21日午前3時10分頃、大阪府貝塚市馬場の阪和自動車道で、兵庫県川西市の公務員男性(45)が乗用車で走行中、車に衝撃を感じて停車したところ、左側のドアミラーが破損し、近くに座いす(重さ約3キロ)が落ちていた。

 男性と同乗者の計3人にけがはなかった。現場には車道をまたぐ高架橋があり、貝塚署は、地上9メートルの橋上から、何者かが座いすを投げ落としたとみて器物損壊容疑で捜査している。

 発表によると、座いすはリクライニング式(幅約40センチ、高さ約90センチ)の使い古されたもので、現場の道路わきに捨てられていた多数の家具の1つとみられる。

 約30分前には、現場を通過した車両から「橋から火のついた花火が落ちてきた」などの110番が3件あり、同署は関連を調べる。

【Web】使ってみたアンドロイド携帯「ディザイア」(産経新聞)
<解雇訴訟>元露鵬ら「納得いかない」…東京地裁請求棄却(毎日新聞)
<長崎県美術館>日本初、エル・グレコ「聖母戴冠」の展示を延期 火山噴火の影響で(毎日新聞)
支持率低下は「政権の約束と実行の乖離」前原国交相(産経新聞)
G20、出口政策が論点に=加藤元財務官に聞く(時事通信)
AD