将棋の現役最高齢棋士、有吉道夫九段(74)=兵庫県宝塚市=が24日、大阪市福島区の関西将棋会館で行われた第36期棋王戦予選トーナメントで矢倉規広六段(35)に敗北。日本将棋連盟の規定により、同日付で引退した。通算成績は1088勝1002敗だった。

 有吉九段は岡山県備前市出身。故・大山康晴十五世名人に師事し、1955年にプロ棋士に昇格した。強い攻めの棋風から「火の玉流」の異名で呼ばれ、棋聖獲得1期、棋戦優勝9回。

 有吉九段は今年2月2日の名人戦順位戦で敗退し、C級2組からフリークラスへの降級が決定。同クラスの65歳定年制により、引退が確定した。しかし、その後も他の棋戦で勝ち星を重ねて現役を続行。引退期日を「引退が決まった年度末」とする連盟の規定を「最終対局日」に変更させる契機となった。

 24日の対局後、有吉九段は「引退が決まってからも、最後まで頑張るという思いでやってきた。今はやり切ったという気持ち。55年間、よくやってきたという満足感がある」とさっぱりした表情で語った。【澤木政輝】

【関連ニュース】
野良猫餌付け:将棋の加藤九段に中止などを命じる判決
将棋:文部科学相と総務相にアマ五段免状
訃報:森内信康さん75歳=将棋棋士・森内俊之九段の父
将棋:3連覇の羽生名人「山あり谷ありの勝負でした」
将棋:羽生名人3連覇 三浦八段に4連勝 名人戦第4局

H2A 打ち上げ成功 金星探査機「あかつき」無事分離(毎日新聞)
種牛の離島疎開始まる=口蹄疫リスクを回避―鹿児島(時事通信)
農水副大臣、補償など再説明=ワクチン接種2日目は地域拡大―口蹄疫(時事通信)
<光ケーブルカルテル>5社に排除命令、課徴金161億円(毎日新聞)
高速道の新割引 6月断念を表明 国交相(産経新聞)
AD