神戸・西宮・大阪・住宅購入・家計・生命保険の見直し/女性のためのマネーセミナー講師/ファイナンシャルプランナー/山下幸子ブログ

女性のための年金・住宅購入・保険・貯蓄・家計簿相談なら、女性ファイナンシャルプランナー 山下幸子までご相談ください!
子育てママ・パパ・アラフォー女性のためのお金のご相談(住宅ローン・火災保険・生命保険・家計簿診断)の専門家です。


テーマ:








10年固定金利が脚光を浴びているのですが、

本当に金利の低さだけで飛びついていいの?



ということで、長期固定金利と10年固定金利で比較してみました。


3500万円35


長期固定金利1.25

10年固定金利0.59




ぱっとみて0.59%で10年間固定金利だと

お得かな?と思います。




10年間固定金利0.59%は店頭金利2.29%マイナス1.7%=0.59


ここからがワナで、11年目の金利が今と同じ水準としても

店頭金利2.29%マイナス0.7%=1.59%になります。





最初に大きく優遇1.7%を店頭金利から引きますが、

固定期間終了後(この場合10年)は小さく優遇で

0.7%を店頭金利からひくということ。




つまり11年目も今と金利水準が変わらなくても

金利は0.59%から1.59%になる!




11年目も今同じ金利水準(マイナス金利)だと

考えにくいですよね?





では、

11年目にもしも1%でも金利が上昇したら、

35年の1.25%を選んでいた方がお得になります。





10年固定金利の場合では、11年目の毎月の返済金額は1.3万円高くなるし、

返済総額は、全期間固定金利よりも、280万多くなります。




1%の金利上昇なんて、想定内です。



今から10年前の長期固定金利は

3%でしたから・・・。




注目すべきは35年長期固定が

過去最低金利をたたき出しているということ。



1.25・・・これがいかに低金利がご理解いただけたら、

10年固定金利に「飛びつく」こともないかと思います。




住宅購入のご相談は最初が肝心!

きちんとシミュレーションして購入しましょう。




無料相談は、所詮「理由」がありますね。


有料できちんと相談されたい方は山下FP企画 まで



















いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)