないように、
一日一日のしっかりとした
ぶれない思いがいかに大切か、
あらためて実感した内容からのご紹介です。


ご紹介するのは・・・

主に 超感動作!
「秘密結社Ladybirdと僕の6日間 」
喜多川 泰 
 http://amzn.asia/7bRkszw

◎◎◎まずは・・・
編集者、サンマーク出版・
鈴木七沖編集長がつくった
とてもステキな「紹介動画」を

ぜひぜひご覧ください↓↓
 
 
 
 そして、あと裏面にて・・・
 
「実践! 世界一ふざけた夢の叶え方 」
ひすいこたろう, 菅野一勢, 柳田厚志 
 http://amzn.asia/iT9VbVk


「借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが
教えてくれた超うまくいく口ぐせ 」

小池 浩 
 http://amzn.asia/693GHuV


 
※バックナンバー含め、サイトに
PDFファイルがあります!
https://www.hirahoku.com/


2月もどうぞよろしくお願いいたします!



PS;さて、賛否両論、大炎上になったあの絵本・・・
(自分は賞賛を送りたい!)

まだ万一観ていない方がいるかも?なので
あえてご紹介しておきます。

キングコング西野亮廣(あきひろ)さんの大ヒット絵本
『えんとつ町のプペル』無料公開
http://spotlight-media.jp/article/370505056378315909
AD
{FBFA7466-D788-4024-9A5F-8EEFD4887772}

コミュニケーションこそが人の心のつながりを生む、復活させる。

8年前に何より大切な伴侶を亡くした義母はその後、山梨で一人暮らししながら、定期的にうちへ来たりしていました。うちの子どもたちの時から始まり10数年間、自分の師匠の多くの孫たちの時を含め、子どもたちの運動会に際しては、山梨から来てくれて、何と2.3キロの量の最幸に美味しい唐揚げをずっと作ってくれてきました。そんな義母がちょうど一年前、うちの嫁が電話した時にその言葉の異変に気付き、近所の人に連絡、救急入院ということが起きました。そして、脳梗塞で一人で暮らせないという認知症に。その後春先退院、うちと儀妹の家で半月ほどずつ交代で預かりました。うちの子どもたちは、一緒にいるときは、幼稚園の友達のようにかまい、ずっと楽しく声がけをしていました。すると夏前から、今まで出来なかったことをやりだしました。もう、大好きなあの料理を食べれないのかと、諦めていたのですが、何と自分の大好物の茄子味噌やいろんなものをやりだしました!それからというもの、言葉はうまく出なくても、いろんなことが分かるようになり、自分で何でもやるようになり、お盆には近所の年寄り仲間も沢山いるので、一人暮らしの実家へ戻しました(当然、交代で見に行ってました)。まだまだ、訳のわからない解釈をする時がありますが、交代でうちに来た時には、子どもたちととても楽しくやっています。今日帰宅して、残っていた大量の揚げ物を見て、コミュニケーションの力、本当に恐るべし!と実感しました。

AD

斎藤一人『ついてる手帳』


2月のメッセージから♪


『幸せの国へのパスポート』


不満な顔で仕事をしていると、何も得られません。

 

それどころか

 

「イヤなこと」ばかり次々と起こるものです。

 

笑顔で仕事をしていると

 

「自分のためになること」が次から次へと起きます。

 

笑顔というのは、

 

幸せの国へ行くためのパスポートなのです。

 

 

元旦発行の こころにサプリ

 

『ひらほく新聞』2017年1月号ですが

 

すっかりご紹介を忘れてました!!!

 

以下のリンクにありますので

 

お読みいただけますと

 

とても嬉しいです!!!

 

↓↓

クリック→ ◎ひらほく新聞