鉄道をテーマにした人気ゲームシリーズ「桃太郎電鉄」のキャラクターを無断で使用したとして、大阪府警此花署は11日、著作権法違反の疑いで、風俗店運営会社など2法人と風俗店経営者ら26人を書類送検したと発表した。

 書類送検されたのは、大阪府枚方市の風俗店運営会社「ミリオン」と大阪市北区の印刷会社「PENSEUR」の2法人のほか、大阪市北区の風俗店「GOGO梅田店」の経営者の男(41)ら19~47歳の男女計26人。

 送検容疑は、平成21年3月~7月、ゲームソフト会社の許可を得ずにキャラクターを印刷した看板やポスターを店に設置し、著作権を侵害したとしている。

 風俗店は5店舗あり、電車内を模した店内でサービスを提供。キャラクターが印刷された割引券を客に配布していたという。

 此花署は昨年9月、著作権法違反容疑で風俗店など7カ所を家宅捜索。10月にゲームソフト会社から告訴を受け、捜査していた。

【関連記事】
「らき☆すた」より面白い!?桃太郎“裏・聖地巡礼”
ゲーム「桃太郎電鉄」キャラ無断使用 大阪府警が風俗店を家宅捜索
漫画ネット違法投稿 出版社側は条件付き“共存”模索
雑誌発売前の「ワンピース」最新話 ネットに違法投稿
機動戦士ガンダムなど無断上映 「まんがランド」店長を逮捕 千葉県警
20年後、日本はありますか?

首相動静(3月16日)(時事通信)
<自民党>参院選 選挙区で追加公認候補を発表(毎日新聞)
トキ8羽死ぬ、2羽も瀕死状態=動物に襲われる? -環境省(時事通信)
<日米密約>「非核三原則の法制化前進を」福島党首(毎日新聞)
モノレールのトンネル内、はねられ?男性死亡(読売新聞)
AD