{2C96455D-8995-41E0-918B-2E6436A46252}

{93036695-E757-495C-8CE1-B2BDD77A38C3}

"Little Boy":
I felt very sick at the scene that town people in the US overjoyed about the atomic bomb called 'Little Boy' which hit Hiroshima and wiped out the whole city.

However the movie "Little Boy" is a 'undoubtedly' great masterpiece.

Why? Because it talks about 'What is War' clearly and the description of Japan and the US on the war is very fair.

And also as a hero's journey of the boy its script is crafted very well. I think it well-made fantasy without authentic magics but with good tricks.

Please note that the nickname of the boy as a protagonist is also 'Little Boy.'
AD
蓮舫の二重国籍が問題になっているようだけど(マジ、どこが問題なの?、と思う!)…、そんなに日本に帰化した人に総理大臣になって欲しくなければ、下記のとおりの米国の大統領になれる資格と同様の法律を作ればいいんじゃないですか?
-----------
・出生時にアメリカ国籍を持っていること
・アメリカ合衆国に14年以上在住していること
・35歳以上であること

注:下記のリンクを参照してください。
-----------

蓮舫さんは二重国籍なので、帰化したことにはならないという人がいる。

僕は蓮舫さんは帰化人だと思います。(お父さんが台湾籍を抹消してくれた、と思い込んでいたんじゃないですか?)
+そもそも重大な話しではありません。

では、サッカーの日本代表になったブラジル出身の方たちは、国籍を取り消せていないので帰化人ではないんですよね。そういう方のロジックだとそうなりますよね。

法律がすべてです。法律を犯していないのなら、問題はありません。問題だと思うなら法律を変えるしかありません。でもそうなったら、ブラジルのように法律で国籍を取り消せない国の出身者は帰化できないことになります。

日本生まれで、《その後、日本国籍を取り消して》現在米国国籍の方々がノーベル賞を取ったときに、「日本人がノーベル賞を受賞した!」と歓喜に沸いた時がありましたよね。

あれはどうなるのですか?

あれは間違いだった、日本国籍を抹消した人たちのことは喜ばないようにしようというなら、今回の件と整合性が取れますが、あれをOKだ、喜ぶのが普通の日本人だというのなら、今回の件もまったく問題がないことになります。

で、スポーツやアカデミックの世界と政治は別だ、というのなら、僕はそれはダブルスタンダードだと思います。

で、そのダブルスタンダードを正当化できるのが法律なのです。政治は別だというのなら、米国の大統領の資格のように「(日本の総理大臣になれるのは)日本人として生まれた者」と規定するしかありません。

法律に触れていない人たちを糾弾するのは、酷い行為だと僕は思います。

AD
{C5090620-B685-4E82-9820-00CDEBBF2E71}

{A2EF88C5-2C16-42E4-BC58-FCBFC58A4B10}

Margot Robbie's "Suicide Squad"(2D + Super 'Blast' Sound system provided by Tachikawa Cinema City):
Yesterday I saw it again to try to confirm that it must be My Movie of the Year and I confirmed it.

I know this movie has flaws, I can say it's major flaws. Especially in how to use musics. But catharses which I went through in both the first and the last 30 minutes are far beyond my expectations.

-----------
Martin Sheen's "Apocalypse Now"(Super 'Blast' Sound system provided by Tachikawa Cinema City);
Even if I decided "Suicide Squad" must be My Movie of the Year, this 1979 Francis Coppola's film swept it away from the opening scene! 

Actually I can't understand what the 3rd part ('Kurtz part') signifies clearly even today after I saw it more than 10 times. But this movie always gives me something sensational which is beyond human imagination.
AD
{9877C092-10BF-495E-8451-5EE484346FD8}

『新海誠監督の「君の名は。」(2回目):
で、ひとつだけ疑問なんだけど…、彗星が割れて、そのどデカい破片が肉眼で確認できる距離で落ち始めたら、衝突までほんの一瞬じゃないの?、と思ってしまった』

この疑問が頭から離れません。

津波は、沖にどデカい波が見えたら、もういくら高台に逃げようとしてもダメなんですよね。

彗星も、肉眼で割れたどデカい破片が空から落ちて来るのが見えたら、もう避難場所である高校に逃げられるはずがないと思うのです。

なので、僕はこう考えてみました。

三葉たち高校生三人の計画である変電所の爆破や電波ジャックの町内放送などの、三葉たちの奔走で、割れた彗星のどデカい破片が落ちて来ると信じた町民たちは、そのほとんどが避難場所である高校にいったん避難した。しかし、町民の元に駆けつけた町長をはじめとする市役所の職員は誰もそんなことは知らない。

三葉の友達の高校生の父親の経営する土木会社の人たちもダイナマイトがあるべき場所になかったと言い出す。町内放送の声も三葉の親友だと特定される。こうして三葉たちの仕業が明らかになり、三葉たち三人が町長たちに囲まれ問い詰められ始めた瞬間に…、
彗星の割れたどデカい破片が空から落ちて来て………、という話しに変えたらどうなのでしょうか?
{4D23F420-8D59-4009-A65E-2F440E340B2B}

{598BAD6E-2CDB-4059-9982-18300A1C913F}

Anakin Skywalker and Michael Corleone have something in common.

They tried to protect their dearest ones. But to do so they turned to the dark side and in results even their dearest ones rejected them.

Now who was much worse in the end?

It should be Michael but never Anakin because Luke saved Anakin just before he died and Amidala still believed in his goodness at her last moment, but Michael had no choice to die in solitary and in the depths of despair after loosing his beloved daughter, Mary and couldn't take back Kay's trust again.
{E42BE262-6312-49FE-A8EF-BEE0A37935E6}

"X-Men: Apocalypse"を観終わっていちばん最初に感じたことは、この映画は"Star Wars: Revenge of the Jedi"のリメイクだということです。

悪役のアポカリプスが皇帝パルパティーン、もちろんエリックことマグニートがダース・ベイダーで、チャールズことプロフェーサーXがオビ=ワン・ケノービまたはヨーダです。

では、ルークは誰か? ジーン・グレイです。いや、ジーン・グレイはラストで「覚醒」しているので、"Star Wars: A Force Awakens"の主役であるレイと言ったほうがより近いと思う。
{310A7419-B684-44D9-8293-5D0EC20B1C01}

James McAvoy's "X-Men: Apocalypse"(英語版+2D):
I enjoyed it very much. Especially Charles's secret weapon.

But there are two major problems.

One is they didn't have to make Eric kill the policemen but let the Apocalypse kill them. Eric should not have too much burdens and such infamies.

The other is that this is the clear Remake of "Star Wars: Revenge of the Jedi." Did they clear the required rights? Even if the studio cleared them, these two movies are too close in their contents and story-tellings. I don't think it good.
{EC08CB27-BC4B-4AA9-A989-B51697FE1226}

"The Jungle Book"「ジャングル・ブック」(オリジナル英語版+IMAX 3D):
見事な映画なんだけど…、今年は粒ぞろいなので上が詰まりすぎていて、ベスト10には入れられない。f^_^;)
*でも、"Star Wars: The Force Awakens"より遥かに面白い!

スカーレット・ヨハンソンの声だけは、癖があるので、すぐわかった。で、クリストファー・ウォーケン様の歌声を聴けるとは、望外の喜びです。(^_^)

主役の少年以外はすべてCGとのことで(多分まわりの自然も…)、3Dで観るにはうってつけの作品だと思います。映像が僕が最高の3D映画だと思う「猿の惑星:新世紀(ライジング)」に匹敵する素晴らしい質感と自然さでした。(ジャングルに入り込んで、肉眼で景色を見ている感じがしました)

最後に、TOHOシネマズ新宿のIMAX 3Dは、前から三番目の席だったから、ということを割り引いても、見上げる形でちょっときつく、何回も観ているユナイテッド・シネマ豊島園の、TOHOシネマズ新宿とくらべて300円安いIMAX 3Dより観やすさが上だとは思えないので…、
次回からはIMAXで映画を観るなら豊島園にします。
{D26C53DF-345B-43EA-BC5F-7FFEB124D277}

{B02E1AFB-A41D-48A0-B053-3B7D9ABD7C42}

{EC021369-63A8-435C-9D0F-05EA83BEEBD0}

{6E6F67A4-D534-4D35-B232-21EF195B20E4}

{0BE58504-E755-4DC8-9E41-6ADD68B7BF8E}

{6E36AA22-C7B0-4DCD-89F2-52BE30CE5764}

{A6EC9CFD-5294-4070-B145-81CB386FEEBD}

{A1FF9155-4366-4C26-9B82-C6B9C16292BD}

グレゴリー・ペック主演+チャールトン・ヘストン出演、ウィリアム・ワイラー監督の"The Big Country"「大いなる西部」(英語版+英語字幕):
チャールトン・ヘストンのクレジット・タイトルが、グレゴリー・ペック⇨ジーン・シモンズ⇨キャロル・ベイカーにつづく四番目だったので、てっきりこの映画がヘストンの出世作だと思っていたら…、この映画の前に"The Ten Commandments"「十戒」に主演しているんですよね。

で、普通の一流の俳優にはかなり大きな役だけど、ヘストンのようなすでに大スターで、かつ超一流の主演俳優には少し小さい役柄だったと思う。(ヘストンの主演で直後に「ベン・ハー」を撮る監督のワイラーや主役のペックとの良好な関係が彼にこの映画への出演を決めさせたのだと思う)

+この映画はグレゴリー・ペックが制作し、かつグレゴリー・ペックのための映画なので、チャールトン・ヘストンはめずらしくも大物俳優が演じた究極の引き立て役でした。

で、ヘストンがペックの恋敵で出演したことも含めて、見事な超大作だったと思います。