企業推理小説で知られる作家の清水一行(しみずいっこう)さん(本名・和幸=かずゆき)が15日に死去した。79歳。

 1966年、証券業界の内幕を描いた「小説兜町(しま)」でデビュー。

 新幹線の騒音公害に反対する犯人と、捜査の動きを追ったサスペンス「動脈列島」(74年)で日本推理作家協会賞を受けた。代表作に「虚業集団」「重役室」などがある。

医薬品の安全対策「医療機関が責任を持って対応を」(医療介護CBニュース)
首相動静(3月22日)(時事通信)
がん検診 受診率向上訴える 都内でフォーラム(毎日新聞)
山手線で架線トラブル=運転見合わせ-JR東(時事通信)
橋下府知事、仕分けメンバー入りに意欲(産経新聞)
AD