トワノア 私の生きる道 -No Fun!! No Life!!-人生は冒険だ!

-No Fun!! No Life!!-
人生は冒険だ。
世界は生きる歓びに満ちている。

NEW !
テーマ:

【ライブ・インフォメーションライブ】

 

10月7日(金)、六本木バードランドに出演します!

----------------------------

【日時】10月7日(金)19:30(2ステージ)

【場所】六本木バードランド

【住所】東京都港区六本木3-13-14  ゴトウビル3rd 5階

【TEL】03-3402-3456

【営業時間 】18時〜23時まで(ラストオーダー22時)

【出演】トワノア(ピアノ・佐藤日里)

【ミュージックチャージ】2000円

----------------------------

六本木バードランドは、1974年にスタートしたハワイアン&ジャズの老舗です。

 

六本木から赤坂へ、そしてこの秋ふたたび六本木へ!

ピカピカの新しいビルで営業再開です。

 

 

本格的な秋へと移りゆくこの季節。

 

心地よいピアノの演奏と共に、

ジャズのナンバーを中心に、しっとりとお届けします。

 

 

皆さまにお会いできるのを楽しみにしています!

 

たくさんのお越しをお待ち申し上げております。

 

 

ご予約はtowanoah⭐️gmail.com(⭐️→@)まで、

もしくは、直接お店までお願いします。

 

お早目のご予約をお待ちしております!

 

トワノア

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
なんだか良いこと書いてる!
ぜひ皆さんにも読んでいただけたらと、
リブログしてみます。


そうなんです。
声には個性が宿るのです。

声というのは、根源的な表現手段でもある。
会話をしたり、共に歌ったりすることで
心を交わすことができるのです。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
トワノアです。


ちょっと前になりますが、長野県にある尖石縄文考古館を訪ねました。


ずーっと昔、15年くらい?前にも一度訪れているのですが、その時はもっとこじんまりしてて、。
何を見たのかあまり覚えてないくらいでした(汗。



しかしながら、数年前に新しくなったらしく、とても立派になっていました。展示物も増えてて、びっくり。。



ここ数年古事記を勉強していますが、学ぶほどに、これは1000余年前にぽっとできたものではなく、もっともっと前から語られてきたものが書き留められたものなのではないのか。


そんな風に感じます。



それよりずーっと以前の時代といえば、縄文時代。



直接的な繋がりの証拠などは、まだまだないのでしょうが、何となく、歴史は繋がっているように感じるのです。


そんな流れもあって、私の中では縄文時代のあれこれへの興味関心が高まっているのです。


現在見つかっている最古の土器土偶は一万年以上も昔というのですから、もしそこからずーっと繋がりがあるのだとしたら、すごいことですよね。


今、全国的に縄文ブーム?が来ているのか、尖石縄文考古館はすごい賑わいでした。

夏休みってのも関係したのかもしれませんが。



ところで、こちらのお二方が尖石にいらっしゃるってこと、皆さんご存知でしたか?
{58593368-F2F8-4025-B1FB-35083830B8E2}
縄文のビーナスと、





{B5851271-D602-488D-ACB0-5808B34E7116}
仮面の女神。


これ、本物(一部修復済)展示なんですよ。
レプリカではないんです!

そして写真も撮り放題。


どちらも4000-5000年前に作られたもの。
そんなものを直にこの目で見られるなんて、感動です。


しかも、とても美的。。



縄文時代は色んな意味で豊かな時代だったんだなぁってことが、伝わってきます。

細部にこだわっていて、大変芸術的なんです。



他にも大小たくさんの土器が展示されていました。

{6A9BBEB0-8477-4E86-8889-91650E342F25}

{3AB22C13-0F49-4F39-A0AF-34F4D17BEB7D}


{DE0C3B25-48E4-43DF-8048-AD9908B73BA2}


{AC5BC439-74A9-4910-88F1-E1BA0A5B83CF}

{B1698D68-3C42-42CC-92C6-6A6631941A11}


{FDE1BFA3-5EC1-4E69-8791-E1F14C107AE7}

どれがいつ頃の土器だったのか、、忘れてしまいましたが苦笑、いずれにしても5000-3000年前に作られたもの。2000年も幅があることにまたびっくりです。それだけ長く栄えた集落だったなんて、ほんと。すごいな、縄文時代。



三内丸山遺跡(青森)にも、この尖石あたりで採れる黒曜石が出土しているそうで。



狭い地域だけでなく、ほぼ全国的に交流があったことがわかりつつあるそうです。



今や、縄文時代を原始時代と見るのは時代遅れ。


文明的で豊かな時代だったんじゃないかと言われています。もっともっと色んなことがわかってくると面白くなるなぁ。楽しみです。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは!トワノアです。


みなさん、お元気ですか?


9月になって、朝晩はすっかり秋めいてきました。虫の声が心地よい季節ですね♪。




そんな9月最初の土曜日に、大人の社会科見学に行ってきましたよ!

{EE2F6D90-6F8E-46B8-A76D-621569C742C1}

{0AF5AC3A-C8FE-4BBA-8D8C-D699BB9DCC5C}



…ということで、ご報告しますね。






行き先は、「石坂産業」という企業。


「古事記のこころ」勉強会でいつもお世話になっている小野先生のご縁で、工場見学をさせていただけることになりました。


石坂産業のWebサイトはこちら↓





皆さんはこちらの企業、ご存知でしたか?


私はこの機会に初めて知ったのですが、いろいろ考えさせられる有意義な工場見学となりました。



石坂産業とは、埼玉県に在する産業廃棄物処理業の企業です。

いわゆる産廃業者というと、世間のイメージはあまり良くないかもしれません。



石坂産業も例外ではなく、埼玉の「産廃銀座」と言われる場所にあり、かつては地域との折り合いも悪く。。


住民運動がおきて「ここから出て行け!」と言われたことも度々あったそうです。



そのような逆境の中、どうやったら地域住民の方々に受け入れてもらえるのか。

どうしたら「地域と共に永続していける企業」になれるのか。



そのために今日まで行ってきた取り組みとその過程のお話を、2代目社長である石坂典子さんがご講話くださいました。


カンブリア宮殿にもご出演されるほど、現在注目のお方。
最近ではなかなかお目にかかれないそうで、貴重な機会をいただき感謝でした。




典子さんは「所沢のジャンヌダルク」とも呼ばれていて、実際、本当にそんな感じでした。
とにかく、カッコいい(笑)。想いも佇まいも、生き方そのものが。



{B920D9D9-4C0D-4785-8530-3EADD53D9B73}






100年続く企業にするためにはどうしたら良いか?
…そのためには、地域に愛される企業とならなければならない。


ではそのためにはどうするのか?



その想い一つで、今日の石坂産業をつくってこられたそう。





”3K”の代表などと言われるこの業界で、「産廃業の社長なんて、女にはつとまらないぞ」

先代の社長や周りからそんな風に言われながらも、これだけの改革をされてこられたのには本当にすごい事だと思います。

そして現在もどんどん会社を成長させている。。





まだまだ埋め立てをする企業も多い中、石坂産業では、減量・再資源化率が95%


産廃処理を超えて、立派なリサイクル企業です。
{B5218025-D213-429F-AAF7-B65AE4D963EC}


ちなみに、工場の中はこんな感じ。
{35972796-4DE9-4A2A-9CDE-1C0378D67C13}
(見学途中で会う社員さんは皆さん気持ちの良い挨拶をして下さいました!)





最近では、本業だけでなく地域に根ざした森の保全事業などにも力を入れているそうです。


三富(さんとみ)今昔村

{19FC0EC5-DFE6-4D69-96DD-7533F5B76F41}

{A1E909D6-D436-4F4E-AD49-FDCAF4BD2BB4}

{A9166503-0E61-4E86-8103-18902B3B6E01}

{7BDC3E91-D977-4ED8-8241-E6F2FFBB4BFC}
(小さいですが、神社もあります。)



{C61A94F8-D628-4490-A6C1-CE1D22A85644}

{67F5AB7C-A71E-49BA-AA53-94A3CBFBE4E9}
(ミニSLもあります。)







典子さんの言葉で、いちばん心に残ったもの。



『人材教育なくして、企業の存続なし』



『企業は、何のために、誰のために存在するのか。
常にそれを考え、忘れない。』



このふたつです。
企業の社長でなくても、小さな組織でも、個人の生き方でも、とても大切な事だと思う。




すごく、共感しました。





そうそう。
それで、作業着もこだわっていてかっこいい。
カンブリア宮殿を見たときから気になっていて、
すぐにネットで調べました(笑)。
{C6E2B8AA-B118-4AF6-8912-31B669F2F75C}



「エシカルファッション」を取り入れているそう。

「エシカル(ethical)」とは、英語で「道徳的な、倫理的な」という意味で、良識にかなって生産・流通されるファッションのことを言います。


ジーンズメーカーの「Lee」とのコラボで、デザインは俳優の伊勢谷友介さんなんだとか。
どおりで(笑)。そりゃあかっこいいワケだ。


私もああいう作業着なら着たいと思いました(笑)




「モノゴトを選択するとき、その背景はどうなっているのか。どういう理念で、どういう場所で、どんな人たちがどんな想いで作ったものなのか。」


想像力を働かせることがとても大切だと。
そんなお話もされていました。



私もとても大切にしている考え方なので、ココにもとても共感しました。




目先のことにとらわれず、30年先のことを考えて行動できるかどうか。




『言うは易し、行うは難し』

だけれど。(苦笑


典子さんから学ばせていただいたこと、私も心に留めるだけでなく、実践していこうと思います。




以上、大人の社会科見学レポートでした〜!


{BCEEF1CF-B3A9-4072-9D71-AF0CF6143F21}

(締めは創業者の格言で。これも素晴らしい。)



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
トワノアです。



お天気が良さそうだったので、弾丸旅!!!


行ってきましたよ〜、八島ヶ原湿原へ。


八島ヶ原湿原。
それはどこにあるのかといえば、霧ヶ峰高原のおとなりです。

この一帯は私の大好きな場所。


だから時々、命の洗濯&充電にふらりと訪れるのです(笑)。


今回も、とーっても良い充電になりました。
お天気も最高で、高山植物の花々が最も咲き誇る時期。


帰りたくない〜!
と思うくらい、最高でした。




というわけで、旅行記というほどではありませんが、八島ヶ原湿原ってこんな感じ〜の写真を。



お散歩するくらいの気持ちで訪れたので、湿原一周だけでしたが、もっと歩いても良かったなぁ。



車山〜霧ヶ峰〜八島ヶ原あたりをぐるっと巡れるんですよね。
まあ、そうなると、お散歩というより登山ですけどね。


うん、次はもうちょっと、歩こう。



私、忙しくしていないつもりが、頭の中はいつでも忙しかったみたい。
いつでもいろんなこと、考えてるから(笑)。

でも自然の中に身をゆだねてゆっくりと歩いていると、頭の中のざわめきがすぅっと静かになってくる。




少しはシンプルになれたかな(笑)。



目覚めると、目の前に車山!





ビーナスラインから眺める、蓼科山。大好き❤️。






そのおとなりには、八ヶ岳。LOVE❤️
更にお隣に、微かに見える富士山も。わかるかな?






いざ、八島ヶ原湿原へ。





駐車場はすでに満車。(ギリギリセーフですんなり停められました!)






いざ、湿原へ。八島ヶ池がお出迎え。






こちらは、鎌ヶ池。




途中はこんな木道。綺麗に整備されていて歩きやすいです。




そして、こんな看板が。。
ゴミの持ち帰りを促す看板ですが、、
「熊」がいるんだ。。ってことに、驚き。
どうもいるらしいです、熊。。朝晩は特に気をつけたほうが良いようです。




湿原の周りはずっと気持ちの良い木道。楽チンです。





こちらはアカバナシモツケソウ。






コオニユリ。眩しいオレンジがあちこちに。





そして、こちらはシシウド。
オフホワイトの花が青空に映えて、綺麗でした!




キバナヤマオダマキ。
なかなか出会えないレアキャラでした。
繊細で可愛らしい花。これも好きです❤️






なぜか郷愁を誘う、ホタルブクロ。




もっともっとたくさんのお花が咲いていて、撮りきれませんでした(笑)。
野に咲く花は、小さくて繊細なようで、でもそれでいて、逞しい。

短い夏の間にその刻を知り、咲き誇る花たち。
自然てやっぱりすごいな。

そんなたくさんのお花たちに、癒されました。




私たちもただただ、咲き誇ればいい。



...と、いうのは簡単なのですが(笑)。



でも、ほんとにそうなんだと思います。


難しいことばかり考えてしまう私は、時々ひとり勝手に消耗してしまう(笑)。


でも次は、心が擦り切れる前に(笑)、訪れたいと思います。




最後は自然に癒され良い顔してるワタシで(笑)。
2、3日キャンプしたい(笑)!

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。