普段から気をつけているつもりでも、
有効期限が間近の優待券が大量に残ったりするものです。

 

やはり使わないと何かもったいない。
一体どうすればいいでしょうか。

 

経験上、とても有効なのは、これらです。
1. 居酒屋系、食事系の優待券は「持ち帰り」で消費する
2. 優待券と引き換え送付があるものは、それを使う
3. 親類・友人に会合で配る


居酒屋系、食事系の場合は、
一度に全部の優待額まで使い切れず、
多少残ってしまうことがよくあります。

 

そんな時は、持ち帰り可能な品物を注文するのです。
ドリンク類、特にお酒ですね。ボトルごと持ち帰ります。

 

店員さんに持ち帰ることを伝えておけば、
持ち帰り用としてちゃんと用意してくれます。

 

そこまで金額が大きくない場合は、
レジ近くにある商品と一緒に会計を済ませましょう。

 

よくあるのは、ポテトチップス、ガム、クッキーなど。
店舗によっては、そばやレトルトカレーなんかもあります。

 

以前に、漫画喫茶系でたくさん余った時には、
熱さまシートを大量に持ち帰ったこともあります(笑)。

 

 

これは優待券でおつりがでない時に
端数の金額を使い切るための
チョイワザでもあるんですけどね。


次に、優待券と引き換え送付がある優待は
それを使っちゃいましょう。

 

引き換え用の袋を保存していたら、
それをそのまま使えばOKですね。

 

裏ワザ的には、新しい有効期限の優待を送付してた時に
その引き換え用の袋に、期限ぎりぎりの優待を入れて
送付するのです。

 

ジェイグループとワタミでそうしたことがあります。
何の問題もなく、引き換えてもらいました。


そして最後に、どう考えても使い切れない時には
親類・友人に会合で配りましょう。

 

有効期限ぎりぎりだと、
金券ショップでは買い取ってもらえないか
安く叩かれます。

 

親類・友人ならば、期限ぎりぎりでも
とてもありがたくもらってくれます。

 

別にお返しを期待するわけではなく、
「人に喜んでもらえた」というのは、
とても気持ちのいいものですよ。
 

--

◎今日の記事は少しでも「イイネ!」と思える場合には、
クリックいただけると大変はげみになります↓↓

 

 


『夕凪所長の株主優待最新ニュース』では、
ブログよりももっと多くの、ためになる株主優待情報を
毎日配信しています。

↓よろしければ、チェックしてみてください。 
メールマガジン『夕凪所長の株主優待最新ニュース』


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ご注意】本ブログ記事は、細心の注意を払い作成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、ご自身の判断でお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

 

AD