31日午前6時ごろ、東海道新幹線の新横浜-小田原間で信号系統にトラブルがあり、同区間の上下で約30分間運転を見合わせた。午前7時16分に通常運転を再開したが、上下14本が最大で76分遅れ、約3800人に影響が出た。

 JR東海によると、下り始発「ひかり493号」が午前6時に新横浜を出た直後、前方に列車がないのに信号機が停止信号を示したという。神奈川県平塚市の平塚変電所内の電源装置に異常があったといい、同社で詳しい原因を調べている。

 東海道新幹線では29日に品川-小田原間で下りの架線が切れ、約3時間半にわたって停電するトラブルがあったばかりだが、関連は不明という。

【関連ニュース】
東海道新幹線:架線切れ3時間20分不通…影響15万人
新幹線:目の不自由な男性が転落し重傷 岐阜羽島駅ホーム
東海道新幹線:雪で147本が遅れ
ボンネット型車両:昭和の特急の顔、3月で姿消す
Uターンラッシュ:見送りの人々で混雑…JR名古屋駅

【視点】首相施政方針演説 軽い言葉 見えぬ信頼(産経新聞)
<長崎平和研究所>最後の総会 被爆者の高齢化で存続断念(毎日新聞)
上田容疑者、交際相手10人から借金重ね1000万円(スポーツ報知)
篠山紀信氏を公然わいせつ容疑で書類送検(読売新聞)
首相動静(1月30日)(時事通信)
AD