政府は17日、今国会に提出予定の労働者派遣法改正案をめぐり、与党党首クラスによる基本政策閣僚委員会を首相官邸で開いた。その結果、社民、国民新両党の要求に基づき、派遣先企業が派遣労働者を受け入れる前に行う事前面接の解禁を改正案から削除することで合意した。
 厚生労働省はこの合意内容を、改正案の審議に当たった労働政策審議会(厚労相の諮問機関)の委員らに説明。政府は関係者の理解を得た上で、早期に法案を閣議決定したい考えだ。 

【関連ニュース】
派遣法案めぐり基本政策委=社民、国民新が修正要求
週内にも基本政策閣僚委=派遣法案の調整で
派遣法案、修正は困難=社民などの要求に
国民新党、事前面接に反対=派遣法、社民と共同歩調
基本政策委で派遣法議論を=社民党首

鳩山首相にとってすべては「ゆらぎ」なのか?(産経新聞)
<三笠宮さま>白内障で入院 17日に手術(毎日新聞)
「宇宙科学研究所」の名称、復活へ=4月から、効率化目指す-宇宙機構(時事通信)
<民主>子どもの貧困解決へ 有志が議員の会(毎日新聞)
<脱税>3500万円 容疑で79歳税理士告発 東京国税局(毎日新聞)
AD