事業仕訳の感想

テーマ:

民主党の事業仕訳が終わり、今日の新聞やテレビではマスコミの総括が行われました。私も前半は毎日3時間ぐらいインターネットを見ました。


世論は総じて評判がよく、面白い見せ物だ、自民党がつくっていた無駄な予算が如実にわかった、官僚は社会問題を解決するために政策をつくるのでなくOBの人件費を捻出するために事業をでっち上げていたなどがわかりました。


今回の仕訳は総事業の十分の一、それで1兆円弱の削減ですから、全体では10兆円以上は削れることがわかりました。10兆円から20兆円はムダがあるといわれてましたがそれが証明された感じです。


今度の事業仕訳で、官僚側に説明する力がないと言っていた評論家がいましたが、先輩の天下りの人件費を出すための事業なので、これでは公の場で説明のしようがありません。見当違いの評論です。


鳩山首相は今回限りと言ってましたあが、2011年度の予算作成が始まる来年6月からやると、夏の参議院選挙にぴったりと時期があい、民主党は選挙対策として強力な武器を持つことになるのでやるのでしょう。


事業仕訳の中心にいた枝野さんと蓮舫さんはマスコミではスター扱いです。あれだけマスコミに露出すれば小泉さんに代わる政治のスターです。特に、蓮舫さんは来夏の参議院選挙に出ますが、今から当選間違いなしです。


事業仕訳は「破壊」する話です。パラレルに「創造」の話も進めればいいのにと思いました。国費を使わない、代わりにこんな具合にやるというようなことです。破壊するだけで代わる創造が見えないのが世間から批判されるもとになってます。


マニフェストに記述した7兆円が必要な事業は12月には実施する順番を決め、来年度はこれをやるとするようですが、これだけでなく、事業仕訳で国費を削った事業についてやり方を変える方法を考えたらどうかと思いました。


これには社会起業家的な手法が大変役立ちます

AD

ひとり親パック

テーマ:

NPOフローレンス(病児保育)で、ひとり親(母子家庭)が月額約8000円の会費が払えないのでフローレンスのサービスを受けることができない、この親を支援するためにサポート隊員制度をつくり、サポート隊員から年1万円を出してもらい(寄付)、これを原資にしてひとり親でも月額1000円の会費でサービスを受けられるようにしたのが「ひとり親パック」である。そのサイトはここ


駒崎代表はサイトでこう書いてます。
「病児保育事業を開始してから、経済的な理由で病児保育の利用が継続できないひとり親家庭と出会いました。

調べてみると、ひとり親家庭の平均年収は約210万円。国民全世帯の平均収入の40%にも届きません。そんなひとり親家庭が、日本には約130万世帯存在します。日本のひとり親家庭の就業率は84.5%と、先進国の中でも群を抜いて高い数値です。そんな日本のひとり親家庭は、子育てと仕事の両立が最も困難な家庭の一つであると言えます。
そこで、2008年7月に、ひとり親家庭でも無理なく病児保育を利用できるよう、超低価格の病児保育サポート「ひとり親パック」を開始しました。」


私もサポート隊員ですが、8月末でサポート隊員は159人います。サポート隊員の男女の割合は半々、30才代が40%、20才代が25%、40才代が18%の順です。

この寄付で39世帯のひとり親を支援してます。


10ヶ月ぐらいの間にこれだけの数が集まったのは、事業に訴える力があったからでしょう。サポート隊員になっているのが生活費がかかる現役世代なのも驚きです。実感により共感を得てるのでしょう。高年齢の世代にも働きかければ隊員はもっと増えます。


ただ寄付金をくださいでなく、使途が明快でこれなら寄付するほうもまどわず寄付することができます。また「サポート隊員」のネーミングも秀逸です。


現在、民主党が事業仕訳をやってますが、ここで国費の支払いを廃止されたり縮減されたりしたら、民間から寄付をつのり民間資金で埋め合わせるべき、そのための寄付税制を充実すべきというコメントが大学教授からありました。


ずいぶん陳腐なことを言ってるな、国費廃止と烙印を押された事業は社会に訴える力がなく、寄付税制が拡充されたって寄付が集まらないのに、と思ったのです。


事業をデザインするにも、寄付金を集めるにも社会をよくする知恵を駆使し、訴える力がなくてはうまくいきません。

AD

社会貢献ギフト

テーマ:

百貨店は不況の影響をまともに受けてるが、クリスマス用の「チャリティ・ギフト」だけは絶好調で売上げを大きく伸ばしてるという話。


竹井善昭(ソーシャル・ビジネス・プランナー)はダイヤモンドのデジタル誌(11月24日号)に『クリスマス商戦にも「社会貢献」の波。 「チャリティ・ギフト」が不況の百貨店を救う?!』を書いている。そのサイトはここです。


例えば、松屋で販売されている X'mas用の「キューピー」ピンバッチ、写真のバッチだが、今年の販売個数を昨年の7000個から10000個に大幅に増やした。その理由は、昨年の売れ行きがあまりに良すぎたためで、浅草店では11月中に、銀座店でも12月中旬に売り切れてしまい、X'masチャリティなのに、12月25日まで10日も残しながら、売る商品がないという状況だったからである。


町田洋次の社会起業家・エッセンス


その販売サイトはここ 、1個300円、売上げの一部がルーム・トゥ・リードへ寄付される。次の伊勢丹の例では三分の一が寄付金なので、この例でも1個100円の寄付だとすると、1万個で100万円になる。


竹井さんも書いてるが、チャリティの寄付先をはっきりとさせてるのが好調な理由だと私も思う。


次は、伊勢丹の X'masチャリティ・キャンペーン「Merry Green Christmas」、今年で4年目になるが、熊がサンタになった「ベアサンタBE@RBRICK 」のストラップなどがチャリティ・グッズとして1個300円で販売され、うち100円が日本の環境保護や森林保護活動を行なうグリーンサンタ基金に寄付されている。


このベアサンタBE@RBRICK 、多くの固定ファンがいる人気商品で、2006年度と2007年度が約10万個。昨年は約30万個を販売した。販売サイトはここ


これらは寄付の変形、市場で寄付金を集めるやり方である。しかし価格の三分の二が原価(製造費や販売費)、寄付は三分の一しかないのが気にくわないが、市場を使うとなるとこうなるのは仕方ない。


そこで価格に占める寄付の割合を増やすには価格を上げる、例えば300円を400円にすると200円が寄付になり寄付率5割となって美しい姿になる。そのためには社会がこんなによくなるという物語を語ることにより、消費者の心をつかまえることが必要、そんな物語をつくることが大切である。


ルーム・トゥ・リードの場合、アジアの貧困国で小学校や図書館をつくるのが事業であるが、創業者ジョン・ウッドが書いた「マイクロソフトでは出会えなかった天職」がベストセラーになり、ジョン・ウッドの事業は人びとの心をつかまえたので、400~500円の価格になっても売れるのではと思う。この辺りの値付けが肝心である。

AD

ピンハネ団体

テーマ:

昨日、事業仕訳作業の前半が終わったのをうけ行政刷新会議が開かれ、前半の作業を評価したうえ、この作業で見えてきた8項目のムダ排除の原則をつくり、政府の全事業に当てはめて、仕訳作業の対象にならなかった分も財務省で厳格査定することになりました。


事業仕訳作業のような仕事は本来財務省の仕事です。今度は行政刷新会議のお墨付きをえて、財務省が予算をカットしますがこれが本来の姿です。


今朝のテレビでは、昨日の行政刷新会議に出ていた片山善博慶應義塾大学教授が会議の様子を話してましたが、鳩山首相の意見で地方に移管する事業を選別するのも原則の一つに入れ9項目になったこと、原則の一つであった「不必要な団体を経由する補助金」は、片山教授が「不必要な団体でなくピンハネ団体とすべき」と提案し、ずばりとわかりやすい原則になるようです。


独立行政法人や公益法人がピンハネ団体(天下り法人)ですが、ここへはもう事業を委託せず「中抜き」して税金の目減りをなくします。


公益法人へはもうカネが行かなくなります。これでもう運営できなくなるところがたくさん出てきます。


昨年度から公益法人改革が始まってますが、来年度にはこれがピークになり、天下りの受け皿のような法人は消えてなくなるのでしょう。


公益法人のスクラップ・アンド・ビルドは予想外に速く進みますが、これは望んだいいことです

事業仕訳ライブ(4)

テーマ:

昨日5日目の仕訳作業がありインターネットで見ました。


へぇ、と思ったのは厚労省認可の独立法人福祉医療機構が持っていた3000億円弱の基金を国庫へ返納と判定した仕訳です。これ、迫力ある追求でした。


この基金は消費税ができたとき、弱者の負担を軽減するために100億円の基金でスタートし以後4回の積み増しで今の額になってるらしい。これを運用して運用益をNPOなどがやっている福祉(例えば障害者支援など)に補助金で支援する(年間1000件と多い)事業ですが、基金の運用益でなく毎年一般会計で予算を確保しそれで支援すればいいじゃないかというものでした。


独法の担当部長の説明は、一般会計から毎年予算を取らなくてはいけない場合、認めてくれないかもしれない、そうなるとNPOを支援できない、だから事業の継続性の観点から基金が必要なんだというのです。


財務省の予算査定なく税金を毎年使いたいのです。なるほど、独法や公益法人の基金とはそんなものだったのです。


こういう基金、他にもたくさんあり、今日の新聞は8000億円と書いたり9000億円以上あると書いてるのみあります。財務省も把握してないらしく、議論としては前から知られてましたが、今度の仕訳作業で具体的に発見されて集計された埋蔵金です。


法律を改正して召し上げるようですが、それを例えば保育所に使えば来年度の前半に保育所不足問題は解決します。1兆円近くあるんですから、短期間で成果が見える記念碑的なものに使ったらいいんです。


事業廃止・削減と判定された省、例えば総務大臣や文科大臣はテレビでふんぜんと怒り、巻き返すと息巻いてましたが、これは昔の自民党時代と同じ反応で、うんざりです。


前原大臣は、国土交通省がばんばんやられてるので、なんと言うかと思ってましたが、仕訳作業を評価しており、独法や公益法人の事業見直しをこの方法でやったらどうかと仕訳作業を評価してます。また長妻大臣、指摘はもっともなものが多い、わが身を反省とこれも評価してます。こういう所が民主党らしい。

事業仕分けライブ(3)

テーマ:

今日もインターネットで見ました。事業仕分け4日目ですが、仕訳人も答える官僚もなれて双方「うまくなった」感じです。


「天下り団体にいるOBの人件費を出すために事業をでっちあげ税金を使う」、これが典型的な無駄遣いですが、この種の事業はすぐわかります。民主党はこれを排除したいのです。


これは、官僚、うまく答えられません。ほんとはOBの人件費なんですよ、仕訳人のみなさま、そんなステレオタイプの質問をしたって、と言いたいがそれができない、気の毒な立場です。追求する仕訳人もそのくらいはわかってるので、「軽く廃止」の精神でいいんです。ネチネチ、いじめることはない、これを意気込んでやる人がいます。聞いていていい気分でない。


官僚も、公共性や公益性から事業についていいたいことがあるんでしょうが、今日はこれが時々出てきてました。例えば、農水省は学校の給食をコメにしたい、その広報予算が審議されましたが、和食は健康にいいとか、食育を教えるためにやってるんではない、仕訳人はこういう理由なら官が広報するほどのことじゃないと批判したのに対し、コメ生産を増やし自給率を上げるためだと断言、官僚からの反撃があったのです。


官僚はもっと堂々と国家的な見地から公の論理を展開すべきなのです。


仕訳人は費用対効果の観点から追求します。今日もB&C分析(ベネフィットとコストの分析)の言葉が過剰に飛び交ってましたが、これに偏りすぎてます。企業経営者、コンサルタントなど市場経済信奉者が仕訳人になっており、企業のやりかたをベストとする(それから外れたのが悪)精神が見られます。


こんな時代はもう終わっており、そういう点でこの会は時代遅れです。


今日の判定は不思議なほど「予算縮減、10~20%」が多かった。ケーススタディでは10~20%のムダがあるんですから、95兆円の概算要求なら、その10%で9~10兆円です。そのくらいの縮減をやって欲しいことです。


また「事業見直し」という判定も結構ありました。これは事業プランを改善したり、代替案を考えるのですが、社会起業の立脚点から見るとどうなるか、こんなのも刷新会議でやればいいのにと思います。

事業仕分けライブ(2)

テーマ:

2日目(一昨日)、3日目(昨日)の仕分けをそれぞれ3事業づつ見ました。初日はつながりずらかったのが改善されており、問題がなくなりました。


3日間をやったところでマスコミや官僚、野党の自民党から悪い評判がたくさん出たのには驚きました。例えばこうです。「公開処刑」「らんぼう」「荒っぽい」「見世物」「問答無用」「財務省主導」。。。私も同感です。


予算を削る作業は本来らんぼうなもので、嫌われる仕事なので批判されますが、今度は度をこしてます。今回の447の対象事業は財務省がムダだと思ってるものを選んでいるので、誰が評価しても無駄な事業なので、仕分け人が意気込むことはないのです。このあたりは仕分け人が大人にならないといけません。


仕分け人の人選がいけません。政治家でなく民間人で、元自治体首長、コンサルタント、経済評論家など、説明にきた官僚を平気で傷つけるような人なので、遠慮のない質問はどんな根拠法でやってるのかといわれてしまうのです。


叩かれた官僚がきのどくと思うこともありました。仕分け人があんなに叩いて、別のところで仕返しにあうんでないかと心配になります。


仕分け人の大半は政治家にしておけばこんなに批判はでなかったでしょう。また民間人を入れようと思ったら、公募にするとか門戸を広げなくてはいけません。あるいは北欧の市民議会ように制度にしておけば、民間人がやっても批判されることはなかったのにと思います。


うまくやれば、一罰百戒、見せしめ効果、反面教師として、対象にならなかった事業まで波及して、ムダ排除に有効だったんではと思います。


行政刷新会議の大臣以下、きめ細かい感性の人ではないのでしょう。やってることはいいことですが、やり方が下手で世間から批判されるのは惜しいことです

事業仕分けライブ

テーマ:

今日から行政刷新会議の事業仕分けが始まりましたが、インターネットでライブ放送をやっているので聞いてみました。サイトは行政刷新会議のHP にあり、表紙の右側の一番上がライブのページです。

見る人が多いらしく、中央官庁や地方の自治体あたりが心配でどんなものか見てるんでしょう、午前中はなかなかつながりませんでしたが午後つながり、第三WGの文科省のところを見ました。見るといっても委員会を俯瞰した画面だけあり、この画面は動画ですがほとんど動きません、声だけを聞く状態で、ラジオ放送でした。


もっとつながりやすくしたり、画面も発言者を大写して臨場感を出し、もっと見やすくしないといけません。このくらいはわけないことですが、大分おくれておりいけません。こういう所にもっとカネをかけることが必要です。


見たのは「放課後子ども教室」事業です。


文科省と厚労省から事業の説明があり、両省が同じような事業をやっている、その後財務省の主計から論点整理、いらいな事業だ、古くなってしまってる、両省一緒にできないか、のように主計の評価があり、その後仕分け人十数人で議論します。


2:00から2:30ごろ学校が終わりますが、お母さんが働いてるので三分の二の子どもは帰れない、そこで空き教室を開放して学校が預かる事業で、その予算です。


そうなってるのは知らなかった、聞けばそのとおりです。


和田中学の校長をやっていた藤原さんは仕分け人でしたが、藤原さんによると、皆さんは知らないだろうが、もはや新しい公共投資に近い事業で、必要な事業だと力説してました。


仕分け人は、大方事業の必要性は認定しましたが、両省でやることでない、内閣府のようなところにまとめてはどうか、あるいは文科省に一元化、事業を外部、例えばNPOへまる投げするのでなく、役人が直接やらなくては現場がわからず、関連分野でいい政策をつくれないのでは、という調子でした。


一言でいえば、大変面白いライブでした。こんな面白い番組はめったにない。


政治家と仕分け人の質問にたいし、官僚はピントぼけの返答をしており、官僚が時代遅れになってしまってる様子がよくわかりました。インターネット上で恥をさらしてました。


政治家と仕分け人の勝ち、官僚の負けです。民主党の事業仕分けは進んで行くでしょう。こんな調子なら官僚政治を崩すのは簡単だというのが感想です。

成長産業がまったく変る

テーマ:

このブログで鳩山政権をときどき取り上げてるが、打ち出す政策の社会起業度を知りたいと思ってるからである。


そこで国会の議論を聞いてるが、今日の参議院予算委員会では鳩山政権の成長産業政策が議題になり、こんなことが議論されていた。


・長妻厚生労働大臣 - 医療経済
医療産業政策を展開する。GDPを増やす効果が高く雇用創造力もある。医療クラーク、こんな仕事はまだないが、こういうのがあると医者の仕事も軽減されて助かり雇用が増える。


医療はただコストがかかるだけなら小泉さんや竹中さんのように削るだけで、医療サービスの供給が減り、病気になっても医者にかかれなくなる。今の日本がそれである。80年代から90年代初めのイギリスが同じで、入院できるまで半年かかった。そうでなく産業としてとらへ、特に雇用吸収力があるので育成するつもりなのである。


・藤井財務大臣 - 福祉経済・地域経済
具体的に説明しなかったが、福祉需要が牽引する経済。これは大都市に集中してるのでなく全国どこにでもあるので福祉経済が成長するとパラレルに地域経済も成長するといいたかったのだろう。


・菅戦略大臣 - 雇用、環境、子ども、経済の4K
これが菅大臣がいった言葉だが、「環境と子どもにカネを使って雇用を生み、経済成長する」意味。環境はグリーン産業のこと、子どもは保育や子ども手当てで新しい需要が生まれ関連産業が起こる。


自民党の20年間は投資効果が低いところへ投資したので成長しなかったが、今度はだいじょうぶと自信がありそうである。


・赤松農林大臣 - 水田の4割は減反政策で空いているので、ここで麦、大豆などをつくり自給率を上げる。内外価格差を埋めるために農家へ直接所得補償する政策をやる。


医療、福祉、介護、子ども、農林業。。。こんな感じのものに税金が投入されて、雇用が増え総生産額が増えるのが民主党の成長産業政策である。


これまでの成長産業政策は、公共投資で建設業をのばし、自動車やエレクトロニクスの製造業で輸出産業を育成し、都市開発で不動産業、情報産業では規制の緩和で携帯電話を成長させたことに比べると様変わり、来年から成長産業がまったく変る気配である。


これから展開される民主党の産業政策には社会起業の色彩が濃厚である。

昨日の毎日新聞に鳩山首相の所信演説の内幕が出てました。これによるとこの演説を劇作家で演出家の平田オリザさんが指導したそうです。


平田さんがまず狙ったのはオバマの真似をしない、鳩山さんらしさを出すことです。


まずで政策をつらねるだけでなく自身の経験を出す、息子が職につけずに自殺した青森のおばあさんの話が出たり、鳩山さんの知的で実直らしさを尊重し、アインシュタインのくだり出しましたが、これは鳩山さんのイメージに合うようにしたためです。


また、政治改革をするのだから新しいボキャブラリーが必要だと考え、「市民」と「NPO」を多用しました。演説には「新しい公」もありましたが、これも新しいボキャブラリーです。


演説は数人でつくったのでしょうが、その人たちが考えたボキャブラリーはこんなものだったのです。


首相の所信演説にこういう言葉がでてきたのはすばらしいことだと思いますが、世の中の流れからみると遅いな、なにをいまさらという感じもします。


時代外れの利権政治、官僚政治を長く続けてきたので遅れたのは仕方ないことですが、でも、やっと追いついてきたのは評価できます。政権交代の効果です。


言葉の先にどんな具体的な政策が出てくるかわかりませんが、期待しましょう。