宮内庁は4日、週刊新潮6月10日号の皇太子ご夫妻の長女愛子さま(8)に関する記事に誤りがあるとして、同誌編集部に抗議文を送り、謝罪と訂正記事の掲載を求めたと発表した。

 記事は「イジメっ子対策で『給食に向精神薬を混ぜては』と提案した『東宮』」と題したもの。学習院初等科に通う愛子さまの同級生の給食に、注意欠陥多動性障害(ADHD)の薬を混ぜるよう、東宮職が学習院側に提案したなどとしている。

 野村一成東宮大夫は4日の会見で「極めて悪質な記事で事実無根。皇太子ご一家の名誉を著しく損なう」と話した。また、宮内庁はホームページに「皇太子ご一家や東宮職に対する悪意ある中傷であると考えます」などの文章を掲載した。

13日に腰痛予防の無料セミナー―聖カタリナ大(医療介護CBニュース)
新首相動静(6月5日)(時事通信)
<東京都檜原村>住民訴訟で敗訴の村長「賠償金払えない」(毎日新聞)
鹿児島・奄美で震度3(読売新聞)
「政策に腹立って…」民主のポスターはがす 千葉(産経新聞)
AD