目次はこちら。


しかし、今日も暑かったですねぇ~
今日でお盆休みも終わり。。
後は今年、後半戦ですね・・・



さて、今年3月、
渋谷はBunkamura、オーチャードホールで
「Floor Play」
というダンスエンターテイメントショーを見ましたアップ
ご覧になった方もいらっしゃるかと思います。。
Floor Play公式HP



2ブロック?程歩けば、すぐ渋谷道頓堀劇場へ行けるのですが・・・
その頃はまだ、ストリップというものは、全く頭の中になく・・・(^-^)/


イケメンの外人ダンサー、プリティ~な女性ダンサーが
美しくも官能的、そしてノリノリでステキなダンスを披露し、
あっと言う間の2時間でした。。チョキ


---------------
話はストリップに戻って・・・

私はまだ、両手の指で数えられる程度しか
見に行ったことはありませんが、汗
「ダンスはそんなに上手くなくてもよいのでは・・・」
と思うようになりました。。
(もちろん、上手ければうまいに越したことはないのですが・・・)



前半2曲程、ダンスが披露されます。
どうして、このような形式になったのかは分かりませんが(時間の関係?)、
およそ、今このような形で落ち着いているようなので、
何か合理的な理由があるのでしょう。。
リズムにノッテ、楽しく踊れていれば、音譜
めちゃめちゃ上手くなくても、よいかな~と感じています。



ダンスそのものを見たければ、
きっと、ダンスのショーを見に行く訳ですし。
チョキ




ただ、美しい動きやポーズを追及していくと・・・
骨格や骨盤の動き
筋肉(特に身体内部のあまり使わない筋肉)の動き
ボディーアイソレーション


などなど、ダンスの技術そのもの。
やっぱり、ダンスとストリップは密接な関係が!?
と感じました。。。
追及すると、必然的にダンスは
上手くなっていくのかなぁ・・・

と思っています。



まぁ、お客さんが求めるのもそれぞれ・・・
若い女性が楽しそうに踊ってるのを見て、
それで楽しめる方もいらっしゃると思いますし。



私は、
ポーズやダンス中に放出している
雰囲気や心意気。
グー
を感じたいタイプなのかもしれません。。



ダンスとストリップ、奥深し。。ヒミツ


AD

コメント(8)