SKE48を「遠方」から観察する日記

SKE48をこよなく愛する、高木由麻奈推しが書くブログ。

ファン同士で熱くかたったり、現場レポを共有したり、そんな場になると嬉しいです。
SKEに関する話であれば、読者間でのコメント欄の使用はOK、私への遠慮や了解等は不要。
リンクフリー、毎週木曜更新。

NEW !
テーマ:

今週は、公演は1回だけで、あとは関東の合同コンサートに参加していました。

メンバーによっては1曲しか出ていない、しかもほとんどの客にとって豆粒でしか見えないコンサートのために全員が長期拘束されていたかと思うと、ファンとしてはかなり残念なスケジュールですが、まあ、そこまで頭が回らないのがAKSですから、慣れっこともいえますね(笑)

参勤交代とはいいえて妙ですな、地方を疲弊させることに関しては、AKSは天才的です。

どうせなら、海外にいくとか「夏休みの旅行にもなる」場所だといいんですけど、いつも握手会でいってる東京じゃ~ね~><







8月18日(月) チームE「手をつなぎながら」公演(18:30開演)


出演メンバー:

磯原杏華・市野成美・岩永亞美・梅本まどか・加藤るみ・木本花音・熊崎晴香・小石公美子・小林亜実・斉藤真木子・酒井萌衣・佐藤すみれ・柴田阿弥・福士奈央・松井玲奈・山田澪花

全体曲:

大脇→小石→熊崎、須田→加藤るみ→山田澪花、谷→福士

(innocenseのみ:谷→柴田→小林→福士、須田→加藤るみ→梅本→山田澪花、大脇→酒井→小石)


ユニット曲:


Glory days:市野、木本、加藤るみ
(バックダンサー):鎌田、青木、山田樹奈、荻野、佐々木、井田
この胸のバーコード:大脇→酒井、松井玲奈、磯原
雨のピアニスト:谷→小林、須田→梅本、斉藤
チョコの行方:酒井→小石、佐藤すみれ、小林→福士、梅本→山田澪花





久しぶりの公演というだけでなく、澪花生誕祭、熊崎の初日、大脇卒業後初の公演と、いろいろ重なって、見所が盛りだくさんだったと思います。

個人的にも、特に興味を持って応援している澪花だけに、どんなことを言うか注目していましたが、まさかの東京の大学に通っていることを告白していましたね。

ブログで大学にいかないと言いつつも、明らかに活動が少なくなっていたので、病気でなければ学業だろうとは思っていましたが、まさかの東京とは驚きました。

でも、とても良いとおもいます、大学に通うことはSKEにもプラスになるし、もちろん本人のためにもなるでしょう、いまやアイドルはかわいいだけではやっていけないので、澪花なりの個性の幅を広げていくキッカケになるといいですな。

大人の女性になってきて、ルックスは綺麗になってきているだけに、SKEでも底辺と言われるその人気をぜひとも逆転させる1年になるといいですし、微力ながら応援し続けたいと思います。

ぜひ、澪花の公式ブログも読んで欲しいです、最近では学業を理由にしての卒業が当たり前になりつつあるなか、両立を目指す澪花の戦いと、キャラと現実との狭間で、アンチが思っているよりはるかに自分のことがわかっている澪花の苦悩を、ファンだけでもわかってあげてほしいですな。






そして初日の熊崎は、予想どおり小石のポジションに入っていました、というか元々ここが熊崎のポジションで小石がスタベンだった、と小石がブログで書いていました。

怪我の後遺症も心配しましたが、私達の知っているいつもの熊崎だったと思います、相変らず細くてキャシャなのに全力すぎるダンスと、オーバーすぎる表現力は健在でしたな。

大脇が卒業したことで、小石はそちらのほうにスライドしていたし、ひょっとしたら今後も小石はいろんなポジションをやるようになるのかもしれません。

個人的には、ドラフト生は研究生を経ていないだけに、ポジションを固定してしまうよりかは、いろんなポジションに回したほうが良いと思うだけに、ダンス力ではSKEドラフト生でもNO1と思われる小石の、才能を磨くチャンスと捕らえてほしいですな。





それに関連してか、酒井と梅本もユニットの位置、およびinnocenseの位置が変更していました、特に酒井のバーコードはとても良かったと思います。

ボイトレに通うなど、酒井なりの努力を歌に集中させているだけに、もっともっとこういうチャンスは欲しいし、本人も生かしていってほしいですな。











<公演以外の出来事で気になったこと>

・最近、メンバーの敬語の乱れがすごく気になります。東や大場、荒井のように、素がそもそもダメなメンバーも気になりますが(というか、選抜メンバーで敬語ができないのはかなりヤバイと思う)、一番気になるのは、Sメンバーで、どうやら、「さん」づけを禁止して、愛称呼び&タメ語でしゃべるようにルールづけしていそうです。年長者が言い出さないとこうはならないでしょうから、宮澤、姉さん、中西あたりが決めたのでしょうが、辞めたほうがいいですね。年上から見れば「みんな仲良くフレンドリーに」「年上にみられたくない」というのはあるでしょうし、大人に対して仕事場ではちゃんと切り替えれるでしょうが、若いメンバーはそんな器用に切り替えられないし、たった1回の間違いがその後の全ての印象を最悪にするのが「礼儀」なので、芸能界で生きる以上、まだ未熟な年下メンバーには、常日頃から敬語を徹底させるぐらいでないと、必ず失敗するといっていいでしょう。その差が、AKBとは違う、現場受けの良いSKEの「魅力」だったし、NHKやフジテレビのプロデューサーたちから「SKEは礼儀がしっかりしている」と絶賛された強みの一つでしたが、それも最近は聞かなくなってしまいました。AKBメンバーには当たり前のことかもしれませんが、SKEの良さをこれ以上無くさないでほしいですね。

・それに関連して、宮澤にはぜひ「嫌われる勇気」を持ってほしいと思います、メンバー受けがいくら良くてもファン受けがドンドン悪化している宮澤は、まったく真逆のことをしている印象だし、今までのSKEリーダーたちと一番違うポイントだと思います。AKB時代は厳しく、うるさい宮澤だったので、SNHやSKEではその反動がきているのでしょうが、はっきりいって迷惑なので、それなら昔のギラギラした宮澤に戻ったほうがよっぽどマシです、悪い大人になっていってる印象ですね。パフォーマンスやバラエティに厳しかった昔の宮澤を知るファンはまだいると思うので、そのファンたちこそ注意してあげてほしいですね。SKEメンバーは確かに仲良しだけど、それは運営や平田や桑原のような「厳しくもやさしい大人達がいたからこそバランスがとれていた」のを、知らないのもあるんでしょうがね。これは運営にも責任があるでしょうな。


・須田と中西がミュージカルの役作りということで茶髪に。おそろしいほど似合ってないと思うのは、ただの私の好みの問題かもしれませんが、ファンがどう感じるかはわかりませんが、とりあえず我慢するしかないんでしょうな。








PS、今週の一枚

ファンからの要望が多いのか知りませんが、各支配人たちが一所懸命になって写真を撮ってアップしていました。

個人的には「スタッフにやらせて、支配人たちはメンバーのケアにあたってほしい」と思う派ですが、多数派ではないんでしょうな。

そんな多くの写真の中で一番のお気に入りがこれ。

HKTかよ!って感じかもしれませんが、それくらい兒玉のかっこよさは、正直、今のHKTにもAKBにももったいないと思いますな。




AD
いいね!した人  |  コメント(3)

[PR]気になるキーワード