SKE48を「遠方」から観察する日記

SKE48をこよなく愛する、高木由麻奈推しが書くブログ。

ファン同士で熱くかたったり、現場レポを共有したり、そんな場になると嬉しいです。
SKEに関する話であれば、読者間でのコメント欄の使用はOK、私への遠慮や了解等は不要。
リンクフリー、毎週木曜更新。

NEW !
テーマ:



今週は、まぁたんと大脇の卒業公演が全てでしょう。

二人ともとてももったいないですが、ぜひ幸せになってほしいし、大脇は今後もどこかで見かける可能性もありそうなので、その展開に期待したいですね。

玲奈の生誕祭やSの女性限定公演、圧倒的な盛り上がりのアップカミング公演を含め、わりと豊作な1週間でしたね。








7月25日(金)チームE「手をつなぎながら」公演(18:30開演)

出演メンバー:

磯原杏華・市野成美・岩永亞美・梅本まどか・大脇有紗・加藤るみ・木本花音・小石公美子・小林亜実・斉藤真木子・酒井萌衣・佐藤すみれ・高寺沙菜・福士奈央・竹内彩姫・野口由芽

全体曲:

松井玲奈→斉藤→高寺、柴田→小林→野口、須田→加藤るみ→竹内彩姫、谷→福士

マンゴーNO2の歌いだし:大脇
innnocensのみ:谷→小林→福士、柴田→野口

ユニット曲:

Glory days:市野、木本、加藤るみ
(バックダンサー):鎌田、青木、後藤真由子、犬塚、佐々木、荻野
この胸のバーコード:大脇、松井玲奈→梅本、磯原
ウィンブルドンへ連れて行って:柴田→岩永→高寺、小石
雨のピアニスト:谷→小林、須田→磯原、斉藤
チョコの行方:酒井、佐藤すみれ、小林→福士、梅本








磯原の雨ピが面白かったですね。

あとちょっと前から突然始めた、市野と小石の「くみなる」のコンビ芸が、なんか面白いです、2代目Eではほぼ埋もれていた市野だけに、あいかわらずモバメが楽しい市野だけに、これが何かのきっかけになるといいですな。










7月26日(土)チームS「制服の芽」公演(13:00開演)
7月26日(土)チームS「制服の芽」公演(17:00開演)


出演メンバー:

東李苑・大矢真那・北川綾巴・後藤理沙子・佐藤実絵子・竹内舞・都築里佳・二村春香・松本慈子・宮前杏実・矢方美紀・山内鈴蘭・青木詩織・井田玲音名・竹内彩姫・野口由芽






見てません、夜は女性限定公演だったようですね。







7月27日(日)チームE「手をつなぎながら」公演(13:00開演)

出演メンバー:

磯原杏華・市野成美・岩永亞美・大脇有紗・加藤るみ・小石公美子・小林亜実・斉藤真木子・佐藤すみれ・柴田阿弥・須田亜香里・高寺沙菜・谷真理佳・福士奈央・松井玲奈・井田玲音名

全体曲:

木本→磯原→福士、梅本→高寺、酒井→井田

マンゴーNO2の歌いだし:須田
innoceseのみ:木本→柴田→井田、酒井→福士

ユニット曲:

Glory days:市野、木本→斉藤、加藤るみ
(バックダンサー):犬塚、後藤真由子、鎌田、青木、佐々木、荻野
チョコの行方:酒井→福士、佐藤すみれ、小林、梅本→高寺









7月27日(日)チームE「手をつなぎながら」公演(17:00開演)


出演メンバー:

磯原杏華・市野成美・岩永亞美・大脇有紗・加藤るみ・木本花音・小石公美子・小林亜実・斉藤真木子・酒井萌衣・佐藤すみれ・柴田阿弥・須田亜香里・高寺沙菜・谷真理佳・松井玲奈

全体曲:


梅本→高寺

マンゴーNO2の歌いだし:柴田

ユニット曲:

(バックダンサー):犬塚、後藤真由子、鎌田、青木、佐々木、荻野
チョコの行方:酒井→福士、佐藤すみれ、小林、梅本→高寺







玲奈の生誕祭ということで、まぁW松井の生誕祭はいつも超偏ったコールなのでいつものこととして、驚いたのが珠理奈が登場&手紙を読んだことですね。

えごなるもそうですが、この二人の出会いって運命だと思うし、その奇跡のストーリーをもっと運営は上手に使うべきなのに、別チームにして非常に残念なことになっているだけに、嬉しかったです。

相変らず、甘える珠理奈に、冷たい玲奈の構図なのも、なんか懐かしかったし、手紙を青いインクで書いてきたり、2分半映像で玲奈が悪ノリしたりしたのも、いつもの二人でしたね。

「変わらないこと、ずっと仲間なこと」はSKEのテーマの一つだと私は思っていたし、以前のSKEは間違いなくそうだっただけに、最近の激変するSKEの中でも、この二人の普遍性は、とてもよい雰囲気に生誕祭をしてくれたと思います。

最後に挨拶に珠理奈が出てこなかったことをみると、スケジュールの合間を縫ってきたのでしょうから、そういう熱さと行動力も、また珠理奈らしかったですな。














7月28日(月)チームKII「ラムネの飲み方」公演(18:30開演)

出演メンバー:

阿比留李帆・石田安奈・内山命・江籠裕奈・大場美奈・加藤智子・北野瑠華・木下有希子・惣田紗莉渚・高木由麻奈・高柳明音・日高優月・古川愛李・古畑奈和・山下ゆかり・山田みずほ

全体曲:

山田菜々→阿比留

子犬:石田
プリマ:惣田
ウイニングボールのバッター:山田みずほ



ユニット曲:

眼差しサヨナラ:高柳、山田菜々→阿比留










7月29日(火)SKE48 アップカミング公演~夏~(18:30開演)

出演メンバー:

青木詩織・井田玲音名・犬塚あさな・荻野利沙・鎌田菜月・後藤真由子・佐々木柚香・竹内彩姫・野口由芽・松村香織・山田樹奈

卒業セレモニー:

となりのバナナ:青木、後藤真由子






今回も、最高の公演だったと思います、4回目ですが、全ての出来が良い、というのは凄いですね、お客さんの熱さと暖かさが尋常じゃないことを考えれば、最強2代目KⅡと互角以上じゃないでしょうか。

まぁたん、こと、後藤真由子の卒業公演でしたが、素晴らしいファンの演出だったと思います、特に注目は涙の湘南の2回目のまぁたん歌いだしで、「輝く未来におじゃましまぁたん。ごっとーまゆこー」は、いままでは「あなたのハートにおじゃましまぁたん。ごっとまゆこー」ですから変えてきていました。

過去私が聞いたコールの中でも一番といっていい、アレンジとやさしさに溢れた素晴らしすぎるコールでしたね、これは思わず涙です><

某掲示板の情報によるとまぁたんの生誕委員(卒業委員?)が事前に紙を配って仕掛けたもののようです、あまりにも綺麗に揃っていたし、空気を呼んでその場で調整できる優秀すぎるファン達でしたね~





最後は盟友、青木と、なぜかとなりのバナナをやっていましたが、あまり思いいれがないようで笑いました、最後にぶっこみたかったとぶっちゃけたことを含め、まぁたんらしいなぁと思いました。

運営に不満アリアリだったのでその内容を聞いてみたかったけど、まぁ我々濃いSKEファン達の不満とあまり違わないところじゃないかと思います、運営がSKEを壊し続けていることは明白だし、組閣にしろ人事にしろドラフトにしろ研究生の扱いにしろ、思いつくことがありすぎて困りますね(苦笑)

それに、運営だけではなく、ファンの一部に対しても何かあるのかもしれないし、それ以上のこともあるかもしれないし、あってもなんら不思議ではないのが今の48グループですから、7期生以降に入ってくる子も覚悟は当然必要だし、逆に考えれば「殺されるわけではない」と思えば、楽しいことも多いはずです。

ある意味、社会人になるってそういうことだと思うし、それを若いときから社会人と一緒に活動するアイドルという職業が、大人達と同じ発想、立場にたてるわけもないので、いろいろ難しいんでしょうな。

正規メンバーたちが強制的に前だけを向かせられている分、研究生は前も横も後ろも今も、全てのSKEを背負って走っているので、なんかいろいろおかしいですが、頼もしくもあります。

だからこそこんな優秀なファンたちが集まっているのでしょうし、私も全力で応援ですね。







8月1日の公演はまぁたん抜きの10人でやるようです、それがベストでしょうし、野口がマツムラブmixを「これまでどおりの11人で」というのも、まさに後ろも背負いながら前へ爆進するSKEらしいと思うので、その日のお客さんも全力でコールしてあげてほしいですな。

注目は、まぁたんポジに誰が入るかでしょうし、特に涙の湘南は最重要ポジだし、メンバーによってはコールが非常に難しいでしょうから、センターの犬塚をのぞいた9人分の備えをしておく必要があるかもですね、現状だと野口がそのままアンダーに入るのが最有力かな?

このコールも決めたら、もう神客でしょうな(笑) 某掲示板等を利用して呼びかけたり、事前にカンペを9人分用意するのもいいかもですね。

不器用太陽も11人verが一番出来が良く見えるのも、また皮肉ですな。










7月30日(水)チームE「手をつなぎながら」公演(18:30開演)

全体曲:

磯原杏華・市野成美・岩永亞美・梅本まどか・大脇有紗・加藤るみ・木本花音・小石公美子・小林亜実・斉藤真木子・酒井萌衣・佐藤すみれ・柴田阿弥・須田亜香里・谷真理佳・松井玲奈


大脇卒業セレモニー:

背中から抱きしめて:大脇、山田みずほ、宮前、水埜、市野、佐々木、北野








大脇の卒業公演で、がんばってファンも盛り上げていたのもあって、ほとんど笑顔でしたね。

まさかの「背中から抱きしめて」には驚きましたけど、大脇が実質センターで研究生公演をやっていたときが、本人にとっても一番楽しい瞬間だったのでしょう、衣装がなかったのが残念でしたが、懐かしかったですね。

本人のコメントでは、芸能界に残る可能性も示唆していて、心折れるとはとても思えない大脇だけに、なんか安心しました。

大脇には圧倒的なルックスがあるだけに、SKEでは運がなかったとはいえ、他にいくことでうまくいく可能性はじゅうぶんにあると思います、正直、非常に惜しい人材ですね。

スタベン制もあって、可能性があるメンバーほど、やさしいメンバーほど、スタベンや研究生に譲る道を選びやすいと思うし、大脇は研究生時代が長かっただけに、余計その思いがあるのかもしれません。

最後はフルメンバーでの遠くにいてもも良かったですね、アップカミング公演を見ても思いますが、もう16人体制で公演すること自体がSKEには似合わないので、セットリストをいじって全員出れるようにしてほしいです。

スタベン制は、あまりにSKEの魅力を大きく損ねていると思うだけに、運営側の改善が求められますな。











7月31日(木)チームKII「ラムネの飲み方」公演(18:30開演)

出演メンバー:

阿比留李帆・荒井優希・江籠裕奈・加藤智子・北野瑠華・木下有希子・神門沙樹・惣田紗莉渚・高木由麻奈・髙塚夏生・日高優月・水埜帆乃香・山下ゆかり・山田みずほ・井田玲音名・竹内彩姫

全体曲:

高柳→江籠→水埜、古川→日高→高塚、古畑→山田みずほ→神門、山田菜々→阿比留、石田→井田、内山→竹内彩姫

子犬:水埜
プリマ:惣田
ウイニングボールのバッター:山下

ユニット曲:

クロス:古畑→山田みずほ、石田→高木、木下
フィンランドミラクル:古川→山下→加藤智子、山田みずほ→阿比留
眼差しサヨナラ:高柳→水埜、山田菜々→木下
Nice to meet you:大場→惣田→神門、内山→荒井、加藤智子、高木












<公演以外の出来事で気になったこと>


・ついに、劇場最前列が開放!! 一番意味がないわりに、けっこう大きなハンデだったので、ようやくか、という気持ちと共に嬉しいですね。これでさらにあたりやすくなりますしね!

・松村と谷で、北海道から愛知までヒッチハイクの旅を番組の企画でやったようです。懐かしの、日テレの電場少年のディレクターさんの企画らしいので、けっこうガチですね。二人とも合いそうな企画なだけに、出来に期待でしょうか。

・リクアワの投票が開始され、対象曲が大幅に増え、escapeやここで一発などのAKBリクアワで上位だった曲や、2代目公演の名曲達など過去ないくらい読めないレースになりそうです。その中で私が投票するとしたら、今年はマツムラブ1択だと思っています、アップカミング公演10人のみで歌えそうな曲はこれだけだし、なによりこの曲が大好きだからです、MVも秀逸ですし、正規メンバーにマツムラブmixも聞かせてやりたいですしね。

・15thシングル発売を記念して、名古屋の円頓寺商店街で選抜メンバーでゲリラライブをしたようです。地元の活動が少なくなってきたSKEだけに、こういうのは嬉しいですよね。順当にいけばCDの売り上げは増えるはずですが、昨今のSKEファン離れがどこまで影響するかわからず、メンバーも運営も宣伝を今まで以上に頑張っているようですね。ただ、全握でミニライブが無くなるとのこと・・・・・合同レーンもないのでは?と噂もあるので「それ個別でよくね?」となりそうですから、売り上げ金額という面で苦戦するかもしれませんね。

・ケーズステーションの二次元同好会にまさかの木崎登場!まだ私は見れていませんが、こういうのはありがたいですね。









PS、今週の一枚

研究生と3代目チームEのフルメンバー写真。

余談ですが、初日16人メンバーを「フルメンバー」と呼ぶ人を某掲示板でちょこちょこ見かけますが、少なくともメンバーの前では絶対言わないでほしいですね、あくまでフルメンバーはEなら20人ですから。

はやく公演を20人でやる「SKEオリジナルセットリスト」に変更しないかな~、それこそアップカミング公演みたいに。

愛のない公演なんて、SKEじゃないんですよね~









いいね!した人  |  コメント(0)
PR

[PR]気になるキーワード