学生を対象にした合同求人説明会「就職ガイダンス」が25日、広島県福山市のホテルで開かれた。前年までは翌春に大学、短大、専門学校を卒業する見込みの学生が対象だったが、今回は就職先が決まっていない今春卒業予定の学生や既卒者にも門戸を広げ、624人が参加した。

 福山市労政課に事務局を置く福山地方雇用対策協議会(佐藤卓己会長、会員企業296社)の主催。昨年同時期に開いた就職ガイダンスでは97社が参加したが、不況による倒産や採用の絞り込みもあって今回は70社の参加にとどまった。

 学生らは紺や黒のスーツ姿で会場を訪問。各企業の採用担当者に仕事の内容などについて質問するなど、熱心に情報収集していた。

 兵庫県姫路市から訪れた大学3年の三宅恵理子さん(21)は「近畿方面での就職も厳しいし、祖母がいる福山でも就活をと思って参加しました。まだ知らない企業に出合えればいいですね」と話していた。

 就職ガイダンスは4月15日にも同所で行われる。

【関連記事】
宮家への「献上ふく」 調理風景を公開
待ってました! ワカメ“株主”に高配当 鳥取
伊予路に春の足音 松山で「椿まつり」
信長もメダル期待!武者姿で“城主”織田を応援
ボスザル健太ら安らかに 鳥取・湊山公園に供養碑

昨年の大麻検挙者2931人、過去最高 覚醒剤密輸は前年比倍増(産経新聞)
<ひき逃げ容疑>23歳男を逮捕 岐阜・羽島で82歳死亡(毎日新聞)
神戸新聞、デイリースポーツを吸収合併へ(読売新聞)
山下棋聖が勝ち、1勝3敗に…棋聖戦第4局(読売新聞)
山本病院事件で急死した医師、逮捕時から不調 前日に急性腎不全(産経新聞)
AD