三幸製菓は今年で40周年!
バケツ稲を育て、収穫したお米でぱりんこ(おせんべい)を作って食べよう!という企画に参加しています。
スタート会の様子→こちら

今年のゴールデンウイークは暦通りに仕事も休みだし、地元のお祭り以外どこへも行かないし…とスタートに選び準備しました。



5月1日
お皿に種もみ、種もみに浸るくらいのお水。
2~3日で発芽します。
白い根が見えたら植え時です。


5月3日
種まき。
土は100円均一の花と野菜の土を4袋用意しました。
本当は田んぼ用があればよかったのですが…。
もともと栄養が入っている土なので肥料は入れません。

土を天日で乾かします。
土に住んでいる菌が活気づき、稲の生長を応援してくれます。


天日干しした土は水と混ぜて泥水に。
これは子どもが手伝うと楽しいよね♪


深さ6~7㎜(種もみ二つ分ほど)指で押して、種もみを置き、土をかぶせます。
種もみは、すずめなどがつっついて食べてしまうので、網などでガードします。



5月7日
寒い日が少しあったので、失敗したかも?と思っていた矢先に芽が出てきました。


5月15日
心配をよそにほかの芽も出てきました。


5月20日
日増しに何センチも伸びる稲。
生長が早い日は朝見た時と、夕方見た時と5㎝くらい伸びていてびっくりしました。
今のところ失敗はしていないと安心です。

次はバケツ稲で大切な作業、苗の移し替え。
苗を移し替えることで、茎が増えてくるそうです(分けつといいます)。

三幸製菓 ぱりんこ40周年ファンサイト参加中

「ブロぐるめ!」ランキング参加中! にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング
↑ランキング参加中!このブログが気に入った方、参考になった方はクリック!