目次はこちら。


7月に初めてストリップなるものに行って、一ヶ月。
調べたりなんやりしましたが、知らないことばかりです。


と、
ここで職業としてのストリップ
ストリップ=ストリッパー=ストリップアーティスト
について考えてみたいと思います!!



私もつい一ヶ月前、見るまでは何か
”イカガワシイモノ”
と思っていました。ドクロ
で、見て考えが変り、このblogを書くに至った訳ですが・・・



世に言う、身体を売り物にしている商売、風俗。
と、一線を画していると思うのは、


・不特定多数のお客に対して自己の表現が行えること。
・性的なサービスは(基本的に)行われないこと。





AV女優も、あれは、演技といえば、演技なんですが・・・
「美」という観点で見ることはできません。私は。ダウン



話は変りますが、
米人気ドラマ24では、かなりエグい「拷問」シーンがありました。
拷問の基本は「まず、裸にすること」だそうで。


着ている服というのは、
イメージしている自分。
なりたい自分。
を反映している訳で。



ある集団を
刑務官の服を着るグループ
囚人の服を着るグループ
に分けて、どのような行動をとるか検証する実験の記事を見たことがある方もいるかと思います。

着てる服に合った行動、性格になるらしいですね
スーツを着ているとビジネスマンらしくなり、
白衣をきていると、医者や看護師らしくなり、
メイド服を着ているとメイドらしくなり?
着ている服が、そう見せていて、それが大事。




さて、踊り子さんは、裸。
あるがままの、姿。

服を身に纏わない替わりに、
今までの生き様、内面、思いを纏って。

それが踊りに、にじみ出てきているように思います。
というか、にじみ出ずにはいられない、と思います。



なんとも言い難い感動を与えてくれる踊り子さんからは、
内面的な何かを感じたから、なのだと思っています。
そんな踊り子さんは、ストリップアーティスト!
心より賛辞を送らずにはいられません。


女性の方にも、ぜひ、見に行ってもらいたいものです。
AD