足利事件再審判決・佐藤正信裁判長の謝罪の言葉(全文)

 通常ですと、判決宣告後に適当な訓戒ができることになっていますが、本件では、自戒の意味を込めて謝罪をさせていただきます。

 菅家さんの真実の声に、十分に耳を傾けられず、17年半もの長きにわたり、自由を奪う結果となりましたことを、この事件の公判審理を担当した裁判官として誠に申し訳なく思います。

 このような取り返しのつかない事態を思うにつけ、二度とこのような事を起こしてはならないという思いを強くしています。

 菅家さんの今後の人生に幸多きことを心よりお祈りし、この裁判に込められた菅家さんの思いを深く胸に刻んで、本件再審公判を終えることといたします。

<事業仕分け>新人議員の参加、小沢幹事長認める(毎日新聞)
【いきいき】絵地図師・散歩屋 高橋美江さん(産経新聞)
韓国に不正送金で女4人逮捕=「現金運び役」初の摘発-埼玉県警(時事通信)
ショートステイの取り組み事例で意見交換―東社協(医療介護CBニュース)
【弔い最新事情 墓はどこに】(中)形態多様化 思いは不変(産経新聞)
AD