SKE48を「遠方」から観察する日記

SKE48をこよなく愛する、高木由麻奈推しが書くブログ。

ファン同士で熱くかたったり、現場レポを共有したり、そんな場になると嬉しいです。
SKEに関する話であれば、読者間でのコメント欄の使用はOK、私への遠慮や了解等は不要。
リンクフリー、毎週木曜更新。


テーマ:

今日はE公演でDMMで見ました。2代目Eだけでなく、初代Eファンにも必見な、とびきりの演出に注目です!!



出演メンバー:

東李苑・宮前杏実・木下有希子・古畑奈和・水埜帆乃香・市野成美・岩永亞美・梅本まどか・木本花音・酒井萌衣・松井玲奈・山田澪花・犬塚あさな・野口由芽・井口栞里・金子栞

全体曲:

菅→市野→野口、鬼頭→犬塚

ユニット曲:

アイドルなんて呼ばないで:古畑、菅→岩永、山田澪花、市野
(バックダンサー:梅本、金子、鬼頭→犬塚、岩永→野口、酒井、井口)
愛しさのDefense:木下、鬼頭→宮前、岩永

思い出以上:井口、斉藤、内山
となりのバナナ:金子、松村
to be continued:(旧E)





今日は、井口と金子の二人の卒業公演であり、いろいろと言われた僕の太陽公演の千秋楽という、しんみりする以外の選択肢がない!、という公演のはずでしたが、さすがは「グダグダのチームE」というか、最後までグッダグダのMCでしたね(笑)

まぁ、それも特徴と思えば、愛らしいとも言えるでしょう、楽しみ方は人によって違いますから「このグダグダ感が楽しみで見ている」人もいるでしょうし、そういう意味では個性派だったといえるでしょうね。

たまにくるホームランMCもあったりと、とにかくハラハラドキドキ、何が出てくるかわらかない玉手箱状態で、文句を言ったり絶賛したりするのが、EのMCの楽しみ方だったんでしょうな。

ダンスはどんどん良くなっていって、結局、SKE風の僕の太陽にしてしまいましたね、AKB化するほうが近道だったのにSKE流にしてしまう意地みたいなものも見れたのは、大組閣でSKEが否定されている今でも「SKEイズムは忘れない」という希望を持たせてくれるものですね。





アンコールは、むっちゃくちゃでしたね、また研究生呼ばないし(今日も二人とも出来すごくよかったのに・・・・)、呼び方も「いぐっち」なら「きんちゃん」にすればいいのに、中途半端に金子だけ「しおり」呼びとか、不自然すぎるでしょう。

事前に紙でアンコール内容もしらせていなかったのでしょう、卒業生の名前をだしたから、とまどってかコールが小さくなったりと、微妙でした。

KⅡ千秋楽に旧SKEファンが集合したんでしょうけど、なんか、テンションさがったなぁ・・・・・ 私だけならいいんですけどね。






そして、卒業公演ということで特別な演出があったのですが、3曲ともまさに「神」でしたね。

井口、斉藤、内山の思い出以上は、個人的にめちゃくちゃみたい組み合わせだったので、最高に面白かったです。

井口は歌唱力に難があるものの、やっぱりその背の高さからくるスタイルの良さは思い出以上にあうし、斉藤と内山のダンス力もあわさせって、オリジナルもびっくりの屈指の出来でしたね。

斉藤もかっこよかったですね~、筋力のある斉藤らしい、止めるところはビシっと止める動きがかっこよすぎました。





さらに、金子と松村の「SKEハウス」コンビでのとなりのバナナも素晴らしかったです、というか金子が泣くもんだから、こっちも号泣しました><

松村が昇格しなかったことで一番損したのは、実は金子だったかもしれませんね、正規と研究生という立場もあってか、このコンビがユニットをするのがこれで最初で最後とか、信じられないくらい、素晴らしいものでした。

もし松村が、旧Eに昇格して、ガイシ組閣がなければ、このコンビがもっともっと見れたかもしれない、SKEでも屈指の人気ユニットになったかもしれない、なんて妄想してしまいます。






さらにさらに、トドメが旧E集合しての、to be continuedでしょう、これはもう鳥肌立ちましたし、泣きながら全力コールしてしまいました。

金子が提案したというのが、もうそれだけで号泣だし、よく運営も許可しましたよね、大組閣を前にして、ようやく愛のある運営が戻ってきた気がします。

旧Eが解散するときに誓った「選抜で再集合する」という夢はかなわなかったけど、でもそれでもこうして集まれただけでも、この名曲を劇場で歌えただけでも、なんか奇跡みたいで嬉しかったです。

旧E、やっぱり好きだなぁ








金子は、天然なだけでなく、オドオドとして怖がりな所があり、そのくせ大胆な一面もあったり、と、とにかく性格が複雑だったのもあって何をするかまったく読めないファンタジスタでした。

その性格だけでも人気モノな上、スタイルが飛びぬけていて、歌唱力も高く、ファッションセンスも良くて、サッカーにめちゃくちゃ詳しいという、多才さも武器に、選抜にも数回入るなどSKEの一時代を担っていたと思います。

ただ、その性格が邪魔もして、どうしても手を抜きがちだし、逃げ腰な性格は芸能界にはむいていなかったとしかいいようがないですね、誰かとコンビでなら本領を発揮できたとは思いますが。

そういう意味で、松村とのコンビは絶妙だったし、旧Eでの高木とのやりとりも好きでした。

これからソロでやっていくということで、どうなるのかわかりませんが、大好きな埼玉でレッズの応援もできるようになるし、きっと金子にとってプラスしかない卒業だと思うので、応援したいですな。








井口は、とにかくもったいないイメージが最後までありました。

弱気な性格がいろいろと邪魔しすぎましたが、研究生時代のリーダーシップは本当に素晴らしかったし、もっともっとメンバーやスタッフにも見せてよかったと思います、今日の木下が「変わった」といってましたけど、それはEにきてからじゃなくて、研究生になったときなんですよね。

ダンス力も、その長身も、最後まで生かせなかったイメージが強く、すごくもったいなかったです、本当に大好きなメンバーでした。

今日の思い出以上もよかったけど、水埜とのツインタワーでのてもでもの涙や、荻野とみずほも加えての渚のcherryのトリプルタワーも、もう1回見たかったなぁ。

最強と言われた研究生時代のリーダー格であり、今もSKEの主力である5期生を育てた2期研究生の1人として、いつまでもファンの記憶にとどめてほしい、そんなメンバーでしたね。






私の大好きな二人の卒業、悲しいけど、絶対、幸せになってほしいですな。

井口は、またどんな形かでSKEに関わりたいといっていたので、その日を楽しみに待ちたいですし、同じサッカー好きとして、いつか金子には会いそうな気がします(笑)









PS、今日の一枚(左:金子栞、右:松村香織)

いいコンビだったなぁ、お互いの長所と短所を補いあいつつ、同郷の同部屋という関係が、奇跡だったと思います。

金子が泣いているからこその、満面の笑顔の松村、とってもかわいいですね。






(次からは週代わりとなります、でも次回だけは二日後の4/24に更新します)
いいね!した人  |  コメント(3)
PR

[PR]気になるキーワード