夕張医療センター

テーマ:

市立病院が閉鎖したあと、それを引き継いだ診療所です。


市立病院を引き継いだ村上智彦医師は、北海道出身でずっと地域医療をやってきた人でその分野では名のある人ですが、村上さんのメルマガ「今日の夕張希望の杜」の最新号に気になることを書いてます。


医療の分野では日本もアメリカでも、社会起業のいいビジネスモデルがありません。特に、日本中で自治体病院は経営が難しくなっているので、村上さんがベストなビジネスモデルをつくってくれると期待し注目しているのです。


メルマガにはこんなことが書いてありました。


「22日月曜日に久しぶりに全体会議を開きました。夕張医療センターが開業して3年目に入り、知らないうちに組織が公務員化して、誰が決めたか分からない決定がなされていたり、必要な事でもどこかで消えてしまっている状態になってます。」
「何となく前の市立病院の状態になっているのを感じていました。そこで異動を含めた改革をする事にしました。」


要点は以下の様な事です。
・幹部は自分がいなくても運営に支障がない様にして、定期的に異動してもらう。
・夕張医療センターは在宅医療が主役なので、診療所も老人保健施設もリハビリ等もそれを優先して考えて運営していく。
・看護師さんは外来、病棟以外にも老人保健施設や訪問看護など、出来るだけ全てのパートで働けるようにして、ジェネラリストを目指してもらう。
・介護員さんや事務員の人も同様で出来るだけ幅広く仕事が出来て、誰かが休んだ時にすぐ穴埋めが出来るような体制にしていく。(マルチスキル化)
・「決まった事だから」というのは禁句。


村上さんは、こうも書いてます。
「以前と違う形態や自分の知らないやり方を否定する人には新しい物は作れません。医療センター全体では黒字計上ですが、本業は赤字です。交付金や寄付金がなければやっていけない事は問題ですので、現在の幹部職員は全員責任をとって降格にしました。」


夕張医療センターは挑戦を続けてるんだと思ってましたが、やっぱり時間がたつとこうなってしまいます。市立病院で働いてた人が多いのですが、らくで慣れ親しんだ昔のやり方に戻ってしまうのです。


企業社会ではよくあることですが、似たことが非営利法人でも起こったのです。


「在宅医療が主役だ」「数種類の仕事ができる多能工になれ」「挑戦し、創造せよ」、こんなことをそれこそお経を唱えるように毎月でもいい続けないと変革なんて起こらないのです。


地域社会のために働くというかっこよいセリフがあるので、稼いで利益をあげよ、よりもずっと動機づけがやりやすい、これが社会起業のいいところなんです

AD

財政再建団体になりたくないために、赤字の市立病院や町立病院を民間に売却したり、公設民営病院にしたり、閉鎖したりするところが数十も出てきて話題になってます。


そうした点で公設民営が先に進んでいる夕張市立総合病院を引き継いだ夕張希望の杜の経営がうまくいってるのかどうかが気になっており、そこで、ここの村上智彦理事長が週一ぐらいの頻度で書いているメルマガを読んでます。


夕張については5月14日のブログでも取り上げましたが、最新のメルマガでおゃ、と思ったことがありました。


そこで村上さんはこう書いてました。
「夕張医療センターの中心は診療所ではなく、高齢者を元気にするための老人保健施設とリハビリテーション、在宅部門とその連携です。診療所はむしろそれらを支えるための部署だと思っています。」


「医療機関は医師だけでは動かないし、医師にばかり仕事が集中する事が医療崩壊の原因にもなっているし、必ずしも医療の質の向上にはつながらないと思っています。」


「自治体の破綻や地域医療崩壊は医療関係者の努力だけでは解決しません。町創りに関わる様々な方がその気にならないと難しいと思っていますので、幅広い分野の方に関心を持っていただくことは大切だと思います。」


これは研修生が増えて、それに対する心構えを書いたものですが、これを読んで病院の再建は正解に近づいてきたなと感じました。


この春ごろのメルマガでは、冬の暖房費が予算を越えてしまった、市が補填すべきだが市にそのつもりがないと、市を糾弾する調子でテレビのドギュメンタリー番組でも村上さんが市の職員を糺す場面が出てきてました。


老朽化した病院だったので暖房効率が悪く、暖房費がかかることは公設民営契約を結ぶときにわかってたことですが、この契約がずさんだったのです。


公設民営契約はだいたいずさんなものが多いようで、あとで問題が起こったときにもめ事になります。


この問題は結局市が払うことで収まりましたが、こんな市と対立姿勢ではうまく行かないと思ったのです。


夕張では、よそものを排除しようとする人々、病気になったことを医者のせいにする人、サービスが足りないと怒鳴る人、救急車をタクシー代わりに使う人など、病院経営を改革しようとすると邪魔になる人がいます。


おんぶにだっこ、平気で自治体にねだる人がおり、これは過去の習い性ですぐには直りませんが、旧態依然たる自治体、わがままな住民。。。こんな土壌で改革を進めるんですから容易ではありません。


こうしたことはイギリスでもありました。そこで「広く考える」「事業を広くデザインする」「関係の薄い人も巻き込む」「関係者を激励する」「地元の政治家を仲間に入れる」などのことが成功の道だと気づき、これをやるのが社会起業家だと起業家精神をここに注入するコンセプトが生まれそれが広がりました。ブレア政権がそれを助長する政策を進めたのも役立ちました。


村上さんの前記の発言はこれに近づいてきた、それで正解の道を見つけたと思ったのです。


村上さんは半年いろんな壁にぶつかり闘ってきましたが、壁を抜けるには正面からぶつかるのでなく広く考え関係者を巻き込むのが成功の道だと見えてきたのだと思いました。


この先村上さんが市立や町立病院改革の先進モデルになり、他の地域でそれを学ぶことになるかどうか、それはまだわかりませんが、解決の出口を見つけた、いい線行き始めたので、成功のロールモデルになるのかなと期待してます。

AD

この間あった京都の祇園祭りを話題にした新聞記事の見出しです。


32ある山鉾保存会のうち23が財団法人で、今年の12月に始まる公益法人改革にあわせて鉾の価値を再評価しなくてはいけないという問題が起こってるらしい。


財団になってるなんて知りませんでした。


財団化したのは60年代のことで、このとき資産を評価して2億から3億円と評価したところもあるらしいが、大方は評価してない、そこで資産の評価を迫られてるのです。


蕪村や円山応挙らの装飾美術品や、数百年守ってきたご神体の人形など山鉾の値段を評価し、財産目録にのっけなくてはいけない、山鉾連合会は災害時の補償などを見越し、この際評価しっかりやるつもりらしい。


公益法人だったのに身内だけの保守的な組織運営になっていたのでしょうが、今度はそういうわけにはいきません。


評価はめんどうですが、専門家にまかせるとできることです。びしっとした公益法人になるにはそのくらいのことをやらないといけません。


資産を明らかにしたついでに、財団の運営をもっとオープンなものにして、ほんとうの市民社会の活動にしたらいいのにと思います。


公益法人改革が思わぬところに波及してるのは意外なことでした

AD

㈱いろどり 横石知二さん

テーマ:

12チャネル・カンブリア宮殿(7月29日)、作家の村上龍が司会してる番組ですが、そこに横石さんが登場してました。


私は03年に横石さんと会ったことがあります。このときソフト化経済センターのソフト化賞受賞式に出席するために上京し、会場の投票でソフト化大賞に選ばれましたが、このときじっくりと話しました。


まだマスコミには売れていないときでしたが、葉っぱを売り地域の高齢者の生きがいをつくる事業について情熱的に語っていたのが印象的でした。


以後、地域おこしの成功例、社会起業の成功モデルとして売れ始め、今や売れっ子で、㈱いろどりのホームページを見ますと横石さんの講演申し込みはここ、講演代は20万円と書いてあります。


テレビで久しぶりに見た横石さんは自信にあふれており以前とは違ってましたが、こんなことを言ってました。


「まちおこしに成功するには、住んでる人が朝起きたとき何をやるか考えるようにならないといけない」


毎朝、㈱いろどりの事務所に、(青果)市場から電話が入り葉っぱの注文が入ります。会社はそれを一覧表にして約200件の農家にファックスで送ります。


農家の高齢なおばさんはこのファックスを見て、今日はどの葉を摘もうかと考え、前日の市況などを考えて受注品目を決めて電話で注文を取ります。


その後、山に入り受注した葉っぱを摘み、洗ってきれいにして包装し農協の集荷場に運んで仕事は終わります。


80才代のおばあさんは、毎朝頭を使って受注を決めることが仕事ですが、横石さんはこうならなくてはというのです。


村上龍は、いろどりの最大の教訓はこれだ、やることがなくなったときが危ない、若者だってやることがなくなると通り魔になったりするんだとコメントしてました。


「共同作業はだめ、個人が競わなくては」


横石さんは、まちおこしは共同作業では成功しない、個人が競うようになっていなくてはというのです。


この10年、まちおこしに税金を使って新しいことを始めても続かず失敗したのは、個人間で競う仕組みがなかったからだというのです。


これは卓見です。


「800才代のおばあさんでもパソコンを使うのは、知りたい情報があるからだ」


㈱いろどりに参加しているおばあさんがパソコンを使っているのが話題です。テレビの画面でもおばあさんがパソコンを使っているのを視察団が見ている画面がありましたが、珍しいので話題になります。


おばあさんは一日の終わりにパソコンを開き、その日自分が出荷した分の価格をパソコンで確認します。テレビでは27,000円という数字が出てました。さらに、その額が200人ぐらいの仲間の中で何位だったかを確認します。画面では9位でした。これが競争心です。さらに、市場情報、葉っぱは市場でいくらの値段がついてるのかを見ます。こうして明日の受注作戦を立てます。


パソコンを使ってるといってもマウス操作だけで、メールをやっているわけではない、インターネットを駆使しで情報を集めるのでもない、画面を閲覧してるだけですが、これだけでも役立ってます。


「昼間から集まって酒を飲んでいた、補助金を取って来い」


横石さんが上勝町の農協に来たとき、農民は昼間から酒を飲んで雑談しており、横石さんに補助金を取って来いと言ったそうです。


横石さんによると、今でも農村にその雰囲気はあるそうですが、そんな依存した生活ではだめだといろどりのビジネスモデルを考えたのです。


あきれた話ですが、こうなってしまってはなかなか治らない、これが地域が疲弊して立ち直れない理由で、天罰です。


「地域の独自性を発見し、それを育てて事業にすることはいくらでも見えてくる」


横石さんは有名人になり全国から呼ばれますが、そのときこう思うそうです。


斬新な着眼点で地域を見れば独自性、競争力のもとは見えてくる、それでビジネスモデルをデザインし、やればいいんだとはそのとおりです。


㈱いろどりには全国からたくさんの人が視察にきますが、学ぶことはこれでしょう。都会のコンサルタントに考えてもらうのでなく、住んでる人が自分で考えることが必要です。


テレビでは横石さんが視察団を案内している画面がありました。遠くにある丘陵地の畑を指し、「これがコンビニの棚なんですよ」と言っている画面がありました。


横石さんは、いろどりはコンビニのシステムを真似したと話してますが、数百種の葉っぱを情報処理システムを使ってうまく処理してることを言ってます。


コンビニ説は最初からあったわけでなく、見学にきた誰かが言ったセリフを使っていると想像しましたが、そう言われるだけでたいしたものです。


いろどりの不思議は、葉っぱなんて全国どこにもあるのに何で他の地域に広がらないんだろうです。


横石さんの説明は、上勝町の畑が丘陵地にあるので葉っぱの種類が多い、標高差があり葉っぱの季節が長いんだといいますが、それでも似た立地は全国いたるところにあります。


㈱いろどりの強さは、葉っぱを売ると誰も考えなかったことを事業にしたことで、その仕組みができており、独創的にやった分、ブランドを早く確立し、既にたくさんの固定顧客を持っていることです。


葉っぱビジネスなんて市場は小さく、多くの企業が参入できる市場ではない、そこでトップブランドを築いたものの勝ちで、第一勝者だけに収益逓増原理が働き圧勝します。


これはソフトビジネスの特色で、横石さんがつくったのは独創的なソフトビジネスです。クリエイティブ・ビジネスといってもいいですね。


真似るのは葉っぱでなくこの仕組みづくりで、これは社会起業です。

サッカーを見るのが好きなので、ときどきネットのサッカー雑誌を読んでますが、G大阪が休園中の「エキスポランド」(大阪吹田市)敷地に新スタジアムを建設する記事が出てました。


建設費は130億~150億円、昔なら公共投資で建設できましたがもうそれができません。


そこでスG大阪はポンサー企業や市民から募金を募る方法を考えているようで、エキスポランドを所有する独立行政法人「日本万国博覧会記念機構」に建設の意向を伝え、また吹田市も機構側と府に新スタジアム建設の要望書を提出したそうです。


02年のワールドカップのときには公共投資でぜいたくなスタジアムができました。ここをホームにしてるのは浦和、鹿島、横浜、F東京、神戸、名古屋などのチームがありますが、ワールドカップのときにどういうわけか大阪にはスタジアムができませんでした。


そのためにG大阪は陸上競技場と共用になっている万博記念競技場をホームスタジアムにしてますが、収容人数2万1000人と少ないので同じ公園内の空いた敷地に3万5000人収容でき、しかも国際サッカー連盟(FIFA)の国際基準に合うスタジアム、例えばTV放映用に照度が1500ルックス以上、屋根つき、のスタジアムを建設するのです。


G大阪はJリーグのトップチームなのでこのぐらいのスタジアムでも贅沢ということはありませんが、もう公共投資というわけにはいきません。そこで民間資金により建設し、しかも毎年の収支が黒字になるようなものにすることが必要です。


民間資金でスタジアムを建設して成功した例はイギリスにもアメリカにもあり、どれも社会起業の手法でやります。この記事を読んだときすぐに浮かんだのがイギリスのケースです。


地方都市にある名門のサッカーとラクビークラブが老朽化したスタジアムを建替えたとき、社会起業の手法を使い、このケースはロンドンにあるシンクタンク・デモスの社会起業の報告書に出てきて、公共性の高い施設を民間の力でやった挑戦的な事例だ、このやり方をイギリス中に広めようと提唱してます。


これに成功したのは
1、スタジアムを建設する事業主体のトップに起業家タイプの退職した大企業のCEOがついた、一方、地方議会の幹部の中で起業家タイプの政治家が政治リスクを引く受けてこの元CEOと連携した


3、教会基金のような社会投資をやっているところから低利資金を借りた


4、スタジアムの座席の下の空間があいてるので、ここを半地下にしてショッピングセンターにして賃料を稼いだ
など、それらしいことがありました。


150億円を寄付金だけで集めるのは難事です。G大阪は松下が母体で、関電、大阪ガス、JR西日本などが出資してますが、関西財界からこれだけの寄付を集めるなんてできないでしょう。


銀行融資で建設しても毎年返済財源を捻出するのが大変です。G大阪はどうするんでしょうか。


新しい知恵がいります。社会起業としてやるとすると具体的なやり方はいろいろなアイディアが思いつきます。イギリスでもできたことですから日本だってできないことはありません。


G大阪はこれに挑戦してほしいと思ってます。

今日の新聞に大阪府の橋下徹知事が御堂筋パレードに出していた補助金3億2000万円をカットするといったところ、祭りの主催者大阪21世紀協会はそれでは断念に追い込まれるという記事がありました。


府の補助金がなくなると即座に断念と考える脳に問題があります。


6月に札幌で行われるyosakoiソーラン祭りは3億円ぐらいの予算でやってますが、全て民間のカネでやってます。


この祭りを始めた長谷川岳さんは公費には絶対に依存しないという信念を持っており、それで民間の資金だけでできる祭りになったのです。


大阪だって3億円ぐらいのカネは民間で集められます。そう発想しないのが変です。祭りの事務局には祭りが好きでたまらない人はいないんでしょう。毎年恒例の祭りの事務をやっているだけの人たちなのです。


地域文化をつくるのは社会起業家の仕事です。大阪だって府の補助金がこなくても民間だけでやってみせると考えてる人はいるでしょう。


事務局の人材がそうした起業家精神のある人に代わり、官営祭りから民営の祭りに変って継続して行くことになるのでは、現在はそんなことが起こる時代です。

2月16日の毎日新聞にこれがありました。東村山市は10月に開設する「子育て支援センター」を近くの白梅学園大に運営委託します。


東村山市は、旧多摩東村山保健所(統合により余った保健所)の建物を利用して子育て総合支援センターを10月に開設する。就学前児童を対象とした遊び場や、その保護者向けの講習会やセミナーの会場として利用。


その運営を子ども学部を置く白梅学園大(小平市)に運営を委託する。運営費は3900万円。大学は子育て団体やNPOと連携して進めます。


記事になったのはこうした支援センターの運営に大学やNPOがかかわるのが珍しいからです。


白梅学園大学は、保育、福祉、文化をキーワードにして、保育士資格、幼稚園教諭免許、小学校教諭免許を取得し、保育者・教育者として能力を持つ新しい人材の教育をやっている専門大学です。


ホームページを見ますと、昨秋現代子ども学研究所をスタートさせ、学外の地域の人びとが参加する連続セミナーを開催してます。


これは社会起業です。大学はそこまで考えてるのかどうか、たぶん考えてないでしょうが、委託運営費を消化するだけでなく、子育てについてのいろんなサービスをつくって事業にすればいいんです。


イギリスには小学校の空き教室を使って地域センターになって大成功した事例があります。学校だから教育だと狭く考えずに、地域で欠けていたサービスを創造し、学校の枠組みを飛び越えて事業を展開したから成功しました。


成功の教訓は「広く考えろ」です。


この子育て支援センターも同じです。市の施設だからそれらしく、大学の実習施設だからそれらしくでは社会起業になりません。


うまく事業をデザインすれば全国のロールモデルになりそうな種で全国へ波及します。このモデルを全国へ波及させるぐらいの大望をもって取り組んで欲しいと思います。

地域力再生機構

テーマ:

地方の中堅・中小企業と第三セクターの再生をやる地方版産業再生機構で、この間の経済財政諮問会議で提示され、08年度につくるようです。


安倍首相の指示で内閣府が構想をつくり、秋の臨時国会に関連法案を提出する予定。旧再生機構と同様の仕組みで、預金保険機構から500億円程度出資し、地方銀行が持つ債権を買い取ったり、企業再生の専門家を経営陣に派遣する。 存続期間は5年。


4年前からやっている経済産業省の中小企業再生支援協議会(07年4月現在、相談が11,400件、終了したのが1,400、支援中が414)で同じようなことをやってるのでいらない、自治体や地銀が設立した地域再生ファンドが相次ぎ誕生しているのでいらないと批判されてますが、狙いを第三セクターの再生・閉鎖につければダブルことはないのでいい仕事ができます。


三セクについては05年3月の総務省調査があります。三セクを3分類し、1,商法による会社、2,民法による社団法人と財団法人、3,住宅、道路、土地開発の公社です。


三セクの数は、04年3月末で会社、社団・財団、公社の順に、都道府県653、1772、138、指定都市248、318、590、市区町村2922、2444、6794、合計3823、4534、1590、総計9947もあります。


事業の分野は地域・都市開発21%、観光レジャー15%、農林水産14%、教育文化13%、商工8%、社会福祉・保険医療6%、運輸・道路5%となっており、最近の関心領域である環境、健康、安全などは少なく、昔の関心領域でつくったものが残っており、ほんとは用済みのところが多いので閉鎖しても困らないのが実情でしょう。


今年の6月に地方自治体健全化法が成立し、自治体が25%以上出資してる三セクを連結に入れて決算することになってますが、この対象になるのは前記の分類の会社で71%、社団と財団では92%にもなります。


三セクは赤字だったり債務超過だったりするところが多いので、これが連結になるといい決算ができずに市場からの資金調達が困難になります。ここからも三セク整理のプレッシャーがかかり、地域力再生機構が三セクに切り込む適時です。


三セクは地方政治とのしがらみがあり、関係の近い人には整理ができない、そこで縁のうす地域力再生機構のようなところが再建整理するのがよいやり方です。


三セクのうち社団と財団の公益法人は来年度からはじまる公益法人改革でかなりの数が整理されるでしょうから、地域力再生機構は三セクのうち会社だけでも対象にすればよい、都道府県で653、指定都市で248、合わせて1000もあるんですから仕事量は多い。


こんなわけで地域力再生機構は三セクの再建整理で期待したいと思います。

昨日日本テレビをみてましたら、千葉県市原の過疎地の小学校の話がでてきました。


グッチ祐三さんがこの過疎地の小学校を訪れて料理を作る番組でしたが、この学校は住人の減少で生徒数十数人、一つの教室を前の黒板と後ろの黒板を使い、違う学年の生徒が背中合わせで授業をしているようなところです。


周辺は産業破棄物の捨て場になっており、困って校長が課外事業で林間教育をやって阻止しているような学校でした。


祐三さんが小学生と料理をつくっている横でたくさんのお年寄りが集まっており、おばあさんが公共施設やJAの施設が閉鎖してしまい集まる場所がなくなった、そこで小学校に集まってる、これは小学生の安全にもなっているんですと話してました。


この場面を見て、あぁ~、同じことは90年代のはじめにイギリスであったことだ、10年以上も遅れて日本もそうなっちゃてんだと思ったのです。


イギリスでは造船工業地帯で失業者が増え、公立小学校の生徒が減って教室が余った、そこで起業家タイプの女性の校長が赴任してきて、教室を職業訓練センターにしたり、母子教室にしたり、地域の人の食堂にしたりと、10種類以上の地域のいろんなセンターにしたことがありました。


この出来事は女性校長の頭脳から出た自然発生的なことでしたが、ロンドンの研究者がこれを見つけて政策提言し、ブレア政権はこれはベストプラクティスだと他の地域に広げようとプログラムをつくり広げたんですが、起業家型公務員が出てくるきっかけになりました。


以後起業家型公務員が増え、行政の現場でそこに合ったサービスを創造しようという思潮が広がったんですが、シビック・アントレプレナーと名づけられ、私は公民起業家と翻訳し、日本でもそうなろうと提唱したことがあります。


市原の小学校には全国モデルをつくって発信しようという野心はありませんが、これは社会起業だと誰かが入ってやればいいのに、おしいことだと思ったのです。


以上、グッチ祐三さんの料理番組を社会起業家の目で見た感想でした。


日本のすみずみでは社会を変えるいい種が無意識、自然発生してるのを見るのは心地いいことです

居酒屋で社会起業

テーマ:

ブログの読者からメールをもらった。
・地方都市で病院のリハビリの先生をやっていたが、現在では病院を辞め,昼はリハビリの先生をやり、夜は居酒屋をやっている。
・そうしたのは、店という舞台があって、あったかい人が交わる文化の拠点にし、そこから、優しさが街に拡がることをやりたかったからである。
・街で一番イケテル食べ物屋、そこに店員として障害をもった人やフリーターや老人がいたなぁという感じにしたい。
・夢を見つけられない若者や自分のポテンシャルを使いあぐねている老人の方々に自分の命をお客さんを喜ばすという形で燃やす事が出来るような店を創る、お客さんとしてきた人が自分の中にあった燃えるものを発見するような場を作ると決めている。


開業2年、店は黒字で数百万の貯金ができたきたので、これをさらに進めたいがどう思うかと問うてきた。


障害者が働くレストランやカフェはこの5~6年ずいぶん増えてきたが、それだけで満足せず地域で社会起業が起こる「場」にしたいのだが、「場」はつくったら来た人にまかせる「あなた任せの所」で、それで社会起業が進むかどうかはわからない、来た人しだい。


休日の午後ソーシャル・イノベーチョンを起こそうという会合は、終わったあとの二次会で居酒屋なんかに行くので、志が同じ人が集まるにはいい場所である。


居酒屋と社会起業はミスマッチだが、社会と起業だってミスマッチなので「居酒屋で社会起業」は盲点で、いいところを突いた感じである。


問題は「場」で、受身だけでは社会起業は進まない点にある。


ネットでも「場」づくりは盛んであるが、利用する人に任せてばかりしてると物足りない気持ちになるんじゃないか、実際にそういうことをやってる人に会うと「場」の先に行きたい気持ちが自然に出てきていることを感じる。


そこで居酒屋経営だけでなく、店主自ら何かの社会起業の提案・発信をすればいいのだが、これは居酒屋を経営する才能とは別なものなので難しい。


固定客といっしょにやるのもいいが、これも客しだいで運にめぐまれないと進まない。


こんなことを思うが、やってればそれらしい人が自然に集まり、個人間で化学反応が起こり、案ずるよりは生むが易し、生態系では自然に進化が起こるように、予想外のいいことが起こるかもしれない、今はそんな時代になっていると思っている。