月刊世界5月号巻頭論文で佐和隆光教授(京大)はこんな主張をしてます。


景気回復には財政支出が必要だが、ケインズ主義者が言うような支出は何でもいいというのでなく、投資効果の高いもの、未来への投資でなくてはいけない、佐和さんがあげている未来の投資とは、教育、医療、環境、エネルギーへの支出です。


こういう考え方はアメリカにあり、例えばクルーグマンは医療や福祉への支出が未来への投資だといってますが、日本では少数派です。


ばら撒きではだめで、公共支出の効率や生産性を問うており、同じ財政支出でもここが1930年代と違い進化しているのです。


今度の日本の09年度の補正予算は、支出先が建設業界から家電と自動車に変っただけで、未来の投資ではなく相変わらずばら撒きです。公共投資を未来の投資にした国とばら撒きをやった国の格差は数年であらわれてくるんだと思います。


公共投資のコンセプトを未来への投資にかえて、さらに対象分野は社会起業が得意としている分野なので、社会起業の手法でやることをぶち上げれば拍手喝采されるに違いないと思います。


政治家にも官僚にもこういうまだ発想がありませんが、こういうのが閉塞状況に陥っているという感じを与えてるんです

AD

ハーバード大学開発社会学のマイケル・クレマー教授は、ビルゲイツが提唱してる創造的資本主義論(慈善事業を企業の本業としてやること)についてこんなことをいっている。


「(創造的資本主義を批判する人は)企業はただ金儲けだけに専念し、その儲けを再分配する方法については政府と慈善家に任せたほうが効率がいいという立場をとっている」


しかし、
「状況次第では、政府よりも企業のほうが効率的に富を再配分することができる」
「利他的な活動をしてるという評判が立てば、企業は優秀なスタッフを確保しやすくなる」

「創造的資本主義を提唱したのが利潤極大化を目ざす資本主義のシンボルと考えられてきた人物であり(ゲイツのこと)、それに反対したのが、学者やジャーナリスト、すなわち評価こそが基本的な報酬形態(評論業)となっている専門家たちであるのは皮肉である」


こうした考え方の底流には「富の再配分を政府に任せるときわめて高くつく」というのがある。


これはアメリカで展開されている議論であるが、日本の状況の方がぴったりと当てはまる。状況が同じなので、日本だって創造的資本主義が成り立つ。これは小泉さんの小さな政府論とは違う。


民主党は、この創造的資本主義論をいえばいいのに。

AD

民主党銘柄

テーマ:

今日、民主党がマニフェストを発表したこともあるんでしょうか、民主党の政策が実行されたときどの会社の株価が上がるのかマスコミは話題にし始めました。


例えば、中学生以下は月、一人26、000円支給されるので、既存の教育産業、例えばベネッセのようなところがよくなるとはやしてます。高速道無料化では旅行者が増えるので大都市近郊のヘルスセンターや温泉がよくなるといった具合です。


民主党が政権を取ると産業が大きな影響を受けるのは間違いありません。でも、具体的にどんなことになるのか、やってみなければわかりません。


家庭は教育費の負担が下がりますが、下がった分どこへ支出するのか、塾のような教育費に支出するのか、食費になってしまうのか、旅行支出になるのか、ここがわからないのです。


教育費に使われるとしても、既存のサービス、例えばベネッセのようなところに行くとは思われません。教育への資金が増えるのを受けて、全く新しいサービスが開発され、それを消費者が買う、こんなことになるといい、その場合、新しいサービスは社会起業だ、そうなって欲しいと願ってます。


和田中学で改革をやった藤原さんは、和田中学の実験、点としてのものでしたが、大阪府で面として広げて、公教育分野でイノベーションを起こす、5年もすれば全く変るだろうと自信まんまんです。


藤原さんによると、改革に反対する勢力は校長だけ、文部科学省や教育委員会、先生や父兄、地域社会はみな賛成してるといいます。みんな公教育の改革を待っているのです。


民主党の政権ができた結果、ソーシャル・イノベーションが進んだということになるといいんですが

AD

社会貢献活動は寄付ではなく、事業として永続することが求められてます。こうなったのはこの10年ぐらいのことで、ここが昔からあるチャリティ活動とことなり新しい点です。


しかし、本業の添え物で端っこでやる事業で、そこへ経営資源を集中するなんてことはありませんでした。ほどほどにやるのが普通でした。でも時代は変り、今の時代、社会貢献事業に経営資源を集中するのがいい、そうすると企業ブランドを築くことができる、そんな時代に変ってると思っています。


そういったことを痛切に感じたのは、住友化学の蚊帳「オリセットネット」(マラリアを媒介する蚊から身を守るために、糸に防虫剤を練りこんだ繊維で編んだ蚊帳、5年間は防虫効果が持続する)をみてそう思ったのです。


住化はもっとオリセットネットに経営資源を集中していたら、今頃住化の名前はグーグルやアップルと同じように世界ブランドになっていたのに、地味にやりすぎたのでチャンスを逃したと思うのです。もったいないことです。


この蚊帳は82年から開発を開始し94年に完成、01年にはWHOから使用を推奨され、04年にはタイム誌から「世界で一番クールな技術」にも選ばれるほどのものでした。


日本ではあまり話題になりませんでしたが、世界中から讃えられた製品だったのです。


タイム誌から褒め称えられたとき、この蚊帳に経営資源を集中していたら世界中に普及し、住友化学の名は世界に知られていたはずです。


主な購入先の国際機関からは、適正な利益は確保するよう要請されています。事業継続ができなければ、蚊帳の供給も止まってしまうからです。


この5年間は国連、世銀などの国際機関、ゲイツ財団のような民間の財団は、途上国の貧困を撲滅するために資金を集中し、マラリア撲滅は具体的なプロジェクトでしたが、もし、住化が蚊帳に資源を集中すれば、このトレンドに乗りオリセットネット事業は拡大したはずです。


この会社の本業は、合繊原料、工業薬品、樹脂、電子材料、医薬品、農薬などですが、住化の名前は蚊帳で世界中に知れ渡り、本業にも役立ったはずです。


03年にはタンザニアで合弁事業をやっており(パートナーはA to Z Textile Milles Limited)、年間1900万張りを生産し、4000人の雇用を産んでいるとホームページ に書いてあります。



「社会貢献が目的」「いったん上がった利益は学校建設などの形で、再度地域に還元することにしている」(米倉社長)


会社としたらやってるつもりなんでしょうが、本業の添え物の感覚は抜けません。利益を学校建設に使うのでなく、蚊帳工場に再投資するのがやる気というものです。


アップルのiPod、トヨタのプリウス、シャープの液晶TV、これらはまだ始まったばっかりの規模の小さかったころから、そこへ経営資源を投入する挑戦をやって成功した事例です。


これと同じです。


社会貢献活動に経営資源を投入すると、いろんないいことが起こることを想像してください

昨年にはナイジェリアに年間2000万張を生産する工場建設を決定し、5000人もの雇用を増やします。

社会貢献を買う人たち

テーマ:

ダイヤモンドのオンライン雑誌に竹井善昭さん(ソーシャル・ビジネス・プランナー/株式会社ソーシャルプランニング代表)が「 『社会貢献』を買う人たち 」を連載し始めました。


始まったばかりですが、一回目は「モノが売れないこの時代に、『社会貢献』が売れている」です。


サイトはここ


利己的な行動をとっていた消費者が利他的な行動をとるように昨年あたりから180度変ったことをマーケティングの立場から論じてます。


ソーシャルマーケティングはずいぶん昔からあるコンセプトですが、進化を続けており、ソーシャル・マーケティングの最近のトレンドを知るのにおすすめのサイトです。


そこに、こんなエピソードがあります。


関西一のお嬢様大学・神戸女学院大学の内田樹教授が、自身のブログにこのようなことを書いている。内田ゼミを希望する学生が掲げる研究テーマについて、これまでは「ファッション」「ブランド」「女子アナ」「美食」など、消費行動に関するものが多かったという。しかし、昨年はそのようなテーマはゼロ。それに代わって登場したのは、「ストリートチルドレン」「麻薬」「売春」「人身売買」「児童虐待」「戦争被害」「テロリズム」「少数民族」といった社会的なテーマばかりが並んだというのだ


へぇ~、そうなんだ、これが今日本社会に訪れている変化なんです。


彼女ちは、どんな卒論を書くのか、知的な刺激を受けた結果、どんな職業を選ぶのか、頭の変化の先で起こる行動を知りたいところです。


アメリカでは、NPO、NG0が一流大学生の就職希望先ベスト10に入ってる時代に変ってますが、方向は日本も同じです。やっと新トレンドに到達という感じです。


問題は、既存の企業がその新しいトレンドとどんな折り合いをつけるかですが、それは竹井さんのコラムが教えてくれます

民主党の教育政策

テーマ:

民主党の教育政策が気になってましたが、今日新聞に具体的な内容が出ていました。


・国公立高校生の保護者に授業料相当額として年間12万円を支給(来年度から事実上無償化)
・私立高生の保護者にも同額を支給し、年収500万円以下なら倍の24万円程度支給
・中学生までの子どもがいる家庭に対し、月2万6千円の「子ども手当」を支給(来年度に半額支給からスタート)
・幼稚園や保育園の無償化
・保護者や住民らが参加する「学校理事会制度」を創設


必要な財源は年間約4500億円、このくらいなら無駄な支出をカットし財源を確保できるでしょう。教育に税金を使うのは道路や箱物に使うよりもいいことです。


民主党政策の注目点は、自治体にカネを与えるのでなく、家庭に直接与えることです。こうすることで家庭で教育への関心が高まります。こうして保護者や地域住民が学校活動に参加するのが増えるでしょう。


住民参加は杉並の和田中学の挑戦が知られてますが、こういうことが全国の学校で行われるようになります。


こんなわけで教育分野で社会起業が急速に進展するのではと思います。


アメリカのティーチ・フォア・アメリカのようなモデル、和田中のようなモデル。。。画期的なモデルが開発されそうと予感します

仕事としての社会起業

テーマ:

一昨日、NHKラジオ夜10時のニュース番組で「仕事としての社会起業、若者の関心を引く」をやってました。


ディレクターの報告でしたが、若者の仕事が少ない時代に職業としての社会起業に関心が集まっている話しでした。


話の出だしが「失業者の健康診断をやる、働いてる人のための病児保育」、こういうのは、利益が出ないので会社はやらない、官僚主義のため動きが遅く官では対応できない、その間隙を社会起業が引き受けるが、社会がよくなる仕事なので若い人の心を引き付けていると、出だしはナイスなできでした


失業者や低所得のために医療保険に入ってない人に医療サービスを提供するのはイギリスにはありますが、日本にも出てきたのかしら、よく知りません。病児保育はフローレンスです。


ここでも前回告知した「社会起業サミット2009」を告知してましたが、この事業の広報担当はがんばって売り込んだんです。やる気満々、えらい。


「仕事としての社会起業」、同じテーマで雑誌から原稿を最近頼まれましたが、ジャーナリズムでは最近のトッピクスなんだろうと思います。


介護サービスや農林業がおすすめの仕事になってますが、社会起業も未来のある仕事になりつつあります。


こんな感性が社会起業躍進のドライブになるといいんですが。

大学生が事務局をやり、全国30箇所で社会起業家サミットをやるイベントがあります。


その開催サイトはここ


開催場所などはサイトにありますが、主なものを列挙しておきます。
・2009.7.18(土) サミット in 茨城(茨城大学)
・2009.7.25(土) サミット in 静岡(静岡県立大学)
・2009.7.26(日)サミット in 岡山(岡山大学)
・2009.7.26(日)サミット in 北海道(北海道大学)
・2009.8.2(日)サミット in 神奈川(慶應大学 日吉)
・2009.8.7(金)サミット in 東京(早稲田大学)

・2009.8.7(金)サミット in 埼玉(立教大学 新座)
・2009.8.8(土)サミット in 大阪(大阪大学)
・2009.8.8(土)サミット in 福岡(西南学院大学)
・2009.8.9(日)サミット in 広島 (広島経済大学)
・2009.8.9(日)サミット in 京都(龍谷大学)
・2009.8.11(火)サミット in 和歌山(和歌山市民会館)


私は関係してませんが、事務局の広報担当者から告知の依頼がありました。昨日の朝,TBSラジオでもディレクターが最近社会起業家が若い人の関心を引き付けてると語り、このイベントを紹介してました。


地方都市では集まりがよくない、そこで告知を頼まれたのですが、300人~500人も集めるのは厳しい。


社会起業家コンセプトは東京で芽生え、そこで発酵して全国各地に広がってるところです。そのためまだ地域社会の中で市民権を充分に獲得しているわけではありません。


人数の多さでなく、関心の高い人(社会変化のイノベーター)を50人~100人ぐらい集まり論じ合うのでいいのではないかと思います。


私もこういうイベントを企画しやったことがありますが、人集めでエネルギーを使いそれだけで疲弊してしまいました。


それよりも志の高い人びとが集まり、社会イノベーションを起こす戦略を論じたほうがやりがいがあることだと思います

これは山本繁さん(NPOコトバノアトリエ代表理事)がこの4月にメディアファクトリーから出版した本の題名である。


本の題名としては変ってるが、なるほどそうなのかと得心した。


やりたいことがないと社会起業家に向いてる理由をこう書いている。
・所詮、世の中お金が一番じゃないか
・会社のために働きたくない
・お金儲けがしたいわけじゃない


世の中の仕事はそんなのばっかりなので就職する先がない。こんな考えを持ってたために慶応大学環境情報学部を5年間やった。


そのうち、やりたいことを自分でつくればいいんだと気づき、社会で困ってる人のニーズの代理人になり、困ってる人の思いを汲み取り、ビジネスモデルを作ればいいんだと気づいた。


2002年に大学を卒業した年の夏、コトバノアトリエ(若い人の文章教室、文章伝達力を高める)をはじめた。


私は99年ごろから社会起業家の研究をはじめ、それらしい人に会い話を聞いたが、同じような感性の人がずいぶんいた。


「やりたいことがない」とは、既存の仕事の中にやりたいことがないことで、それならやりたいことを作っちゃえばいいとなる。


まだ世にない仕事をつくるのだ。創造には時間がかかる。事業を創造中の人は働いてるようには見えず(それまであったような働き方と違うため)、ニートに見える。


ニートは敗者、怠け者なので鍛えなおさなくては、社会のゴミ。。。そう見るのが普通だが、そればかりではないと私は思ってたのは、社会起業家の道を切り開いてる人がいるのを知っていたからである。


仕事がない社会になってるが、それなら社会起業家のような新しい仕事をつくればいいのだ

グラミンバンクでインターンをやるプログラム、そのホームページはここ。


グラミンバンクでインターンをやった大学生が10人ぐらい集まり(そんなにいるなんて驚き)、8月に20日間ぐらいのインターン(15人)を公募したら100人をこえた大学生が応募してきた。


事務局をやっている早稲田大学の三好大助さんからメールがきて知った。三好さんは「こんなにもグラミンに関心を寄せ、 社会的使命に燃える学生がいると知り、 日本の未来は明るいと感じました」と書いてあった。


同感。


大学生の間に社会起業コンセプトがすでに広がり、グラミンバンクのような所で学んで見たいと思ってる大学生がこんなにもいるなんて頼もしい。


昔、ソニー、トヨタ、NTT、三菱銀行、三井物産。。。こんなところでインターシップをやるのがかっこよかったが、今や社会起業でインターンをやるのがかっこよい時代に入ってるのだろうと思う。


それにしても100人以上から15人を選ぶの大変、競争率が高いぶん良質の人材が選ばれ、生き方を変えてしますほどのインパクトがあることが予想できる。


インターン体験後、頭が活発に動き、日本の社会問題を解決する設計図がたくさん登場するんだと期待したい。


面白いことになってきた