あなたの思い出を“記憶の銀行”に預けませんか-。70代以上の高齢者の昔話を動画に収め、インターネットで公開する「MEMORO 記憶の銀行」プロジェクトが進行中だ。2年ほど前にイタリアで始まり、昨年10月からは日本版もスタート。日本版スタッフの在日イタリア人、チンツィア・ドルチーニさん(31)は「高齢者の記憶を次代に語り継ぐことで、若者の生きる指針につなげたい」と意欲的だ。

 「MEMORO」は1940年以前に生まれた人たちの人生経験や思い出を集め、普及させるプロジェクト。イタリアで始まり、現在ではフランスやドイツなど世界に広がっている。若者がお年寄りをインタビューし、約5分の映像に編集したものをネットで公開するだけ。東京タワー建設に携わったとび職の思い出や横浜大空襲の思い出、昔ながらのおせち料理など、日本版には30本以上、全世界で2千本以上の動画が“貯蓄”されている。

 25日には東京都江東区の特別養護老人ホーム「カメリア」で、MEMORO創設者をイタリアから招き、初のセミナーを開催。参加者のお年寄りを対象にしたインタビューも実現した。

 「複雑な時代になり、若者はどこへ向かうべきか迷っている。現代は少子化が進むが、昔はもっと貧しかったのに子供は多かった。お年寄りの話に学び、もう一度シンプルな生活に戻ってみるべきではないか」とドルチーニさん。昔と今をつなぐ懸け橋として、“記憶”を活用したいという。

 先の大戦で日本と同盟国だったドイツやイタリアが同じ戦争をどうとらえているか。在日外国人や海外にいる日本人がどう生きてきたか。国境を越えた“記憶”の共有にも夢が広がる。いずれは動画の内容を翻訳し、海外に発信する予定。

 問い合わせは、MEMORO「記憶の銀行」公式ホームページへ。(道丸摩耶)

<子どもの村>福岡で開設 虐待受けた子ら里親と(毎日新聞)
次回期日直前の面談を要請―全国B型肝炎原告団・弁護団(医療介護CBニュース)
東大寺にふすま絵40面奉納=日本画家、5年がかりで制作-奈良(時事通信)
大阪市議補選の内定候補者 橋下知事「アグレッシブ」(産経新聞)
検察、弁護側同意なしの証拠を誤って朗読(読売新聞)
AD