キャンサー・フリー

テーマ:

コメントをしてくれたみんな、お返事してなくてごめんなさい!キャンサー・フリーと結果が出てから、遊んだりお祝いしたりで浮かれポンチしてました。みんな応援ありがとう!実は今でも信じられない気持ちです。あれだけ予後が悪いだろうと言われていたので、なんだかミラクルのような気がします。Oncologistにも、”はっきり言って予想以外の結果”と言われました!!


腫瘍の大きさからして、少しはがんが胸やリンパに残るとOncologistは確信していたそうで、手術後の抗がん剤は絶対と言われていたんですが、予想以外の結果で、抗がん剤はもうしない事になりましたにひひ。嬉しい!!!これからの治療は、ハーセプチンを3週間ごとにあと6ヶ月、数週間後に放射線治療スタート、そしてホルモン治療(Tamoxifen)を5年間との事。


抗がん剤治療で生理が止まってしまったこと、ホルモン治療を5年間すること、そしてもし妊娠できても妊娠で再発の可能性があることで、子供を作るのはあきらめてくださいと言われて少しショックだったけど、生きていけるため、そして再発を防ぐためだったら、しょうがないよねと納得しています。養子をもらうこともアメリカでは出来るから、ママになれるチャンスはある。今はとにかく自分が健康で居る事が一番だと思っています。


はじめは再発の心配が頭から離れなかったんだけど、今は心配しても始まらないよなぁと考えないようにしてます。私、もしかしたら長生きできるかも、なんて自信まで取り戻してたりして。



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村

AD

病理検査の結果

テーマ:

アグレッシブで予後の悪そうな炎症性乳がんと診断され、腫瘍は5センチ以上だった私のがん。今日手術後の病理検査の結果が出る予定だったので、ポジティブに考えようとしていたものの、最悪な結果が出てもいいように心の用意もしていました。彼も一緒に来てくれて手術医のオフィスに行ってきた。


手術医は鼻毛ぼうぼうの面白いおっさんなんだけど、ポーカーフェイスで、はじめは病理検査のことは全く口にせず、とにかく手術をした右胸の様子を見たりドレインを抜いたり。とにかく検査結果を、彼も私も、もうどきどきで待ってる状態だっつーのにあせるそしてやっと病理検査の結果報告書の説明に入った。先生から最初に出た言葉は”一番最高の結果が出ました”。なんと、取った胸にがん細胞は見つからず(Scar TTissuesだけ=がん細胞が全部死んでいた)、20個も取ったリンパ節にもがん細胞が見つからなかったとのこと!!ということは、これまで6ヶ月間にわたってやってきた抗がん剤治療は効いていたのですビックリマーク嬉しい~!!!これってキャンサー・フリーでございます!


明日Onoclogyの先生のところに行ってこれからの治療について話してくるのですが、放射線治療は絶対だけど、抗がん剤はもしややらなくてもOKかもはてなマークとにかく嬉しいの一言です。


良ければよろしくお願いします♪↓


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村
AD

手術無事に終わりました!

テーマ:

手術、無事に終えて家で休養してます。良かったニコニコ。応援してくれた方々、ありがとうございました。


手術自体はスムースだったのですが、手術前の待ち時間にいらいら。というのも、手術は11時からという予定で、9時に病院にいって登録。10時頃には手術前のShortStayの部屋に入り、着替えやIVの準備で一時間程。やっとベッドに横たわってORに行く準備が出来て、看護婦さんには“すぐにPre-Operation室に行きますよ”と言われて、どきどき。でもでも、待っても待っても誰も来ないシラー


手術なんてのは時間ちょうどに始まるもんじゃないしネェなんて彼と話しながら待っていたのだか、後から部屋に来ていた患者さんたちがどんどん先に呼ばれてて、私だけ居残り。なんかおかしいなぁなんて思っているうちに2時間経過。あまりにも待ち時間が長すぎるので、忙しくしてる看護婦さんを捕まえて調べてもらうと、なんと胆のう手術の患者さん達を先に手術する事になり、私の手術は午後になっていたのだビックリマーク何かの間違いでメッセージが伝わってなくてごめんなさいね~だってさ。こっちはすぐにPre-Opに行きますよ~ってどきどきして待っていたって言うのに。結局朝の9時から6時間後の3時頃に手術スタート。2時間ぐらいの手術だったそうです。オペレーション室に連れて行かれて、それから気がついたらリカバリー室にいました。


リカバリールームで2時間ほど過ごした後、プライベートルームへ。そこで彼とお友達が待っていてくれてました。モルヒネでハイになっていてあまり覚えていないのですが、しっかり日本に居る家族やお友達数人に電話報告してました。夜中も数時間ごとに看護婦さんが来て痛み止めを打ってくれたので、ほとんど痛みは感じなくて、次の日にはさっさと退院。


今もそんなに痛みは感じないです。でも、へんなかゆい感覚がある。なくなってしまった右の胸がかゆいんだけど、かく所がないはてなマークいらいらします。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村

AD