大阪市は17日、大阪府からの権限移譲を求める計35事務を盛り込んだ独自の計画案を作成し、府に提出した。

 移譲促進を目的とするが、「府市再編論」を提唱する橋下知事の発言を疑問視する内容の資料も添付し、“けん制”の狙いもある。

 府は昨年、各市町村への権限移譲を進めて「関西州」を目指すビジョンを示し、移譲の対象事務を公表している。今回の市の案は、府の公表対象に加え、麻薬などの取り締まり指導や、動物病院の開設届、遊泳場の開設許可など8事務を加えて移譲すべきだ、としている。

 また、添付資料の中で、「市の事務を、基礎自治体と広域行政の事務に割り振り、広域行政は府が担う」と唱える橋下知事に対し、「市が担えていることを府が担うのは、分権ではなく集権」「府市再編は、府のビジョンの考え方に逆行する」などと反論している。

<裁判員裁判>「制度は違憲」覚せい剤密輸で控訴の被告主張(毎日新聞)
<茨城空港>開港、第1便飛び立つ 国内98カ所目(毎日新聞)
決算と政投銀融資検証=民主PT、日航問題で初会合(時事通信)
明細書、窓口対応と入金機の併用は「非常に微妙」―厚労省(医療介護CBニュース)
最終列車 「北陸」「能登」に撮り鉄多数 JR西は警戒(毎日新聞)
AD