東証1部上場の総合卸売会社「ドウシシャ」(大阪市中央区)が大阪国税局の税務調査を受け、2009年3月期までの4年間で約9000万円の所得隠しを指摘されていたことが16日、分かった。消費税約6000万円の納付漏れもあり、追徴税額は計約1億円。同社は既に修正申告に応じ、全額納付したという。
 同社によると、子会社「ドウシシャ物流」(大阪府泉南市)に支払っている年間約2億円の倉庫料が相場より1割ほど高いと指摘され、差額が子会社への寄付金と判断された。非課税の倉庫土地賃貸料に誤って消費税を上乗せし、同社が納める消費税額が少なくなったという。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕現金ざくざく! 脱税摘発
協力の元コンサル代表に実刑=キヤノン工事脱税
元横綱主治医、1億円所得隠し=架空経費を計上
汚職行為で起訴の弁護士脱税=1億3000万円所得隠し
EXILE事務所が1億超所得隠し=経理処理に仮装・隠ぺい

太陽光促進など重点=規制改革分科会(時事通信)
レトロビル 華麗なる変身 築半世紀、「ホステル」に改修(産経新聞)
橋下新党発足 目指すは「大阪都」(スポーツ報知)
<強制わいせつ容疑>警視庁課長代理を再逮捕 (毎日新聞)
沖縄知事、県内移設反対集会に出席=20日表明-普天間(時事通信)
AD