事業拡大名目で知人から融資金約3800万円をだまし取ったとして詐欺罪に問われ、一審奈良地裁で無罪判決を受けた会社社長の酒井憲雄元大和郡山市議(63)について、奈良地検は6日までに控訴を断念した。控訴期限の7日午前零時に無罪が確定する。
 同地検の徳久正次席検事は「上級庁との協議の結果、一審判決を覆す証拠を見いだすことが困難と判断した」としている。 

年長フリーター防げ!今春高卒、行政が支援(読売新聞)
<バリ邦人殺害>インドネシア人被告に禁固20年(毎日新聞)
嘉手納基地の空軍1等軍曹、酒気帯びで逮捕(読売新聞)
御柱祭 柱から落ち2人死亡 長野・諏訪大社(毎日新聞)
ニューハーフ不正結婚、フィリピン人女に逮捕状(読売新聞)
AD