事業仕分けでのズケズケした物言いで一躍注目され、8日発足した菅新政権に鳴り物入りで入閣した蓮舫(れんほう)・行政刷新担当相(42)。タレント時代のエピソードから「必殺仕分け人」の強さの源を探った。【井田純】

 「去年会った時に『2人とも、昔よりさらに強くなっちゃったね』と笑い合ったんです」と話すのは、爆笑問題の太田光さんの妻で、芸能プロダクション社長の太田光代さん(45)。太田社長自身もモデル出身の元タレントで、1990年に同じ番組の出演者として出会った。

 蓮舫(本名・村田蓮舫)さんは88年にキャンペーンガールとしてデビューし、芸能界入り。この番組の当時、すでに報道の世界への道を模索していた。「私たちを含む女の子5人が中心のバラエティー番組で、彼女にとっては最後の『水着の仕事』。お互いいつまでもそういう仕事はできないし、と将来のことも語り合った」。太田社長は、ロケ地だった南の島のリゾートで「戦地にも自分で行き、きちんと目で見て伝える仕事がしたい」と話していた蓮舫さんを覚えている。

 女性出演者を代表して局側に要望を伝えてくるのも蓮舫さんだった。プロデューサーだった太田哲夫・テレビ東京制作局長(54)は「女の子たちの食事の不満から、『あの場面はどういう意味があるんですか?』など演出上のことまで。ああ、なるほどと思うこともあり、意見を取り入れたこともあります」と話す。

 この後、蓮舫さんは報道キャスターへ転身。93年に結婚、95年からは中国留学も経験した。太田社長は「女性が強いといろいろ言われるのは私もわかる。『しょせん水着モデル出身』とかね。でも彼女は、勉強もせずにポッと立候補したようなタレント議員とは違う。体力的にもきついだろうから、体を壊さなければいいけど……」と気遣った。

 キャスター時代をよく知るジャーナリストの田原総一朗さん(76)は、民主党から出馬打診を受けた蓮舫さんに相談され、「政治家というのは落選すればそれでおしまい。決断が必要だが、あなたにはふさわしい仕事」と背中を押した。

 「彼女はあの通りズバズバ物を言うから、キャスターとしては強すぎるんだ。テレビの司会っていうのはどこかボケたところがなきゃいけないんで、政治家の方が向いてると思った」と振り返る。

 「世界一になる理由は何があるんでしょうか。2位じゃだめなんでしょうか」。昨年の事業仕分けでは、険しい表情で追及するシーンが流れ、蓮舫事務所に抗議や批判が殺到した。近く刊行される著書の冒頭では「覚悟の上での発言」と記している。タイトルも「一番じゃなきゃダメですか?」(PHP研究所)と、この逸話自体を逆手に取るしたたかさだ。

 「新政権では小沢一郎前幹事長の影響力が低下した。小沢さんの覚えがめでたい方じゃない彼女にとって、思い切り仕事ができるタイミングで適任のポストを得た」。田原さんは、蓮舫大臣の強さにはさらに磨きがかかると見ている。

【関連ニュース】
蓮舫行政刷新相:仕分け第2弾の結果報告15日に
蓮舫担当相:初会見 特別会計は「丁寧に見ていきたい」
蓮舫行政刷新相:白のスーツ姿で初登庁
中国:蓮舫氏の入閣に期待 地元紙「日中交流を促進」
菅首相:蓮舫氏の入閣内定 消費者相検討

<民主党>小沢氏の政倫審出席は応じず 「時間的余裕ない」(毎日新聞)
西都・日向・宮崎の感染疑い牛と豚、すべて陽性(読売新聞)
国会、16日閉幕=与党延長せず、参院選7月11日確定(時事通信)
密航助長 容疑者を逮捕…タイから移送 千葉県警(毎日新聞)
全グループホームに補助拡大=スプリンクラー設置―厚労省など(時事通信)
AD