ボランティアの動機

テーマ:

日米社会イノベーターフォーラム09「スケールを求める社会起業家たち」が昨日の午後、三田の慶応大学であったので行ってみました。


フォーラム会場一杯の参加者(100数十名)がおり、社会起業のスケールアウト策(事業を他の地域に広げること)に関心がある人がこんなにもいるのかと思いました。


スケールアウト策について、アメリカから参加した「ルートコーズ」のシニアコンサルタントから話がありましたが、これが決定版というようなものはなく、地味な当たり前のもので、そういう点では収益事業の拡大策と大差はなく特別なものではないというのが聞いた感想でした。


これについては別の回で取り上げますが、このフォーラムで面白いと思ったのは、ケースセッションに登場した「ルーム・トゥ・リード」の東京シャプター共同代表の話でした。


ルーム・トゥ・リードはジョン・ウッドが書いた「マイクロソフトでは出会えなかった転職」で日本でも高名となり、資金集めだけの東京チャプター(東京支部)ができ、多額の資金を集めています。


ジョン・ウッドの事業はこの本で世界中に知られるようになり、金が集まるようになったそうです。スケールアウトをするには本を書けとなります。


寄付文化がなく、寄付税制も不十分な日本でよくここまで集めてるな(資金集めパーティをやると数千万円が集まる)と感心していましたので、当事者の話は興味あるものでした。


前出の本は英語で06年に出版されたが(日本語の翻訳は07年に出版される)、これを読んだアメリカンスクールの先生が東京チャプターをつくろうと動き始めたのが始まりだそうです。


サポーターはすでに500人(資金集めの事務をやる人、全てボランティアです、と寄付をする人でしょう)で、サポートする動機はこうです。
「スキルを提供する場ができた」(何かのプロだ)
「やるべきことが探せる自由度」(押し付けがきらい)
「生きがい、役に立っている満足感」「精神的満足感」(満足感を求めるぜいたくな人)


サポーターのイメージは外資系に勤めてる中年で、サポート動機の反対側が日常の仕事で、満足できずいやな「正」(生活費を稼ぐ仕事)があり、それを消す「反」(やりがい)を求めてボランティアが成り立っているのじゃないか、「正」と「反」でバランスをとっていると想像しました。


なるほど、そういう点で今日本はボランティア動機大国なんではと思いました。

AD

KIPP

テーマ:

KIPPは94年に創業のNPO、ティーチ・フォア・アメリカの卒業生だった Mike Feinberg と Dave Levin がヒューストンのインナーシティではじめた。サイトはここ



低所得地域(アフリカ系、中南米系が多い)の中学で、5割から6割増しのカリキュラムで、詰め込み教育を行っているが、それは進学校の高校へ入学し、その後大学へ行けるようにするため詰め込み教育を行う。


勝間和代さんが5月の連休に一週間ニューヨークへ行ったとき、サウスブロンクス(マンハッタンのずっと上)のKIPPの中学校を視察したことをラジオで語ってました。


ここは95年に事業をスタートしたヒューストン校とならび2つがKIPPの源流になってます。


近隣の中学では8%しか大学へ行かないが、ここは95%が高校へ進学し、80%が大学へ行くそうです。


教育ではここまでのNPOは日本にありません。やるならこのくらいのことをやったらいいのにと思います

AD

これは山本繁さん(NPOコトバノアトリエ代表理事)がこの4月にメディアファクトリーから出版した本の題名である。


本の題名としては変ってるが、なるほどそうなのかと得心した。


やりたいことがないと社会起業家に向いてる理由をこう書いている。
・所詮、世の中お金が一番じゃないか
・会社のために働きたくない
・お金儲けがしたいわけじゃない


世の中の仕事はそんなのばっかりなので就職する先がない。こんな考えを持ってたために慶応大学環境情報学部を5年間やった。


そのうち、やりたいことを自分でつくればいいんだと気づき、社会で困ってる人のニーズの代理人になり、困ってる人の思いを汲み取り、ビジネスモデルを作ればいいんだと気づいた。


2002年に大学を卒業した年の夏、コトバノアトリエ(若い人の文章教室、文章伝達力を高める)をはじめた。


私は99年ごろから社会起業家の研究をはじめ、それらしい人に会い話を聞いたが、同じような感性の人がずいぶんいた。


「やりたいことがない」とは、既存の仕事の中にやりたいことがないことで、それならやりたいことを作っちゃえばいいとなる。


まだ世にない仕事をつくるのだ。創造には時間がかかる。事業を創造中の人は働いてるようには見えず(それまであったような働き方と違うため)、ニートに見える。


ニートは敗者、怠け者なので鍛えなおさなくては、社会のゴミ。。。そう見るのが普通だが、そればかりではないと私は思ってたのは、社会起業家の道を切り開いてる人がいるのを知っていたからである。


仕事がない社会になってるが、それなら社会起業家のような新しい仕事をつくればいいのだ

AD

グラミンバンクでインターンをやるプログラム、そのホームページはここ。


グラミンバンクでインターンをやった大学生が10人ぐらい集まり(そんなにいるなんて驚き)、8月に20日間ぐらいのインターン(15人)を公募したら100人をこえた大学生が応募してきた。


事務局をやっている早稲田大学の三好大助さんからメールがきて知った。三好さんは「こんなにもグラミンに関心を寄せ、 社会的使命に燃える学生がいると知り、 日本の未来は明るいと感じました」と書いてあった。


同感。


大学生の間に社会起業コンセプトがすでに広がり、グラミンバンクのような所で学んで見たいと思ってる大学生がこんなにもいるなんて頼もしい。


昔、ソニー、トヨタ、NTT、三菱銀行、三井物産。。。こんなところでインターシップをやるのがかっこよかったが、今や社会起業でインターンをやるのがかっこよい時代に入ってるのだろうと思う。


それにしても100人以上から15人を選ぶの大変、競争率が高いぶん良質の人材が選ばれ、生き方を変えてしますほどのインパクトがあることが予想できる。


インターン体験後、頭が活発に動き、日本の社会問題を解決する設計図がたくさん登場するんだと期待したい。


面白いことになってきた

山本繁さん

テーマ:

外耳炎のため気分悪くブログをやめてましたが、よくなってきたのでまた始めます。


表題はNPOコトバノアトリエ代表の山本さんです。昨晩、NHK教育テレビの福祉ネット「若者の才能を引き出す」に出てました。


30分の番組はずっと彼の事業を取り上げてましたが、彼を礼賛してました。

山本さんのブログ日記はここ

NPOコトバノアトリエのサイトはここ


山本さんは中高校生や若者向けに文章教室をやって、言語コミニケーション力を高める事業をやってました。


この頃ときどき会いましたが、事業は地味でこんなことでいいのかなと疑問に思ってました。


その後彼の事業はニート支援に広がり、番組ではそれを紹介してました。こんな事業です。


・オール・ニート・ニッポン(日本放送のもじり)ーインターネットラジオ、ニートの生態を話題にしている
・トキワ荘プロジェクトー家主から安く家を借り、漫画家志望の若者へ賃貸、一軒家に数人で住むので同じ関心領域でコミュニティができる、14軒で実施、収益部門
・日本中退予防研究所ー専門学校と提携し、中退する学生、三分の一ぐらいは中退するらしい、の相手になり中退を阻止する、専門学校にも学生確保のメリットがある、長くニートになっていると疲弊しそこから脱出するのが大変、そこでニートになる前にエネルギーを注ぎニート化を阻止


山本さんによると「若者の壁」は「人とのつながり」がなく孤立してることで、壁突破のために「コミュニティづくり」を市民の力でつくる、これが彼の事業です。上の3つのプロジェクトもこれです。


社会インフラを市民の力でつくるアイディアはすばらしい。未来性があります。


厚労省の調査では、若者ニートは60万人、これに中高年を入れると3倍の180万人なるそうです。


これを失くすために社会インフラをつくるのが山本さんの事業です。普通なら官僚や政治家の仕事ですが、もはやそんなアイディアも力もない、官僚と政治家に社会問題を解く力がなくなっている、そこで社会起業家を自認してる山本さんだけができることだと思いました。


山本さんの事業はまだ極小でよく見えませんが、なるほどと感心する設計になってるので、社会へインパクトを与えるようになるでしょう。彼ような人の活躍を見ていると日本も新しくなってることを感じます。

子連れ出勤のすすめ

テーマ:

今日の毎日新聞のライフスタイル欄にこの記事があった。


茨城県つくば市にあるモーハウス、mo-house、授乳服の製造販売、百貨店と青山の店舗、通販、の光畑由佳社長が「子連れで出勤、会社で育児」を出版、それで訪問記を書いたようである。


会社のホームページはここ 、光畑社長のブログもある、ホームページには受けたマスコミ取材も書いてあるが、子連れ出勤が目新しいためか取材が多く今売り出し中の会社らしい。


新聞記事では28人のスタッフのうち12人が子連れ出勤、週2~3回、9時から3時までのパート勤務である。


事務所にベビー布団があり、子供はそこで遊び横でお母さんがパソコンで仕事をしている風景が写真で出ていた。ほんとのお母さんだけでなく、そこにいる人がお母さん役を引き受けるらいしが、何かノウハウがありそう。


光畑社長は「すべての会社が導入すべきとは思わないが、仕事と育児の難問の解決策のひとつでおすすめ」と語る。


授乳服製造販売はありふれた事業であるが、子供と働くビジネススタイルが社会起業で、光畑社長は社会起業家である。社会起業というと必ずフローレンスが出てくるが、フローレンスでもやればいいのに。


このビジネスモデルは全国のどこでも応用できる。机上の議論で出てきそうなことだが、やってしまったのがよい。モオハウスは事務処理だったが、プロフェショナル、女医、弁護士、会計士、デザイナー、プログラマー。。。の仕事向きではないのか。


昔は仕事と育児は無関係だったが、80年代あたりから関係ができてきて、まず育児休暇から関係が始まった。その後社内保育所へと進んだが、子育てはやはり家庭でやるのが自然と在宅勤務が開発された。バック・トゥ・ネスト、巣に帰る、社会から家庭に帰るトレンドがあった。


それが「子連れ出勤」なんて、ここまで日本でも進んできたのかと感心した。


在宅でなく会社で子育てするのは「子育てコミュニティをつくる」という光畑社長の思いがあるかららしい。子育て支援のNPOはたくさんあるが、会社にお母さんと子供が集まり、経験を情報交換すれば、不安がなくなる、そんな効用もあるからだ。


子連れ出勤は出勤に満員電車で1時間では無理で、大都市では地域に根ざした会社や地方の会社でやりやすい。


地方は経済が疲弊してるというが、大都市にないようなビジネスモデルでやればよく、こう考えると事業のタネはいくらでもあるだろう。


筑波で始まったのはなるほどである

このブログでもフローレンスのサポート会員のことを書きましたが、先週その会員になりました。


ひとり親家庭をサポートするための会員制度ですが、会費は月1000円、8人集まると一世帯を支援できる仕組みです。


私が会員になったことを駒崎さんはブログに書いてます。サイトはここです


駒崎さんはアカデミックでも、私は大学人ではありませんが、アカデミックに近いところで仕事をしてきました、論評するだけでなく実行をやる、一橋大学の米倉教授、慶応の井上英之さんもそうだと書いてます。


社会起業を研究してると優れたビジネスモデルがわかるので、優れたものを支援したくて寄付をするのです。


銀行には「人を見て貸す」という格言があります。優れた事業の設計図をつくり上手に実行する社長には金を貸す、審査のときにはそれを見抜けというのですが、私が銀行に入ったときに散々これを教わったものです。


社会起業でも同じです。


投資とか寄付は優れたビジネスモデルに対して行うもので、寄付税制があるから行うものではありません。


日本で寄付が少ないというのはまだ優れたビジネスモデルがない証拠です。

前回、BSフジで社会起業家を放映した話をしましたが、そこで一橋大イノベーション研究センター長の米倉教授が、フローレンスが社会起業として優れてるのはビジネスモデルがよく、事業が社会に広く広がり、続く仕組みがある点だと話してました。米倉教授が例示したのがサポート会員です。


それをうけフローレンスの駒崎さんがサポート会員の話をしました。月会費7000円から8000円が払えないひとり親家庭のために、月1000円の会員を集め(年間12000円)、8人で一つの家庭にサービスを提供します。


こうしたサービスは銀行や大企業から寄付をもらってやるのが在来のやり方ですが、そうでなく個人から少額を集めサービスを提供するのです。


駒崎さんは、昨年オバマが少額の政治資金をネットで集めたことをヒントにしてこの制度をつくったそうです。


ひとり親家庭支援寄付のサイトはここです


私は十数年前に交通遺児の会の会員になり毎月2万円を数年間払ってたことがあります。この金は高校生に送られて学資のはずですが、ほんとにそう使われたかどうか、全く報告がありません。


これに似てますが、サポート会員のほうが安くて無理なく会員になりやすく、しかも使途が明確です。(高校生の場合、ほんとに勉強に使われてるのかと寄付をしながら不安に思ってました。フローレンスの場合現物給付ですので使途が明確です)


米倉教授はさっき駒崎さんから頼まれたのでサポート会員になるといってましたが、私もテレビを見た後、さっそくメールを駒崎さんへ送りサポート会員になることを伝えました。


米倉教授はルーム・トゥ・リードのジョン・ウッドは日本で資金集めパーティをやり、一晩で6000万円を集めた話をしをしてました。


日本は寄付税制が貧弱なので個人の寄付金が集まらないというのが定番ですが、ジョン・ウッドや駒崎さんの場合は、事業の斬新さを訴え、明確な使途を明示して金を集めることをやって成功してるのです。この辺りがいいですね。


寄付が少ないのを税制のせいにしてはいけません

スイスのダボス会議を開催しているシュワブ財団が社会起業家賞を選定してますが、今年は日本からも選定されます。


応募要領は、SEOYアワード日本プログラムのWEBページにあります。
http://www.schwabfoundseoy.org/ja/competitions/competition/88


・受付期間は4月7日(火)~6月15日(月))
・1次書類審査 6月下旬
・2次資料提出 7月20日まで
・最終審査 8月下旬
・アワード式典 9月上旬


日本での窓口はNPO ISL。
http://www.isl.gr.jp/


この賞は社会起業家では世界のブランドです。


イギリスの社会起業家の教訓に、自分で賞をつくってでも授賞せよ(社会の認知を広める)というのがありますが、この賞なら申し分ありません。


賞金はありませんが信用力がつきカネが集まり事業が進みます。


また既に世界中で数百人の受賞者があり、そのネットワークに入ることができます。英語じゃなくてはいけませんが。


すぐれたアイディアから生まれた事業が授賞対象ですが、逆にこの賞があるのでこれを狙ってアイディアが生まれ事業が進むことだってあります。


日本の事業が世界を驚かせるような時代になるといいんですが、まだダメですがきっとそんな時代がくると思いたい

本屋に行ったら、これが雑誌コーナーにたくさん平積みされてました。


こんなにたくさん並べてだいじょうぶなのかと心配になりましたが、副題は「あなたでもできる世直しビジネス」、今はそんな雰囲気なので、そこを狙った企画なのでしょう。


中身をパラパラと見ましたが、社会起業家入門編のコンテンツです。


690円とたくさんのボリュームのわりには安く、おすすめです。


社会起業家は90年代の半ばからイギイスとアメリカで開発されたコンセプトで、日本に入ってきて10年弱になりますが、日本の経済や経営の土壌がやっと社会起業家向きにかわり、人びとの関心がそこに向ってきたことを実感します。


市場経済一辺倒や自由主義経済から世間の思潮は一変し、社会性濃厚な時代になってきました。


これからの先進国の成長産業はグリーン産業や医療・福祉産業と「社会性」が成長の必須の要件になってきました。


「社会性」の味付けがないと成長しない、収益をあげるために社会性が不可欠なものになる、これまでの全く反対の時代になってしまいました。


つれて社会起業のコンセプトも第一世代をおわり、第二世代や第三世代へ進化して欲しいと願います。ダイヤモンドの特集もそのあたりを狙ったらいいのにと思ったのですが。


このブログはしばらく休んでましたが、グリーン革命から再スタートしました。「グリーン革命は社会起業家が先導する」といいたいのです。第二世代、第三世代のものへ進化させたいと思ってます。


そんな試論をこれから展開して行きます。