新聞で学校が変わる

テーマ:

『継続はバカ力なり』

513日、読売新聞東京本社にて、NIE講演会・新聞で学校が変わる』があり、全国の多くの教育関係者・先生方に混じって有難く参加させていただきました。

{DD467F22-A59B-46FD-8274-F79CB0D5E040}

そのことが、今朝の読売新聞に掲載させれいました。

{B1C33DB0-B5ED-4DAA-93B1-E1541DA1161F}


自分さておき人様へ、目の前のあなたへの心からの思いやり、おもてなし。あの東日本大震災で立証された、古来からの素晴らしい日本人の和の心、いざという時に発揮される底力。それがあってこれまでの復活がありました。


しかし、ここへ来て、子どもたちの活字離れからの読解力の著しい低下を思うと、その大切な思いが影を潜め、未来の世代を想像した際に異常事態に向かっていると感じます。

そうならないために、恩送りしていく責任者として、この有難い日本の未来のために、まさに今が踏ん張りどころ。急ぎ、私たち大人が出来ること、やるべきことを本気で取り組まなければならないと実感しました。


一般紙は、小学校低学年の子どもたちにはまだ早いのかと思っていましたが、まるで逆であり、興味をもたせて週に一回僅か15分でも『ずっと継続していく』ことで、いろんな面のプラスの変化が必ず現れてくるということ、そして共に活動していく先生もご自身が変わっていくという内容にはとにかく驚きでした。


詳細記事は、528日付 読売新聞朝刊紙面で一面を割いて掲載するそうです。ぜひ、全国の教育者の方、新聞販売店の方に見ていただきたいと思います。

AD

「ひらほく新聞」をご愛読いただきまして

いつもありがとうございます。

毎月1日に発行しておりますが、

こちらへのアップが中頃になってしまいました。

 

今月5月号もどうぞよろしくお願いいたします。

 



【表面】

発刊されている小冊子から、


何度も感動悲話をご紹介させていただいてきた


㈱タニサケの松岡 浩会長より、

 (http://www.tanisake.co.jp/


この春発刊された新著『生き方の極意』


小冊子、「時を守り、場を清め、礼を正す」


(本年2月のある中学校での講演録)が届きました。


『贈呈です』とあり、たいへんに恐縮しきり、


只々有難く拝読させていただきました。

与えられた使命として、


小冊子を大量に仕入れ、小中学校他へ寄贈、

 

当社からの「読売中高生新聞」読者の皆さまへ

 

プレゼントさせていただきました。

 


西畑春枝さんの感動悲話、ぜひどうぞ。

 



【裏面】

これまで2度ほど、書籍を紹介させていただいた


「小林正観」先生(http://www.skp358.com/

 

教え『そ・わ・か』から。



関連して、正観先生に学んだ

 

斎灯サトルさんの作品のご紹介も。

素晴らしい天井画絵師サトルーチさん

ぜひ、こちらをどうぞ↓

http://satoruchi.moo.jp/01home.html

 

 

「ひらほく新聞」で検索しても出てきますが、

 

バックナンバー含め、PDFファイルが
 

以下のサイトにあります。

今後ともよろしくお願いいたします。


 『ひらほくランド』
 

 

AD
おはようございます!
いつもありがとうございます!
別れと出会いの季節、春もいよいよ
新年度、卯月に突入!!
ぜひ、感謝と共に全力でスタートしましょう!
 
本日、4月1日発行のひらほく新聞4月号は
2冊のオススメ書籍の紹介です。
 
表面
ベストセラー作家、ひすいこたろう氏推薦
「小さなコツの専門家」野澤卓央 著
『自分を変えるほんの小さなコツ』
 (かんき出版)
 
 
裏面
感動実話です!
岸田あさ実 著
『ママ、死にたいなら死んでもいいよ』
娘のひと言から私の新しい人生が始まった
 (致知出版社)
 
 
☆TED に登壇されたときの
 動画をぜひごらんください。
 

 

 
起きた出来事をどう感じ、受け取るのか
そしてどう行動するのか・・・
とても大切な教えをいただけた書籍でした。
 
4月も引き続きどうぞよろしくお願いいたします。
 
バックナンバー含め
「ひらほく新聞」のPDFファイルあり!
こちらよりどうぞ↓↓

おはようございます!ひらほくの山本です!
いつもありがとうございます!

さて、弥生3月1日発行、

こころのさぷり「ひらほく新聞」3月号は・・・

昨年末にたまたま2016年9月28日に放映された
NHK番組、ガッテン!
「ボケない!脳に秘められた瞑想パワー」
の動画に出会いました。
とても興味が沸いて、さっそく試して続けています。

 

ということで、表面は


疲労の原因は脳にあり!最幸の休息法
『マインドフルネス瞑想』をご紹介!


※新聞に書いていないことを少し。

 

「瞑想」と聞くとそれだけで
何か胡散臭いとか信じない人が多いようですが
その原因の一つに「すぐには結果が出ない」
ということがあるようです。

ということは、イコール
少しづつでも「とにかく続けること」
が大事ということ。

 

「朝起きたとき、夜寝る前」がよいそうですが
できるだけ習慣として毎日の同じ時間に組み込んで
続けてみましょう!

 


◎以下、参考サイトです♪

 

ガッテン!世界が注目する瞑想パワー
https://youtu.be/nh8jqdtUPYA

 

世界のエリートがやっている 最高の休息法
「脳科学×瞑想」で集中力が高まる 
 久賀谷 亮 (著)

http://amzn.asia/4SH04cU


こちらも参考にしました

1分間瞑想法  吉田昌生  (著)
http://amzn.asia/hRqJpst

 

 

裏面では

 

ますだ ゆきな さんの作文
平成28年度「心の輪を広げる体験作文」
【小学生部門】最優秀賞 
「やくそく」 をご紹介。

そして
愛読月刊誌『致知』3月号より

http://www.chichi.co.jp/

 

「艱難汝を玉にす」
(かんなんなんじをたまにす)

今月号もどうぞよろしくお願いいたします!

 

バックナンバー含め、サイトにPDFファイルがあります。
スマホ対応、「ひらほく新聞」タブよりどうぞ!
→ https://www.hirahoku.com/

 

===============

 

PS;

一昨日、毎年職場体験受け入れをしている
地元中学校から有難いご縁をいただき、
体育館にて2年生全員150名超にパワポを使った
特別授業、「職業講話」をさせていただきました。

 

演題は
◎「何のために」働くのか
◎将来のために身につけるべき大切なこと

 

2年前に映画「またかな」の上映会に際して購入した
プロジェクターとスピーカーを持ち込み、
3mを超える大型スクリーンで
迫力ある映像もバッチリでした。

 

とても寒い体育館のなかで、
いつの間にかとても熱くなっている自分がいました。

 

一番に伝えたかったのは
「目の前の『いまココ』を全力で」ということ。
そして終いは「いのち」のお話。

 

白駒妃登美さんの書籍
「こころに残る現代史」の最後にある
「ある特攻隊員の遺書」は、
マイクなしで心を込めて読み上げました。

そして、最後は「東日本大震災」の映像2本。

 

今回はこちらこそ、最高に有難い機会をいただきました。
何か一つでも心に残り、将来壁にぶつかった時など、
ヒントとして思い出してもらえたらと思います。

 

 

終了後、椅子の片付けをしていて
教えた「天国言葉」から、さっそく
「愛してる~♪」をコーラスのように言い合っている
女の子たちがいたり、
動画に使われていた曲は?と質問に来てくれる子がいたり、
また、特別学級の生徒さん達も参加してくれていたそうで
しっかり聴いていたとのこと、
とても嬉しかったです。

 

「恩送り」といえるかどうかですが、
大変に貴重な機会をいただき、
自分が一番にパワーを受け取り、
とても心地よい疲労感と充実感をいただきました。

 

「卒業式前のとても良いタイミングで
 いいお話を聴かせていただきました。
 別な内容でまたぜひ来て下さい」。
 と校長先生に有難いお言葉をいただきました。
 ご縁に大感謝です!

おはようございます!ひらほくの山本です!
2017年2月1日 こころにサプリ、
「ひらほく新聞2017年2月号」発行です!!

年末年始、
沢山の素晴らしい書籍たちに出会いました。

共通して受け取ったのは

  『未来のとらえ方』。
 
奇跡的につながり、いただいたこの命は、
何のために使うのか。
誰もが唯一平等に授かっている大切な『時間』を
決して無駄遣いしないように、
一日一日のしっかりとした
ぶれない思いがいかに大切か、
あらためて実感した内容からのご紹介です。


ご紹介するのは・・・

主に 超感動作!
「秘密結社Ladybirdと僕の6日間 」
 喜多川 泰 
 http://amzn.asia/7bRkszw

◎◎◎まずは・・・
編集者、サンマーク出版・
鈴木七沖編集長がつくった
とてもステキな「紹介動画」を

ぜひぜひご覧ください↓↓
 
 
 
 そして、あと裏面にて・・・
 
「実践! 世界一ふざけた夢の叶え方 」
 ひすいこたろう, 菅野一勢, 柳田厚志 
 http://amzn.asia/iT9VbVk


「借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが
 教えてくれた超うまくいく口ぐせ 」

 小池 浩 
 http://amzn.asia/693GHuV


 
※バックナンバー含め、サイトに
 PDFファイルがあります!
 → https://www.hirahoku.com/


2月もどうぞよろしくお願いいたします!



PS;さて、賛否両論、大炎上になったあの絵本・・・
  (自分は賞賛を送りたい!)

まだ万一観ていない方がいるかも?なので
あえてご紹介しておきます。

キングコング西野亮廣(あきひろ)さんの大ヒット絵本
『えんとつ町のプペル』無料公開
http://spotlight-media.jp/article/370505056378315909
{FBFA7466-D788-4024-9A5F-8EEFD4887772}

コミュニケーションこそが人の心のつながりを生む、復活させる。

8年前に何より大切な伴侶を亡くした義母はその後、山梨で一人暮らししながら、定期的にうちへ来たりしていました。うちの子どもたちの時から始まり10数年間、自分の師匠の多くの孫たちの時を含め、子どもたちの運動会に際しては、山梨から来てくれて、何と2.3キロの量の最幸に美味しい唐揚げをずっと作ってくれてきました。そんな義母がちょうど一年前、うちの嫁が電話した時にその言葉の異変に気付き、近所の人に連絡、救急入院ということが起きました。そして、脳梗塞で一人で暮らせないという認知症に。その後春先退院、うちと儀妹の家で半月ほどずつ交代で預かりました。うちの子どもたちは、一緒にいるときは、幼稚園の友達のようにかまい、ずっと楽しく声がけをしていました。すると夏前から、今まで出来なかったことをやりだしました。もう、大好きなあの料理を食べれないのかと、諦めていたのですが、何と自分の大好物の茄子味噌やいろんなものをやりだしました!それからというもの、言葉はうまく出なくても、いろんなことが分かるようになり、自分で何でもやるようになり、お盆には近所の年寄り仲間も沢山いるので、一人暮らしの実家へ戻しました(当然、交代で見に行ってました)。まだまだ、訳のわからない解釈をする時がありますが、交代でうちに来た時には、子どもたちととても楽しくやっています。今日帰宅して、残っていた大量の揚げ物を見て、コミュニケーションの力、本当に恐るべし!と実感しました。