前回のスコールの話の続きで、スコールとオミディアの二人の起業家は、成功したあと、差ができたのはなぜかの話です。


ジェフェリー・スコール(カナダ人)とピエール・オミディア(フランス移民)は、二人ともeBayの創業者です。フォーブスの長者番付だと、オミディアが101億ドル、スコールが50億ドルの資産を持っており、金持ちなのは共通してます。


現在は、両者ともeBayの経営を、Meg Whitman に任せて経営をやってませんが、相変わらず第一位と第二位の大株主で、資産はこれです。


オミディアも財団をつくり、またOmidyar Network によって、無数の非営利事業(英語のできない人の英語教育やIT教育)へ寄付をしてますが、ベンチャー・キャピタルもやっており、社会をリシェイプする活動は弱い。


eBayの創業者は、オミディアだというのが普通です。二人はスタンフォード大学の同級生ですが、オミディアが、インターネット・オークションのアイディアを考え出し、プログラマーだったので、自分でプログラムを書き、スコールに一緒にやらないかと誘い、スコールが第一号社員になった関係ですから、eBayの功績は、オミディアにあるのは当然です。


しかし、上場した後の軌跡は、全く違い、今では、スコールが、タイム誌の「世界をつくり変える100人」に今年選ばれたように、スコールのほうが輝いてます。この違いはどこから生まれたのか。


スコールは、トロント大学電気工学科、スタンフォード大学MBAを95年に取得したあと、ナイト・リッダー・ニュースペーパーズに入り、ジャーナリストを目指しましたが、96年にオミディアの誘いでeBayへ転職し、オミディアのアイディアを磨き、ビジネスプランにして実行したのです。


スコールは、インタビューで、eBayの最初の2年間は、常勤無給だったが、98年に上場したので、突然1億ドルの大金持ちになったと語ってる、こういうのが起業家なんですね。


病気のために2000年に経営から退き、99年に設立したスコール財団の活動に切り替え、またハリウッドの映画制作会社へ投資し、影響力のある映画制作を目指しました。


以後、
・2003年にオックスフォード大学セッド・ビジネススクール内に、社会起業家精神で社会問題を解決するプロジェクトをつくるスコール・センターを開設
・2004年には社会性の強い映像を制作するパーティシパント・プロダクションを設立、アメリカ公共テレビで放映された「ニューヒーロー」を制作したり、George Clooney 映画を制作
・2005年には、ガンジー・プロジェクトをスタート(パレスチナでガンジーの平和抵抗精神を広める活動)
・スコール財団内に「ソーシャル・エッジ」(社会起業家のためのオンライン・コミュニティ)、パーティシパント・プロダクション内に「パーティシパント・ネット」(映画を見た観客が、行動を起こすためのキャンペーン・サイト)を開設
など、辞めたあとの活動は多彩です。


スコールのこの速い事業展開は、ドックイヤーで、何かに取り付かれたような活躍です。子供のときに考えた夢の実現だとインタビューで語ってますが、本が好きな子供で、大人になったら、未来の社会はどうなるかの本を書こうと考えていたというのですから、精神が早熟な子供だったのです。こういうことを知ると、10才代の育ちで決まってしまうんだという説を支持したくなるんですが。。。


両者とも大成功した起業家で、まだ40才前後ですが、差はこんなにもできてしまいました。アメリカでは、成功した起業家が、社会起業家に向かう傾向がありますが、その先で、また影響力の競争がある、ここが面白い点です。


普通は、オミディアぐらいのことで、スコールは、社会を変えるために生まれた天才なんでしょう。ビルゲーツもスコールクラスです。


日本でも、金持ちになった起業家が、社会起業家を目指す時代が来ると思いますが、その先もずっとあるなんて、日本はだいじょうぶなんだろうかと心配です。

AD


東京SVPのMLに、月刊誌「GQ:7月号」に社会起業家特集があるというので、読みました。ここに、7ページにわたってジェフェリー・スコールのことが載ってます。

スコールについては、このブログで何度も書いてますが、eBayの創業者で、手に入れた富を社会起業家支援に使ってます。スコールは、インタビューでこう言ってます。


「eBayは、商取引のコミュニティなのです」


「テレビや映画を使って、できるだけ多くの人の心を動かそうと考えたのです。これがパーティシパンント・プロダクション誕生のきっかけです」(2004年にロスにつくった映画制作会社、クルーニーとシリアナ、グッドナイト& グッドラックなどの映画を製作し、今年のアカデミー賞にノミネイト、一流スタジオに仲間入りした)


「eBay 公開前に、100万ドルの株式をを寄付してeBay 財団(98年設立)をつくりましたが、一気に4000万ドルになり、財団の元手になりました」(公開前に株式を寄付して財団をつくるさきがけになる)


「シリコンバレーには2種類の人間がいます。カネを儲けたいタイプと、金銭は付随的なもので、カネは達成目的に近づく手段だと考えるタイプ、前者は、大富豪になる目的を達成してしまったので、燃え尽きたようになる、後者は別の目的達成に向かう」(前者は堀江さんですね、後者はまだいない、そのうちスコールのようなのが登場すると期待してます)


「2000年にeBay を離れたのは、背中の手術をして会議などできない状態だったのが一番の理由ですが、会社は、マネジメントチームに任せても安心していられる段階に達してました」(現在でもeBay の大株主)


「パーティシパント社は社会企業です。社会の変化をつくり出す映画を作れると自負してます。財政的には、非常に厳しいビジネスですが、ダブル・ボトムライン(儲けと社会性の両立)で財政面に頓着しないのは、我々ぐらいでしょう」(だから成功する、ハリウッド映画で国民運動を起こすのはアメリカの伝統、大量消費文化は、こうして世界に広がった、ベトナム反戦運動もこれ)


「忙しいが、パーティシパント社の仕事に8割、2割がスコール財団と他の非営利団体の理事の仕事などをやってます」


「パーティシパント社を経営して数年たつので、後任を探す潮時かなと考えてます。プロに任せるほうがいいんです。自由時間が増えれば、未来を大局的に見通せるようになり、他の人ができないことがやれるでしょう」(また、社会を変えるために、次に何かやるんだ)


この雑誌では、「そして、21世紀はソーシャル・アントレプレナーの時代です」「”WE”の感覚をもったソーシャル・アントレプレナーシップ。。。」など、他の記事もある。”We”とは、”I”、”He”、”She”、They”でなく、Weという感覚のこと、アメリカでソーシャル・アントレプレナーというと、”We”のフィーリングだというのは、わかる。


GQは、知らなかったが、男性向けビジネス・ファッション・ライフスタイルを提案してる総合雑誌、7月号が38号なので、3年も続いてる月刊誌である。1957年に米国で誕生したらしいが、世界11カ国に進出しており、日本ではGQジャパンが発刊。Gentlemen’s Quarterly の略で、愛読者をGQ MEN と言う。


どおりで、アメリカ情報が良質で、スコールについてアメリカではこう報道されてるのか、よい特集なので、お薦めです。580円と安い。

AD

映画シリアナ

テーマ:

(写真は、男性がスコール財団の創設者ジェフェリー・スコール、女性が、スコール財団CEOのサリー・オスバーグ、財団の経営者は、みな感じが似ている)


映画「シリアナ」を見ましたが、理由は、ジェフェリー・スコールが、エグゼクティブ・プロデューサーをやっていたからです。


スコールについては、このブログでスコール財団の社会起業家支援活動を何回か書きましたが、ネットオークションのeベイを Pierre Omidyarと創業し、初代の社長を務めたあと、はやばやと引退しました。
ついこの間発表されたフォーブスのビリオネアーランクでは、114位で、50億ドルの資産の保有者です。現在でもeベイの第2位の大株主で、資産はそれです。


経営から離れたあとは、スコール財団をつくり、社会起業家を支援し、2004年から、「Skoll Awards for Social Entrepreneurship」をつくり、2005年は15人を表彰しましたが、受賞者は、3年間で50万ドル前後の賞金がもらえます。Sally Osberg は、2001年に初代のスコール財団のCEOに就任しましたが、非営利法人経営のプロです。


スコールのもう一つの事業が、映画の製作です。この「シリアナ」のほか、「グットナイト&グッドラック」(マッカーシー上院議員の赤狩りと闘ったニュースキャスターのエド・マローの物語)、「スタンドアップ」(鉱山労働者が、セクハラ訴訟で勝った有名な物語の映画化)のエグゼクティブ・プロデューサーをやってます。


アメリカでは、George Clooney’s movies と呼ばれ、クルーニーが、製作者、監督、出演者になっている映画のことですが、これをプロデュースしてるのがスコールです。60年代と70年代の出来事を映画にした社会派の作品で、この間のアカデミー賞では、監督賞、主演女優賞、助演男優賞、助演女優賞などにノミネートされた優れた作品群です。


「シリアナ」は、産油国の第一王子が、アメリカ離れをし、高く買ってくれる中国に石油を売る決心をしますが、これが許せないとCIAが、無人偵察機からミサイルを発射し爆殺する話です。軍事力を石油資本の擁護に使うのは許せない、イラク進攻は反対だといってるのでしょう。


スコールは、eベイのビジネスモデルをつくって賞賛され、また、スコール財団の活躍でアメリカでもっとも革新的なフィランソロピストと評価され、さらに、映画制作でも、この前のアカデミー賞のノミネートで、一流と評価されたのだと思います。


ITビジネス→財団活動→映画制作と関係ない連鎖に見えますが、社会にインパクトを与える点で共通しており、社会変革の先頭に立つのが彼の思いなのでしょう。


50億ドルの資産をうまく使って、何をやっても成功してしまう。まだ41才と若く、次は、どんな社会変革のメッセージを発するのか。日本でも欲しいタイプの人材です。

AD

スコール(Skoll)財団

テーマ:

スコール財団 は、イーベイの創業者ジェフ・スコールの個人財団(サンフランシスコ)で、社会起業家賞を授与し(対象は3年以上の事業歴がある起業家)、賞金は40~50万ドルと多額で、これで社会起業家はソーシャル・インパクトを広げるために組織開発を行ない、インパクトを拡大する。


スコールは、「社会起業家は、問題解決型の心を持った実践家で、世界のもっとも困難な問題に立ち向かうのを恐れない人」だと言う。

「起業家がビジネスの顔を変えるように、社会起業家は、社会変化のエージェントとして行動し、他人が見逃した機会をとらえ、(社会)システムを改革し、新しいアプローチを発明し、よい社会に変える持続性のある解決策を創造する」
「利益が動機の起業家とは違い、社会起業家の動機は、社会を変えることである。この違いにもかかわらず、社会起業家は、ビジネスのカウンターパートのように、イノベーションと変化オリエンテッドで、悩まされ続けている社会問題を、新しく、一層よい方法で解決する策を探す」


ジェフ・スコールは、トロント大学でエレクトロニクス工学を学んだあと、スタンフォード大学のMBA、ナイト・リッダー・ニュースのオンライン事業を経験したあと、P.M.オミディアと2人で、イーベイを95年に創業、98年にIPO、初日の株価は18ドルだったが、半年後200ドルに上昇して大金持ちになった。


イーベイは、IPOのときイーベイ財団をつくっているが、それとは別に、スコールは、99年に彼の個人財団スコール財団を設立し、イーベイの経営は、メグ・ウィットマンCEOに任せ、財団経営に専念している。スコールのこの転進は、シリコンバレーの他の長者に影響を与え、ビルゲーツが、夫婦でゲーツ財団をつくったのが2000年のことである。IT・ネット長者が社会起業へ転進する先駆者となった。


スコールは、シリコンバレーは、技術革新のリーダーだが、そこにある豊富な人材や資源を使い、社会変革のパイオニアになる機会を持っており、これこそわれわれの最大の貢献だ、という。アメリカの社会起業家の原産地が、シリコンバレーだという強烈な信念の持ち主である。(もう一つの震源地がボストン、ニューヨーク、ワイントンDC、だからスコールの自負は少し過剰)


このブログでクラマー(Kramer)の社会起業評価を紹介しているが、彼は、スコール財団のThinkerで、スコールの助成で評価の研究をしている。スコールは、実践家だけでなく、Thinkerをも大事にしているが、その理由は、Thinkerは、ベストプラクティスを探し、モデル化して、すばやく世界中で複製ができるような研究をやる価値を認めているからである。この助成財団の社会起業研究は、一流大学よりも高いレベルで、大学で学生に教えるのも財団の仕事である。カネがあり、現場(社会起業家のこと)を知ってるので、よい研究ができるのは道理である。


スコール財団は、社会変革の実践に結びついた新しいシンクタンクでもあるのだ。