SKE48を「遠方」から観察する日記

SKE48をこよなく愛する、高木由麻奈推しが書くブログ。

ファン同士で熱くかたったり、現場レポを共有したり、そんな場になると嬉しいです。
SKEに関する話であれば、読者間でのコメント欄の使用はOK、私への遠慮や了解等は不要。
リンクフリー、毎週木曜更新。


テーマ:


各チームのセンターアンダーに変化があったり、カラオケ大会を実施したり、ハイタッチに変わる「お見送り」が始まったり、新しいTV番組が始まったりと、AKB流のテコイレが大きく加速した感が強い一週間でした。

まあ、今のところ損害しかない組閣以降のAKSの介入で勢いにかげりが出ているだけに、AKSがテコ入れを始めたのでしょうし、そうでもしないと本当に危ないと思っていたので、ギリギリ間にあうかもしれませんね。

アイドル感とTVメディア主軸路線は、48グループ全体のファンや関東のSKEファンにとっては楽しい流れだと思うので、あとは地元愛知以西のフォローと、SKE専任ファンをどうするかでしょうし、いまのところ切捨て路線なんでしょうし、それもまたAKSがAKBと関東中心にしか物事を考えれない人々なだけに仕方ないのかもしれません。

当然、私は残念ですけど、それでSKEの人気があがって関東への露出が増えてメンバーが喜ぶのであれば、それもまたファンとして喜んであげるべきなんでしょうな。








10月10日(金)チームE「手をつなぎながら」公演(18:30開演)


磯原杏華 市野成美 岩永亞美 梅本まどか 加藤るみ 木本花音 熊崎晴香 小石公美子 小林亜実 斉藤真木子 酒井萌衣 佐藤すみれ 柴田阿弥 須田亜香里 高寺沙菜 福士奈央

全体曲:

松井玲奈→熊崎、大脇→小石→高寺、谷→福士

(innnocenseのみ:松井玲奈→熊崎、大脇→酒井→小石→高寺、、谷→須田→小林→福士)

ユニット曲:

Glory days:市野、木本、加藤るみ
(バックダンサー)青木、鎌田、井田、佐々木、山田樹奈、荻野
この胸のバーコード:大脇→酒井、松井玲奈→磯原→高寺
ウィンブルドンへ連れて行って:柴田、岩永、小石→熊崎
雨のピアニスト:須田、斉藤、谷→小林
チョコの行方:酒井→小石、佐藤すみれ、梅本、小林→福士






この日はHの公演に行っていたので、あとでDMMアーカイブで見ました。

注目はなんといっても熊崎がセンターに入ったことでしょう、非常に良かったと思います。

でも別に驚きはありませんね、斉藤、磯原に続き3人目のセンターアンダーになりますが、熊崎は怪我もあってスタベンなので一番スライドが少ない「メンバーの初期配置に最も近くなる組み合わせ」なのが一つと、熊崎のアンダー力はSKEでもトップクラスだからです。

しかも凄いのが、熊崎の全力すぎるほどの全力につられて、メンバーも客も次第にヒートアップしていくのがわかりやすすぎるぐらいわかりました、研究生時代にもあったこの効果は、初期の珠理奈に通じるものがあります。

SKEの全力ダンスは、間違いなく珠理奈が作ってそのセンターでの姿に釣られて全員に浸透したものだと私は確信しているんですが(メンバーに自覚があるかは知らないが)、それを先輩相手にも出来る後輩が現れたことは素晴らしいですね。

まぁ、逆にいえば兼任が始まってからの珠理奈の「AKBの悪影響」感ただよう、テクニック重視のダンスはあまり好きじゃないんですけどね、ただひたすらに空気を読まず周りにあわせず、むしろ次第に周りをひっぱりこんで客もひきこんで一緒に盛り上げる、全力すぎるほど全力だった珠理奈が一番好きなんだけどなぁ





怪我からの回復が万全と判断したから、とか、某掲示板で言われるように7年目で方針を変えたから、とか想像できますが、私はたぶん「運営は何も変えていない」と思います、実力からいえば熊崎センターアンダーは怪我がなければ江籠と一緒で「最初から決まっていた」としてもおかしくないからです。

ちなみに野口の場合は、珠理奈も北川も宮前も休演で、二村はできるけどそのスライドアンダーの彩姫が腰を痛めていて出演自粛の状況で、誰かがどこかのポジを1から覚える必要があった状況だったから、経験のあった野口センターでスライドなし、が一番練習が必要なく確実だっただけ、という理由だと思うんですよね、6周年のレッスンで1から覚える余裕ないメンバーが多かったでしょうし。

ただ、そうファンが反応したことで、今後、本当に「5・6期重視」にシフトする可能性はあるかもしれません、それぐらい野口も江籠も熊崎も優秀ですからね。

でも、もちろん、これが最初からセンターだと話は変わります、熊崎は「アンダー力」は高いですけど、じゃあ玲奈や須田や柴田を押しのけてEのセンターにふさわしいかと言われれば、それは違うでしょう。

定型文は今回はかなり意識してしゃべっていましたけどなんか危ないですし、人気もまだまだ追いついていませんからね、まずは得意のアンダー力を生かして少しでも人気をあげていきたいし、そういう意味では同じくダンス苦手ながらアンダー力とルックスでのしあがりつつある江籠の一番のライバルといえるかもしれません。

ただ一番危機感を持って欲しいのは斉藤です、研究生時代の斉藤が持っていたものを今の熊崎は実践していると思うので、斉藤のほうがダンス力は間違いなく上なんですから、あとははるかに負けている「お客さん目線」「全力の上の全力」を思い出して欲しいです、いや、覚えているでしょうからそろそろ解禁してほしいです。

磯原は2人とは路線が違うし、出来も非常に良いので今後も見たいし、3人だけでなくファンが一番求めているのは「実力者同士でローテーションして楽しみの一つにしてほしい」ことだと思いますし、ぜひ他メンバーも試してほしいですね。

個人的には、るみと小林と小石も、一度は見たいです!!

あと、アンダー力という意味では、高寺がまたポジを増やしましたね、Eのドラフト3人はそれぞれの道で武器を身につけつつあって頼もしいです、先輩達や運営の指導がうまくいってますな~

先輩と運営の甘さが見え「すぎる」SやKⅡと違って、Eのドラフト生はいろいろと競争も厳しさももっているからこその実力の向上でしょうから、研究生を経ていない分どうしても危機感が薄いドラフト生に対しては、誰よりも厳しく教育しないといけないということでしょうな。






10月14日(火)チームS「制服の芽」公演(18:30開演)


東李苑・犬塚あさな・大矢真那・北川綾巴・後藤理沙子・佐藤実絵子・竹内舞・都築里佳・中西優香・野口由芽・二村春香・松井珠理奈・松本慈子・宮前杏実・矢方美紀・山内鈴蘭




見てません、北川の生誕祭でした。







10月15日(水)チームE「手をつなぎながら」公演(18:30開演)

磯原杏華・市野成美・岩永亞美・梅本まどか・加藤るみ・木本花音・熊崎晴香・小石公美子・小林亜実・斉藤真木子・酒井萌衣・柴田阿弥・須田亜香里・谷真理佳・松井玲奈・山田澪花

全体曲:

大脇→小石→熊崎、佐藤すみれ→山田澪花

(innnocenseのみ:大脇→酒井→小石→熊崎、佐藤すみれ→梅本→山田澪花)

マンゴーNO2:谷

ユニット曲:

Glory days:市野、木本、加藤るみ
(バックダンサー):青木、井田、佐々木、山田樹奈、竹内彩姫、松村
この胸のバーコード:大脇→酒井、松井玲奈、磯原
ウィンブルドンへ連れて行って:柴田、岩永、小石→熊崎
チョコの行方:酒井→小石、佐藤すみれ→梅本→山田澪花、小林













10月16日(木)チームKII公演(18:30開演)

阿比留李帆・荒井優希・石田安奈・内山命・江籠裕奈・北野瑠華・木下有希子・神門沙樹・惣田紗莉渚・高木由麻奈・日高優月・古川愛李・古畑奈和・水埜帆乃香・山下ゆかり・山田みずほ

全体曲:

高柳→山田みずほ→神門、加藤智子→水埜、大場→荒井、山田菜々→阿比留

ユニット曲:

眼差しサヨナラ:
高柳→水埜、山田菜々→阿比留
嘘つきなダチョウ:
江籠、日高、北野
Nice to meet you:
大場→惣田→神門、内山、加藤智子→荒井、高木








メンバー的にも注目の公演でしたが、江籠がいるにもかかわらずみずほがセンターに入ったのが驚きました。

2回目ですが、前よりだいぶよくなりましたね、みずほは負けず嫌いなので練習を頑張ってきたんでしょうし、運営もせっかくだからとチャンスを与えたのかもしれません。

古川がいるので苦手な定型文は前より言わなくてよかったし、より集中もできたのでしょう。




あと、高木やドラフト生など、普段はあまり全力感がないメンバーが今日は頑張っていたように見えました、前回の反省の一つにあったのかもしれませんね。

MCも積極的で楽しかっただけに、今後もこの調子で頑張ってほしいです。

特に高木は埋もれるにはあまりに惜しいので、ぜひともこれを転機にしてほしいと思います。








<公演以外の出来事で気になったこと>


・KⅡメンバーが集まって熱く語り合ったみたいで、若手を中心に熱いブログをあげています。まぁ、正直、私もKⅡが一番メンバー同士の話し合いが必要だと思っています。Sが一番出来が悪いけどその理由は明確すぎるぐらい明確でほぼほぼ大人のせいだし、Eは久しぶりに手つなが帰ってきて新鮮なのと2代目KⅡのノリをうまく残しつつ優秀なドラフト生の力と成長も生かせていて楽しい公演が出来ているし、研究生はアップカミング公演は大盛り上がりな上にアンダー力もダンス力も高くて正規公演でも輝いているしで、KⅡだけが明確なものが見えないんですよね。ただ、2代目KⅡと比べるのはかわいそうですよね、あれは本当に最強でしたから、そう簡単にはたどり着けないですし、セットリストもメンバー達の適性にあってましたからね。だから一番良い解決策は、ラムネが好きな方には申し訳ないけど、私はラムネを変えるべきだと思っています、惣田と石田だけは適性にあっているけど他メンバーは微妙なんですよね、特にエース格の古柳が完全に適性から外されて活躍できていないのが痛いです。ちゅりは初代KⅡメンバーがいてリーダーとしてファンと一体になってKⅡ愛を語ってこそのラムネだし、古川がフィンランドミラクルなのは宝の持ち腐れですしリーダーもやっぱり似合ってない。若手が熱く語っているけど、本当の問題はむしろベテラン陣と運営側だと、私は思いますけどね。ちゅりリーダー、古川副リーダーで、逆上がり公演でもやったほうが、きっと盛り上がると思いますよ、でなければ、せめて古柳のユニットは元にもどしてほしいですね。余談ですが、高木のスタイルが生かせないラムネの衣装は、個人的にも嫌いです><

・ネイマールゆかり(笑)

・個別握手会でカラオケ大会を実施。AKBでもやっていることなので目新しくはないですが、大矢のトトロとか爆笑なものもあったので、内容は好評だったようです。松村のぐぐたすで数本あがっているので、ぜひ見て欲しいですね。ただ現場レポなどを見ていると、前の人たちしかまともに見えなかったようなので、予算の許す範囲で改善できるといいですね。歌唱力が高かったり、二次元が強かったり、圧倒的な個性で全てをねじ伏せるメンバーがいたりと、SKEにはカラオケ自慢や盛り上げ自慢がいっぱいいるので、あってると思いますから今後も続けてほしいです。しっかし、まさかの高木登場で、しかも私の大好きな大塚愛のプラネタリウムを歌うとは・・・・高木推しでよかったし、聞きたいですな(笑) それに大矢ファンのノリも見事です、トトロだろうとなんだろうと盛り上げれる客はSKEファンぐらいでしょうね(笑)

・研究生うちわ、握手会会場限定販売とのこと。できればSKEcafeでも売って欲しいです。

・AKBのシングルのカップリングに、江籠が抜擢されたようです、休演はこれだったようですね。まぁ、AKBのシングルじゃあSKEファンとしては盛り上がれませんけど、少しでもファンを獲得できるといいですな。

・山田菜々が卒業を発表。4月ということで随分先です、いろいろと大人の都合で振り回されてきただけに、最後ぐらい兼任解除して、NMB生活を満喫させてあげてほしいと思いますな。










PS、今週の一枚

まぁたんと仲良くなったあたりからかもしれませんが、最近、樹奈がとっても面白いです。

どちらかといえば、人前に立つのが苦手なのでいままで自分を出せていなかったのだろうと思いますが、ブログも面白くなってきたことからも、コツがわかってきたんでしょうね。

このぐぐたすの投稿も面白かったです、でももうちょっと青木にやさしくしてもいいと思うよ(笑)

誰からも容赦なくいじられまくる青木は、よっぽど優しいんでしょうね。





AD
いいね!した人  |  コメント(6)

[PR]気になるキーワード