「カミングアウトは無用!」の

     日本初トランスジェンダー着付け師結月美妃でございます。

     人生がちょっと面白くなるお話、満載ですよ~!


     結美堂メンバーズクラブ “日本美人会”

            会員登録受付中!

 “銀座に着物女性が1000人集まる”プロジェクトやってます!

              参加者、大募集中!


       貴女が今よりも美しく、そしてエレガントに~   
          
        結月美妃の“あれアレこれコレ”-日本美人会カード

    “日本美人会”では、皆様がもっとキレイ!になれるための

    イベントを企画!


    会費は無料ですので、ぜひご参加下さい!

   

    会員の方には、会員特典の他、

    お財布に入れておくと、金運がアップ!

    アール・デコ調メンバーズカードを差し上げています!


    ご入会希望の方は、結美堂問い合わせフォーム  にて、

    お申し込み下さい。

    
    会員様には、結月美妃より元気になる「愛のメルマガ」が届きます。

           結月美妃の“あれアレこれコレ”-ライン  

            

            電子書籍が出版されました!   

       着物美女(元男性)が教える

        男が女に絶対言わないホンネ』 

                結月美妃 著 

             (ユナイテッドブックス)


    恋人や職場の男性の、あの行動に隠された真意、あの言葉に

    隠されたホンネがまるわかり!

    

         $結月美妃の“あれアレこれコレ”


       男のホンネを知ることで、恋愛、男性との付き合いが

       今よりきっとうまくいく!

       男の生態&女性の気持ちを知る虎の巻として活用ください!

       *iPhone iPad iPod もしくは、アンドロイドOSで

         ご覧下さい!

      
           結月美妃の“あれアレこれコレ”-ライン

     結月美妃の“お悩み相談&カウンセリング”
              <女性限定>

   恋愛、結婚、夫婦関係、仕事、セックスの悩み、その他諸々、

   森羅万象のお悩みを受け付けております。

   「ああ・・・もう駄目・・・」

   と、そう思ったとき、たったひとりで悩まず、ご相談してみて下さい。

   考え方をちょっと変えてみるだけで、楽になるものですよ。


$結月美妃の“あれアレこれコレ”

  
     ・完全予約制(随時受付。結美堂のメールアドレス

      お申し込み下さい(お名前、ご住所、お電話番号、

      ご相談内容を必ずご記載下さい)。
      お申し込み後、ご相談日時を調整致します。


     ・時間:11時~22時お仕事帰りでもお立ち寄り下さい)
     ・料金 :3000円(30分) 5000円(60分
     ・女性のみの受付です。


            結月美妃の“あれアレこれコレ”-ライン

                   日本美人会 

     篠崎史紀のモーツァルト6大交響曲演奏会

               マロオケ・東京初公演!


          場所:サントリーホール

          日時:2016年5月5日(水・祝)

          曲目:モーツァルト/交響曲第25番、第36番、第38番

                           第39番、第40番、第41番


          大感動で終了致しました! 次回はベートーヴェン!?


            結月美妃の“あれアレこれコレ”-ライン

               

            結月美妃の“あれアレこれコレ”-ライン

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-03-22 12:51:17

猫への愛 人間への義務

テーマ:ブログ

 結月でございます。

 

 谷崎潤一郎は、「猫のような顔の女が好きだ」みたいなことを言っていて、わたしも同じ。

 

 猫が好きだから猫顔の女のひとが好きなのか、猫顔の女のひとが好きだから猫が好きなのかどちらが先かわからないけれど、おそらくは順番なんてなく、要するに猫そのものが好きなのだと思う。

 

 猫のような顔の女と猫のような女とでは、外見と中身の違いだから一致しない。

 

 しかしながら、顔が猫でなくても、中身が猫っぽいと好感が持てるのは、わたしがだらしないのが好きなのであって、身勝手で、自由なのがいいから。

 

 それはそうと。

 

 猫にはいろいろな種類があって、どれも可愛い。猫のどこが可愛いかと言えば、耳だと思う。

 

 確か内田百閒も耳が可愛いと言っていた気がする。

 

 いつも自宅を出るとき、うちの猫たちはわたしのほうじっと見ている。みんな、耳がピンとしていて、それが可愛らしい。

 

 しかし、垂れ耳の猫の種類がいて、それも人気があるらしい。種類の名は知らない。

 

 その猫もしぐさは猫だからいいけれど、耳に注目しているわたしとしてはちょっと物足りない気がする。

 

 耳が垂れていると、ちゃんと話を聞いてくれるのかな? とも思う。

 

 でも、飼ってみると、きっと可愛いのだろう。それが猫というものだから。

 

 今朝、猫たちの歯磨きをしてやる。毎日してやるのがいいのに、朝バタバタしていると忘れてしまったり、バタバタしていなくとも今度は猫たちとダラダラしていたら忘れてしまったりする。

 

 そして、キャットフードはプレミアムである「ロイヤルカナン」で今は通していて、昨日、その「インドア」という定番タイプの10キロをアマゾンに発注した。

 

 ロイヤルカナンにはいろいろな種類が出されていて、尿道結石を防ぐものはマストとして必ず用意していて、もう一種類は味が飽きないように種類を変えている。

 

 今度はどれにしようかとアマゾンの画面を見ながら、およそ30分くらいは悩んでいる。

 

 前回がダイエットタイプだったので、今回は「インドア」にした。

 

 自分が食べるものはテキトーでいい加減なものしか普段は食べない。家ではサントリートリスで作るスパイシーハイボールがあればよろしく、食べるものはテキトーで満足しているから。

 

 それも家では食卓に猫たちが目の前にいるからであって、そのコンディションでの食事が心地よくて、食べるものはこだわらない。

 

 昨日はスーパーでカツオのタタキが半額になっていたので、それを2パック買い、猫と一緒に食べた。

 

 とりわけカツオが食べたかったわけでなく、カツオを買って帰ったら猫たちが喜ぶだろうと思って買った。

 

 自然にこれは愛なんだろうね。

 

 自分のことは何も考えずに、その対象のことを考える。

 

 人間にも同じように愛でもって接すればいいのに、人間は打算があるからどうしても自然な愛が湧きにくい。

 

 猫は打算がないのがいい。猫は見返りをしようとも思っていないのがいい。

 

 人間同士は愛で行動しにくから、義務っていうものが出てくるんでしょうね。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-03-21 14:44:12

歌舞伎とパスポート

テーマ:ブログ

結月です。

 
昨日は歌舞伎座へ。
 
海老蔵の助六がメインだった。
 
わたしは歌舞伎は全然詳しくはなく、あまり興味もないので、誘われないと見ないから、誘われると行くようにしている。
 
歌舞伎素人のわたしは初めて海老蔵を見て、正直なところ、
 
「なんだ、こんなものなのか…」
 
と、要はとりわけスゲーと興奮する独特の感激みたいなものがなかった。
 
登場したときは、やっぱスターの華はあるなと思ったけれど、凄みというか、怪奇的な怖さというか、妖気漂う変態さとか、そういうものが感じられなくて、なんとなく軽い感じがした。
 
奥行きのなさというか、近くで見たら顔は凄いんだろうけど、イニシャルD的に言えば、
 
「ゾクゾクするぜ」
 
という制限速度ナシのドリフト感がなかった。
 
自動車でいうと、これまたわたしは歌舞伎同様若葉マークだけど、海老蔵はスポーツカーには違いないけど、ポルシェでなく、マツダのロードスターじゃん、という印象だった。
 
何度か観た猿之助は素人のわたしもその凄みと妖怪さにスゲーと思った。素人なりに得られる凄みってあるに違いないのに、昨日の海老蔵にはわたしは感じなかった。
 
もちろん演目が違うと言われるかもしれないが、助六は大きな芝居だし、それで凄さが伝わらないんじゃ、どうなんだろ?
 
歌舞伎は玄人がうるさそうな世界だけど、素人のわたしはともかくそのように感じた。
 
海老蔵はその品行の悪さが話題になる。それは役者であれば、全く構わないとわたしは思う。しかし、舞台の上で強烈な凄みはないといけない。
 
それは演目やキャラクターによって様々であり、一様でない。ただ、凄みという本質はどこにでも宿ることができる。
 
もしかして海老蔵は世間で思われているほどのキャラでなく、実は気が小さくて、繊細すぎて、ひとには言えぬ何かのコンプレックスを抱いていて、弱い人間なのではないか?
 
それが虚勢となって海老蔵のキャラクターができあがっているのではないか?
 
素人なりにそんなことを思ったわけで、しかし、歌舞伎の常連はおそらくは役者へのシンパシーで芝居を観るから、わたしの印象とは異なるかもしれない。
 
まあ、それも歌舞伎の常連にはならないであろうわたしには関係のないことで、素人なりに海老蔵がそのように見えたというお話。
 
でも、海老蔵が登場して声を出した瞬間、歌舞伎がいきなり現代劇みたいに感じちゃったんだよね、わたしは。
 
さて、今日はパスポートの申請に来ていて、有楽町の交通会館にいる。
 
雨だから空いているかと狙ったが、それでもひとは多い。
 
来月に中国へ行くかもしれないから、パスポートが切れっぱなしではいけないと思ったわけで、とりあえずはまた海外へ行ける。
 
もともと日本に留まるような性格でないのに外国にこのところ全く行っていないのは、銀座に店があるのと、猫が家にいるから。
 
責任を背負うと、自由にはなれないものだよね。
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-20 11:37:35

熟睡して猫に蒲団を取られる。

テーマ:ブログ

 結月でございます。

 

 昨日は、結美堂キモノガールズを連れて、伊勢丹のサロン・ド・シマジへ。

 

 極上のチョコを食べたあと、松屋銀座に立ち寄り、豚まんを買って結美堂で食べた。

 

 当初は宅配ピザでピザ会にしようと思ったけれど、お腹が空いていてデリバリーを待つ時間が煩わしかったので、松屋銀座にした。

 

 とりわけ疲れたわけでないのに眠たくなってしまって、みんなが帰ったあと、わたしは猫たちが待つ自宅に帰るため地下鉄に乗ったら、さらに眠たくなってしまった。

 

 基本、電車の中では眠らないわたしも我慢できなくて最寄り駅の三つ前の駅からうたた寝をした。

 

 電車の中で、大勢のひとがいるところで寝顔をさらけ出すなんてダサいと思うし、みっともないと思うから寝ないわけで、自分の寝顔をさらすのはよほど気を許した女のひとの前か、猫に対してか、もしくは国際線の飛行機の中くらいかな。

 

 猫とはいつも一緒に寝ているから、寝顔も何もないね。

 

 ともかく、家に着いたら眠たくて、すぐに布団に入った。そのまま熟睡していて、途中でちょっと寒いと感じて目が覚めたら、猫たちがわたしと平行に縦に三匹並んで寝ていて、その重みで布団がなくなっていたのだとわかった。

 

 掛け布団を「エイヤッ!」と引っ張ってみても蒲団は動かない。猫の体重が一匹当たり平均4㎏とすると、三匹分で12㎏強だからなかなか重い。

 

 これではこちらが風邪をひくので、思い切り引っ張ったら、寝ていた猫たちがコロリンと転がった。それで目が覚めたのか、マオミィがのそのそとやってきて、わたしの首に横たわると耳をチュパチュパと吸い出した。

 

 それでもまだ眠たかったので、マオミィに耳を吸わせながらそのまま再び眠り、次に起きたときはラッキーは顔にべったりとくっつくようにして寝ていた。

 

 ラッキーの体に頬を押し付けると、そのふわふわの毛の先にトクトクと小さな心臓の音がした。

 

 ラッキーも生きている。

 

 猫たちを寝ると気持ちがいいのは、その生命に囲まれているからかもしれない。

 

 ところがこれが人間だと、どうしても人間は素直じゃないから、その邪気みたいなものに純朴な生命が隠されてしまっていて、あまり心地よくない。

 

 さて。

 

 今日は歌舞伎座に歌舞伎を観に行く。海老蔵が出るみたい。海老蔵は見るのは初めてかな。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。