斉藤祐也オフィシャルブログ Powered by Ameba

ラグビー元日本代表選手。東京高からラグビーを始め、明大に入学。卒業後はサントリー、コロミエ(仏)、神戸製鋼、豊田自動織機でプレー。日本代表は通算14キャップ。2003年W杯代表。2011年、引退。2013年、株式会社Ychante,株式会社コーディネーション・アカデミー設立。


テーマ:
8月20日フランスリーグ「TOP14」が開幕しました。

開幕戦、昨シーズン王者ラシン92とボルドー・ベグル(昨シーズン7位)の一戦を解説させていただきました。



フランスリーグ「TOP14」は、2005年に発足され、14チームでホーム&アウェイ方式による総当り戦を行い、上位6チームのプレーオフによって順位が決定します。
最低でも26試合行われ、シーズンは8月から翌年6月までの長丁場。
決勝戦は10万人の観客を集めるほどの、世界で最も成功しているプロリーグです。

そして、今年はなんといっても五郎丸選手がビッククラブ「トゥーロン」に移籍したことが注目されます。
南アのハバナやNZのノヌー、AUSマットギタウなど世界のトッププレーヤーが在籍するビッククラブに移籍したことは本当に凄いこと。
今はケガで出遅れているけど、長いシーズンなので、フィジカル、メンタルをしっかり準備して焦らずデビューしてほしい。

さて、ラシンvsボルドーの一戦は、昨シーズンの王者ラシンが15-6で敗れ、初戦から番狂わせ。
ラシンは、今年6月にシーズンを終えたばかり、コンディションを考えると少し厳しいかと思われたけど、、、
ボルドーは序盤から積極的にボールを回し、高いポゼッションから勝利をもぎ取りました。
ノートライでPGのみのゲームでしたが、攻守の切り替えが早く、アグレッシブで面白いゲームでした。

ラシン92も各ポジションに各国代表クラスが揃うビッククラブ。
そして昨季移籍したNZ代表のダンカーターは世界ラグビー市場、年俸歴代1位の2億5千万と言われています。
パフォーマンスは随所にビックプレーを魅せ圧巻でした。攻防の中で一瞬の判断力に優れ、ボルドーがビックゲインをし、繋がれたらトライになるというところで、タックルしてボールを奪う。
また、ブーイングの中でも難しい角度からPGを決めるなど、勝利こそならなかったけど、長いシーズンを考えると、やはり今年も上位に絡むチームだと思いました。

ボルドーは、2006年に新たにチームが発足し、10周年を迎える(ボルドー地区のクラブの合併による)。
この日、ホームで行われ、当然観客のほとんどがボルドーの応援。
ダンカーターにあれだけのブーイングは、ここでしか見られない。。。
昔フランスリーグでプレーしたことを思い出し、アウェイではほどんど勝てなかった。レフリングもホーム側に流されてしまうほど、スタジアムの熱が伝わりました。
ペルピニャンだったかな、客席とグランドの境に金網が張ってあった。。。
アウェイで勝つことの難しさを肌で感じました。

世界のトップ選手が集まるフランスリーグも是非、注目してください!
WOWOWにて年間57試合放送されます!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
斉藤祐也さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
先日、企業様向けの親子タッチラグビー体験会を開催させていただきました。

ラグビーボールに「慣れる」、ボールを持って「走る」ことを目的に様々なゲームを楽しみました。



親子で一緒にゲームを楽しんだり、兄弟で勝負するなど、子どもたちの真剣な眼差しが眩しかったです。





参加してくれた5歳児は、初めてラグビーボールに触れましたが、相手を抜くランプレーやステップワークに優れ、どんどん人を抜いていく姿に周りは圧倒されました。

子どもの成長には、様々な競技を「知る」「体験」するきっかけ作りが大事です。
また、小学生まではひとつの競技に特化した動きだけでなく、色々な動きを取り入れることが一つの競技に特化した場合に役立ちます。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
斉藤祐也さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
リオデジャネイロオリンピックより採用された7人制ラグビー。

日本代表は予選で強豪国ニュージーランドを破り、イギリスに惜敗。個人的には、身体能力の高いケニアを警戒していたが、圧勝し見事決勝トーナメントへ進出した。

準々決勝では、フランスに逆転勝利し、準決勝ではセブンズ王者のフィジー。
現役の頃に戦ったフィジアンマジックは健在で、ブレイクダウンがなく多彩なパススキルとテクニックに翻弄され敗戦。

勝機を見出すには、ボールをキープし続けフィジーにアタックの機会をなくすことだったが、キックオフのプレッシャーから厳しい戦いを強いられた。

セブンズは、スペースにアタックすることが大前提にあり、前の空間ばかりを意識するものではない。
後方の空間(ボールを下げること)を利用し、ムーブ(動き)を増やし、ディフェンスを翻弄しなければならない。
それにはスピードの緩急とステップワーク、連携なくしてボールキープは難しい。
尚且つ7分ハーフという時間も踏まえて、ゲームマネジメントしなければならない。

日本代表は1戦目のニュージーランドを皮切りに、一戦一戦セブンズゲームのレベルアップを図っていった。
ブレイクダウンを減らし、多彩なムーブと「間」を駆使し、ディフェンスの穴をアタックし続け幾度もトライを奪うことができた。

持論としてセブンズのキーは「時間」である。これは、試合時間の7分ハーフということだけでなく、アタック時の間合いのことを言い、ディフェンスとの距離を利用し、スペースのある中で、ムーブを入れながら、ディフェンスに的を絞らせないようにすることである。
そのためには、個のキープ力が必要でスキル&テクニックを駆使し、チャンス時に仕掛けることである。
時間が止まったような感覚は、ディフェンスは何をしてくるのか動きが止まり、一歩が遅れる場合がある。
フィジーのようなボールがポンポン跳ねるようなアタックはリスキーであるが、日本人の強みである運動量の高さで、走る距離と多彩なムーブで間を作ることが重要である。

今回のベスト4という快挙は、昨年のワールドカップで魅せた大躍進を思い出す。
セブンズメンバーもフィジカルの強化を重要視し、ボールキープ力を上げていった。
結果、昨年と同様に世界を驚かす存在となったのだ。4年後のオリンピックは東京で開催される。
そこで結果を出すには、セブンズに特化した選手を育てることが重要だと思う。
走る切るスピード選手やセブンズ特有のキープ力の高い選手などスペシャリストを作らなければならない。

今から4年後が楽しみ。
しばらく寝ない日々が続いたが、心地よい。

さて、今大会前後に取材を受けさせていただきましたのでご覧ください。

スポーツナビ①

スポーツナビ②





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
斉藤祐也さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み