鳩山由紀夫首相は25日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題をめぐり、社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相が同日、沖縄県を訪問することについて「閣僚として行くのは今、この立場でいかがなものかと思う」と語り、強い不快感を表明した。ただ、「社民党党首の立場で行くのはやむをえない」とも述べた。首相公邸前で記者団に答えた。

 同党は名護市辺野古への移設に反対しているが、首相は「なかなか社民党の考えとは一致しないところがある。これからも懇切丁寧に説明したい。(辺野古移設に)理解をできるだけ深めてほしい」と述べた。

 福島氏は25日午後、沖縄県を訪問し、仲井真(なかいま)弘多(ひろかず)知事、稲嶺進名護市長、伊波洋一宜野湾市長と会談し、社民党として辺野古移設に反対する考えを伝えることにしている。

【関連記事】
鳩山首相“言葉の軽さ”反省の弁
「なぜ決断できないのか」 渋々「辺野古」を明言
公明・山口氏 「首相は月末に辞任を」
首相「環境に配慮した新しい形をつくる」 普天間飛行場の辺野古移設で
【鳩山政権考】さながら「オール無責任政権」
虐待が子供に与える「傷」とは?

首相動静(5月25日)(時事通信)
宝くじ発行停止を撤回 枝野行政刷新相と原口総務相が協議(産経新聞)
<ローソン>子会社が元専務らに144億円の損賠求め提訴(毎日新聞)
ネット選挙、夏の参院選からの解禁で最終合意(産経新聞)
<新党改革>現職3人立候補せず…参院選の第1次公認発表(毎日新聞)
AD