2015-06-11 08:48:20

腕の違和感

テーマ:施術日誌

「このへん触ると変な感じがするんです」



と初診時訴えられた患者さんが触られたのが、肘と腕の内側。



左の肩甲骨沿いにも、常に違和感がありますとのこと。



この腕の重さはいわば「血流の悪さ」。



腕を流れる血液が流れが悪くなり、腕に滞留してしまって重みが増すともいわれています。



なぜ血流が悪くなるかというと、肩が前に入ることが原因とひとつとして挙げられます。



肩が前に入るというのは腕の前についている胸の筋肉(小胸筋)の収縮が強いということです。



筋肉はずーっと縮んだ状態が続くと面積が大きくなります。



そうなると筋肉の中を通っている血管が圧迫されてしまい、血流の流れが滞ってしまうということです。



ですので、こちらの患者さんも肩を後ろに持って行くように矯正を行うと、



「あ、軽くなりました!」



とおっしゃっていただきました。



肩を前にした姿勢というのは珍しいことではなく、非常の多くの方に見受けられます。



ということはこういった腕の違和感というのも潜在的に皆さん起こりえるということ。



予防として長時間デスクワークが続いた後などは、肩を後ろに回したり、胸を開くストレッチなどで、肩の位置をリセットする習慣をつけていただけたらと思います。







今日も感謝感謝。
















要チェック!!



→明石の朝霧整体院「骨盤スリム矯正」ページ



→明石で「産後の骨盤矯正」をご希望の方






→明石の妊婦様へのトリートメント「マタニティコース」ページ






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

明石の骨盤矯正師 カワサキさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。