オウム真理教による地下鉄サリン事件から20日で丸15年を迎えるのを前に、東京消防庁などは16日午前、東京メトロ半蔵門線大手町駅(千代田区)で、化学兵器テロを想定して大規模な合同訓練をした。
 訓練には同庁の19部隊が出動し、東京メトロなど6組織の113人が参加。同駅改札口付近でビニール袋に入った液体がまかれ、十数人の負傷者が出たと想定した。
 防護服姿の隊員が負傷者搬送をするとともに、地上では回収した液体の成分を測定。負傷者の搬送や治療の優先順位を判断する「トリアージ」も訓練した。
 丸の内消防署の佐野元康署長は「自分の役割を認識し、連携して動いていた。訓練はサリン事件の風化防止にもつながる」と話した。 

公的懸賞金の適用事件・金額の決定方法は?(産経新聞)
小林議員、13日にも参考人聴取=違法献金の認識問う-札幌地検(時事通信)
離党の鳩山邦夫氏「自分が政界再編の接着剤に」(読売新聞)
「朝鮮学校に差つけるな」=高校授業料無償化-福島社民党首(時事通信)
自公両党、31日の党首討論要請へ(産経新聞)
AD