ゲイツ財団のCFO(最高財務責任者)アレクサンダー・フリードマンはこういう。


「財団資本は旧来の民間資本よりも柔軟に活動できること、民間資本が現在投資をおこなってない領域でも利益をあげられることを実証している」


「財団や従来型の民間資本は、共同で貧しい国々に投資できるのでないだろうか。民間資本家を参入に前向きにさせるために、財団は市場よりも低い収益率をうけいれることに同意すればいい。そして、投資の採算がとれるようになった時点で、財団が返上していた利益の少なくとも一部を回収する」


「この分野(エイズ、マラリア、結核、熱帯伝染病など)にたずさわっている世界の5大財団は130を超える新薬を開発中である」


創造的資本主義では財団の役割は慈善のために資金を提供するのでなく、未知の市場を開拓するために財団資本を投資する。


企業活動を収益だけでなく、社会性でも「評価」するようになってきてるので、社会性の評価が高い企業には優秀な人がくる。優秀な人材が集まると業績があがる。ここでは社会性と業績の因果関係は近い。


社会性が高いと消費者の関心を引きブランド価値を高め好業績につながるが、ここはどのくらいそうなのか曖昧で因果関係は遠い。


ゲイツ財団は熱帯伝染病のワクチンを開発してるが、こうすることで働く力が増し労働生産性が上がり経済成長する。そうなるとコンピューターが普及し、マイクロソフト製品が売れる。


さらに成長すると所得があがるのでワクチンの代金は回収できるように変わる。


この辺りのことが回収の見込みであるが、初期のグーグルでさえ投資回収が不確かだったが、ゲイツ財団でもはっきりしない。


先行投資なので不確かなのは仕方のないことだ

AD

2人のアダムスミス

テーマ:

フィナンシャル・タイムスのコムラニスト、クライヴ・クルックは、ビルゲイツの創造的資本主義のコンセプトに対して、アダムスミスなら異を唱えただろうという。


スミスは「国富論」で利己主義を説き、「道徳情操論」で利他主義を説いた。人間にはこの二つが同居していると考えていたからである。


現在は競争による社会のひずみが大きくなってきたので、市場競争+思いやりで考えるのが普通のことである。


ゲイツはこの二つを合体した資本主義を唱えたのであるが、時代の思潮には合っている。しかしスミスにとっては当たり前のことなので、わざわざいうことではないと異を唱えるだろうというのである。


ゲイツの創造的資本主義論に対し反対があるのは、当たり前のことをいってるだけだ、資本主義には創造性があるのでわざわざ「新」などをつけて資本主義をいう必要はないという観点からの反対が多い。


こういうことを言う人は、貧困を失くすためのイノベーション、社会セクターでのイノベーションを具体的に考え、社会起業について思考しれば、全く新しいやりようがあると見えてくるが、こんな体験をしたことがないので杓子定規に反対論を唱えてるだけだと思う。


ビルゲイツの提唱には資本主義を進化させようという思いがある。

AD

社会セクター経済

テーマ:

クィーンズランド大学経済・政治学のジョン・クイギン教授はゲイツの創造的な資本主義論に対しこういう。


「インターネットもウェブも90年代の半ばに商用に解放されるまで非営利事業として発展していった」
「インターネット経済の主要な駆動力は、利潤追求型の技術革新でなく、個人レベルで、あるいは集合的に発揮される創造性である」


だからゲイツ財団がやってるようなことは商用に開放される前のインターネットに似ており、ゲイツ財団の活動の先に「社会セクター経済」「社会セクター産業」と呼べる境地があるんだとゲイツのコンセプトを肯定している。


グーグルが出てきた当座は、この会社はどうやって売上高をあげるんだと皆懐疑的だったが、今では一兆円をこえる売上高をあげる会社になってしまってる。


教育や医療、福祉のような社会セクターで企業の手法でイノベーションを起こすと、これが現在社会起業として先進国で行われ始めたことだが、やがてグーグルのような企業が生まれるかもしれないと思うのだ。


次のグーグルは社会セクターから出てくることになるといいのであるが

AD

創造的資本主義の二つの道

テーマ:

MIT開発経済学のエスター・デュフロ教授は、社会セクター(医療、福祉、教育のような分野)ではイノベーションを起こす必要がなかったが、そこを変えればいいとこういう。


「貧しい人が正規の価格を払うつもりがあっても誰もそのサービスを提供していない、あるいは、もっと安く、もっと効果的に提供する方法があるかもしれない。創造的資本主義を活用すれば、こうしたサービスの提供にエネルギーを集中することができる」
「資本主義の得意なことは、新しい製品を発明し販売する方法を考えだすことなのだから」


社会セクターは税金でまかなってきたのでイノベーションを起こす必要がなかった。そこで財やサービスの供給革新を起こすと社会セクターが市場に変る。


こんな事例がたくさん出てきた。白内障手術用のレンズを十分の一の価格でつくると貧困世帯でも払うことができる。財団が抗生物質の薬の特許を買い取ると安く提供できる。


こんなわけで創造的資本主義の第一の道は社会セクターの研究開発、第二は規模の拡大である。規模の拡大とはほかの場所で構想をどんどん実行することである。


これがデュフロ教授の主張で、なるほどとわかりやすい。


ここではイノベーションなどのコンセプトが不在だったんでイノベーションはいくらでも起こせそうだ。イノベーションを起こすのが社会起業家である。


こう考えるとゲイツの創造的資本主義は成り立つ。

サマーズの疑問

テーマ:

前回、ビルゲイツが提唱している創造的資本主義(社会セクター問題の解決は政府や慈善事業でやるのでなく、企業が解決する経済のこと)の話をしたが、それがアメリカでどう受け取られたの話をして行きたい。


まずローレンス・サマーズ、オバマ政権の国家経済会議委員長であるがゲイツの提唱には懐疑的で、サマーズの指摘はわかりやすい。


ファニーメイ(連邦住宅抵当公庫)とフレディマック(連邦住宅金融抵当公庫)は多額の不良資産をかかえ倒産した。政府援助法人は官民のよいとこどりというが、反対に双方の悪いところが出ることもある。


そうなると、責任不在でもたれあいになり、うまくいかないのはアメリカでも同じである。


ゲイツは第三セクターのようなものを提案しているわけでないが、ゲイツに便乗する税金どろぼうが必ず出てくる。


だからサマーズは「この世は金儲けも、よい行いをするのも難しい。どこかの企業がその両方を成し遂げると意気込むのを聞くと、私は財布の紐を締める」となる。


この考えはとてもわかりやすい。日本でも公益法人改革が進んでいるが、事情はアメリカでも同じである。


オバマは政府の役割を高めるが、サマーズのような人材が政策をつくるポストにいるので、もうファニーメイような昔の官民合体組織に戻ることはないのだろう。


それにしてもサマーズのような要人がこんなブログ討論に参加するのは日本にはないことで、驚く。

08年1月、スイスのダボスであったダボス会議でビルゲイツはクリエイティブ・キャピタリズムのわが考えを講演した。


こんな内容だ。
・ソフトウェアの魔法で世界を変える、これはマイクロソフトで成功した
・ニーズが満たされないまま生活してる、ニーズとは飢餓から逃げたい、病気を治したい、これは市場は貧困者を相手にしないので市場経済では解決不可能
・マラリアで数百万人が死んでるのに、薄毛、脱毛を直す薬に関心
・市場のインセンティブが貧困者に働かない、見返りが少ないため
・私はせっかちな楽観主義者、いそいで市場経済が解決できない問題を解決する、解決できる
・収益をあげる、評価をつくる、貧しい人の生活を変革するシステムを設計
・創造的資本主義をつくる
・アダム・スミス「道徳情操論」、人間は他人の運命に関心を寄せ、他人の幸福を必要とする、これが人間の本性なので収益+利他主義、世間からの高い評価などで、市場経済とは違う資本主義をつくることができる
・プラハード「ネクスト・マーケット」はそうしたことを考察した本、
・クラウス・シュワブ(ダボス会議主催)、ファースト・カンパニー誌は社会起業家を表彰


この講演を聴いていたアメリカのジャーナリストで編集者であるマイケル・キンズレーはクリエイティブ・キャピタリズムについての本を書こうと決意したが、ちょっと考え、ブログにしてゲイツのスピーチをのせ、識者が意見を投稿するやり方で群衆知を集めることを考えた。


この試みは成功し、数千人が投稿し名だたる識者数十人のオピニオンリーダー、ジャーナリスト、教授、官僚などが寄せた意見をキンズレーが本にまとめた。それが「ゲイツとバフェット新しい資本主義を語る」(原題はクリエイティブ・キャピタリズム)徳間書店、原典は昨年末発刊され、翻訳はこの4月に出た。


ゲイツの主張は貧困を失くすのは政府援助でも慈善でも国際機関でもなく、多国籍企業だという。


企業が無視していたところへ事業を広げるので「創造的」といい、そうすることで社会問題を解決できる。


ゲイツ自身社会起業家へ転進し、他の成功した起業家や大企業へも自分のようになることをすすめてるのであるが、これに対しこの議論に参加した識者は大方賛成し、ここに未来があるという。


こうした感覚は日本にはないがアメリカの経済界では広がっているようだ。現在の新思考なのである。そこでゲイツの提案に対し、識者はどう反応したか書いてみる。

朝日新聞社説

テーマ:

今日の朝日新聞の社説で社会起業家が取り上げられたことがネットで話題になってました。そのサイトはここです



そこで社会起業家が登場し問題を解決します。社会起業家を歓迎している論説になってました。


現在大不況を脱出するために大きな予算が組まれてますが、もう行政が予算を使って問題を解決する時代ではないんです。社会起業家へ任せればいいのにと思います。


朝日の社説に登場するだけで昔は権威でしたがもうそうではありません。しかし社会的な存在として市民権を得たとはいえます。


社会起業家は朝日やNHKが取り上げる時代になってるんです

市場主義の経済が続いたのでさまざまな社会問題が出てきましたが、行政にはもう解決する力がありません。非効率だったり杓子定規だからです。

非営利法人の隆盛

テーマ:

前回、フランスの思想家ジャク・アタリが、数十年すると政府機関や大企業は衰え、非営利が経済や社会の主要なセクターになると予言してる話をした。


アタリによると世銀が衰え(代わって世界中のマイクロファイナンスの連合のようなところが主役になる)、国境なき医師団が栄えるのである。


似たのにこんな話もある。
・ティーチ・フォア・アメリカ(TFA)、アメリカ国内の低所得地域の公立校へ一流大の新卒を2年間派遣、は2008年、25,000人の応募者(ハーバードの9%が応募)があり3000人を教師として選定


・マイクロソフト、P&G、アクセンチュア、GEなどの大手企業の採用を上回る


これはニューヨーク在住のジャーナリストで「チェンジメーカー」の著者、渡邊奈々さんがウェンディイ・コップ「いつか、すべての子供たちに」の解説に書いていることである。


現在でもTFAは大企業を上回る。先端だ。


1920年ごろ、中小企業に代わり大企業が社会の主役になるとアメリカで予測された。誰もがそれを実感したのは第二次大戦後だったが、大当たりの予言だった。


これと同じような予言である。


そうなのかどうか、それはわからないがそういうトレンドを感じる。


今年大企業に入った学生は、20年後幹部になったとき組織は衰退に入っている。代わった今年非営利に挑戦した学生は、20年後隆々たるものになっている。


今はこんな境目だと思う。

ジャク・アタリ

テーマ:

5月5日昼前にNHK総合テレビを見てましたら、ジャク・アタリのインタビューを1時間放映してました。アタリはフランスの経済学者、思想家で、ミッテラン大統領の補佐官だった人です。


ここで社会起業家が活躍する世の中の到来を予想しており、フランスにもそんな考えがあるのかと驚きました。


話していたことはこうです。
・大不況脱出のために財政支出が増え大きな政府に向かってるが、一時的なことで相変わらずに市場主義が蔓延し続け、圧勝する
・その結果、社会保障、警察、軍隊すら民営化されてしまう
・そうなると経済や社会の混乱が一層まし、貧富格差は一層開く
・もう秩序ある社会などはこない
・そうなることを防ぐのが「合理的博愛」「合理的利他主義」、これが21世紀の新しい思想である


「合理的」とつけてるのは宗教的な感情や善意や好意ではなく、相手を助けた結果報酬がついている行為のことらしく、医者、ホテル、レストランを例示してましたが、こうしたサービス業が最先端のエリートがやることだと言うのです。


マザーテレサとビルゲイツ(マイクロソフトではなく、ゲイツ財団の活動をさしてます)は同じことをやるようになったが、そうなるのも最先端の仕事が博愛や利他主義だからです。


さらに数十年後営利会社は衰え、株主が消滅し、代わって非営利事業が拡大するといいます。


行動する思想家で、自らプレーヤーにならなくてはいけないとアフリカのセネガル(フランスの植民地だった)でマイクロファイナンスの事業をやってます。


ソーシャル・イノベーションの先進国はアメリカとイギリスだと思ってましたが、フランスも進んだ国なんです。

未来への投資

テーマ:

月刊世界5月号巻頭論文は京大の佐和隆光さんです。


ここで景気回復には財政支出が必要だが、ケインズ主義者が言うような支出は何でもいいというのでなく、投資効果の高いもの、未来への投資でなくてはいけないと主張してます。


佐和さんがあげている未来の投資とは、教育、医療、環境、エネルギーへの支出です。


ケインジアンとしては新種ですが、こういう考え方はアメリカにあり、日本では少数派です。


公共投資の効率や生産性を問うており、ばら撒きではありません。ここが新しいのですが、国際競争がこんなところにも及んでいるんです。


公共投資を未来の投資にした国とばら撒きをやった国の格差は10年ぐらいにあらわれてくるんだと思います。


今度の09年度の補正予算は、支出先が建設業界から家電と自動車に変っただけで、未来の投資ではなく相変わらずばら撒きです。


これでは未来の投資になりません。


公共投資のコンセプトを未来への投資にかえて、さらに対象分野は社会起業が得意としている分野なので、社会起業の手法でやることをぶち上げれば拍手喝采されるに違いないと思います。


政治家にも官僚にもこういうまだ発想がありませんが、きっとそうなるのだと思います。