SKE48を「遠方」から観察する日記

SKE48をこよなく愛する、高木由麻奈推しが書くブログ。

ファン同士で熱くかたったり、現場レポを共有したり、そんな場になると嬉しいです。
SKEに関する話であれば、読者間でのコメント欄の使用はOK、私への遠慮や了解等は不要。
リンクフリー、毎週木曜更新。


テーマ:


今週は、高木、高塚、鎌田の生誕祭と、犬塚と野口の昇格後初Sデビュー、そして今回も圧倒的な盛り上がりだったアップカミング公演など楽しい話題も多かったですが、一番の話題はやはり木下ともこちゃんの卒業発表でしょうね。

でも2人とも、私はSKEの現状が最悪とか、そういうこと関係なく、2人の卒業は正解だと思っているし、ぜひそれぞれの道を突き進んで欲しいと思っていますし期待しています。










8月22日(金)チームS「制服の芽」公演(18:30開演)


全体曲:


珠理奈→北川→大矢→犬塚、中西→竹内彩姫、田中→井田、宮澤→野口、渡辺→東→松本

ユニット曲:


女の子の第6感:松井珠理奈→山内、後藤理沙子、佐藤実絵子、都築、中西→松本
枯葉のステーション:野口
万華鏡:宮前、宮澤→矢方、犬塚、大矢、竹内舞







せっかくの大好きな犬塚と野口の昇格後最初の公演なので見ました、1名だけを除いてなかなか良い感じになっていましたね、ようやく研究生公演に近づいてきたというか。

その1名はいまだにあまりのミスの多さとフリのいい加減さに、もうマジでAKBに帰れ、というか48グループから消えろ、と、ぶちきれたので語りませんが、それさえ無ければ5~6期が主力となりつつベテランのフォローもあって非常に感慨深いのと、4期の絆も見れたのは良かったと思います。

以前から気になっていた大矢と宮前も今日は良かったと思います、客のテンションが高かったので、2人とも気分屋なところがプラスに働いたのかもしれませんね。

注目の昇格二人は、2人とも良かったですね~、2人の全力感が他メンバーにもよい影響を与えていたとおもうし、野口のステーションは懐かしかったです、玲奈感は圧倒的に野口が一番だせているので、濃いSKEファンほど受け入れられるでしょうね

でもそれより驚いたのが犬塚の万華鏡の良さでしょう、気のせいか他4人も良く見える感じでしたので、たぶん犬塚にあわせて練習も一緒にしたのでしょうね、悪いところを是正していました。








あと、敬語が少し元に戻っていましたね、宮澤と中西がいないからなのかな?(笑)

だいぶSKE感があったこの公演、あと一人休演なりしてくれればようやく見れるようになった意味でも、2人の実力者の昇格は大きかったですし、移籍・兼任の解除、早くこないかな~って感じでしたね。












8月25日(月)チームKII「ラムネの飲み方」公演(18:30開演)


出演メンバー:


阿比留李帆・荒井優希・石田安奈・江籠裕奈・大場美奈・加藤智子・北野瑠華・木下有希子・惣田紗莉渚・高木由麻奈・髙塚夏生・高柳明音・古川愛李・古畑奈和・山田みずほ・竹内彩姫








高木の生誕祭ということで、現場行って来ました、濃いファンが多くて公演自体は盛り上がったと思います。

私自身もそれなりに楽しかったし、高木は相変らず綺麗だったし、で、個別に記事をあげても良かったのですが、最後の木下ともこちゃんの卒業発表もあって、何を書けばいいのか困ってしまい、結局書きませんでした、期待されていた方は申し訳ありません。

高木の生誕祭に、他2人の卒業発表は確かに極力やめてほしいとは思いますが、でも仕方ないのでしょうし、なにより高木がそれについてファンが不満を言うのが困っているようです。。

本人の生誕コメントも、事前に2人の卒業を知っていたこともあって、涙ばかりでした、SKEでも屈指のやさしさと弱さのある高木だけに、自分のことより、2人の卒業を気にしていたようにしか感じれないぐらい、不自然だったと思います。

でもその弱さもまた高木の魅力だと思うし、強がるぐらいなら弱い自分を逆に利用できないか、またいろいろ模索する一年にしたいですね。

もちろん、私は堂々と「ゆまな推しです!」と誰にでもいいますし、友達が私の家にきたら高木アピールめちゃしていますよ!!私の自慢の推しですから、あとは本人が納得できる結果を出したいですな。

まぁ、強いて言えば、ダンスはもうちょっと全力感やキレを意識してほしくはありますね、手を抜いている感があるし、純情主義や3代目ラムネ初日を見てもできるはずなので、もったいないなぁといつも思います。








それに、2人の卒業は、個人的には応援しています、特にもこちゃんは劇場でも思わず拍手したぐらい、過去SKEメンバーの中でも一番素晴らしい卒業なんじゃないかと思います。

もともと48グループは人生のステップアップのための通過点という意識が私は強いし、その意味でもこちゃんほど素晴らしい結果を用意したメンバーはいませんでしたから、これはむしろ全力で褒め称えるべきでしょう。

木下のほうも、正直、ガイシ組閣直後に卒業すると思っていたメンバーだったし、ぶっちゃけ、SKEのダンスと適性が合わない、実に才能を生かせていないメンバーだと常々思っていたくらい「ソロダンススキルが目立つメンバー」だったし、それは誰よりも本人がわかっていたと思うので、よく今まで頑張った、SKEのためにつくしてくれたと、これも褒めてあげたいです。

お父さんが大のSKEファンであることが、ここまで頑張ってきたことと無縁ではないと思いますが、木下の人生を考えたとき、そして本人がブログで「ダンスを頑張りたい」と言っている以上、しかも今のSKEがドンドンSKEらしさを捨てさせられている以上、木下の才能を考えれば絶対に卒業したほうがプラスだと確信しています。

木下なら、きっとまたどこかでかっこいい姿を魅せてくれると思いますし、最後にまたSの木下が見たい気持ちでいっぱいです、桑原をはじめとした主力たちの卒業で初代Sを支える一番手になったと思ったら組閣され、2代目Eではユニットセンターや、実質リーダー的役割があったとはいえ僕の太陽はあまりに不似合いな中ようやく上手くいってきたところで組閣し、3代目KⅡでは、ほぼ才能の無駄使いだったので、2回にわたる組閣で常に被害を被ってきた、実にかわいそうなメンバーでした。

桑原たちのあとを継げるのは、木下初め3期トリオや菅、宮前しかいなかったと、最強Sの息吹は間違いなく引き継がれるはずだったと、いまだに組閣の愚かさが悔しいですな。

某雑誌の記者を含め、卒業=SKEの衰退、みたいに捕らえる風潮もありますが、私はまったくそんなこと思っていません、むしろもっともっともこちゃんのような「未来のある卒業」を増やしたいくらいです。

問題なのは「組閣等で心折れての卒業」「学業との両立ができなくての卒業」の2点であり、ガイシ組閣以降、そのような卒業ばかりなのが、SKE衰退の一因だと私は思っています。

しかも、他所から、産廃たちを補充とか「むしろ何もしないでくれ」という運営のイジメっぷりも手伝って、SKEもだいぶ変わってしまったのが一番の問題なんですよね、支配人まで変えられましたし。

大矢のいう「今のSKEはどう映るか?」と聞かれたら「研究生を除いて、私の好きなSKEではなくなった」というのが、一番無難な答えでしょうかね。







でも一番はせっかくの高木の生誕祭が笑顔だけで終わらなかったのが悔しいです、それもまた運営の失敗とともに、そういうスケジュールに追い込んだAKBコンサートがいかにSKEファンにとって害しかないか、また今年も汚点を増やしたと思います、大金積まれて土下座してお願いされても、AKBコンサートだけは絶対に行きたくないですね。

それと、やっぱりラムネは初代KⅡでないと、真の魅力は出せないなと現場で見て改めて思いました、みずほの躍動や、孤独なバレリーナの出来の良さ等々、良さも確かにありますが、初代KⅡの苦難の歴史がないと、涙までは出て来ません、この公演はもっと感動が一番にくるものだったと、私は記憶しているので。

高木がいなければ、やっぱり見たいと思わないなぁ、と、一所懸命盛り上げておいてなんですが、そんな虚無感も感じた、SKEは間違いなく終わりにむかっているなぁ、と感じさせられた、そんなラムネの飲み方公演でした。











8月26日(火)チームS「制服の芽」公演(18:30開演)


出演メンバー:

東李苑・犬塚あさな・大矢真那・北川綾巴・後藤理沙子・佐藤実絵子・竹内舞・都築里佳・野口由芽・二村春香・松本慈子・宮前杏実・矢方美紀・山内鈴蘭・渡辺美優紀・竹内彩姫
※井田玲音名が休演となり、竹内彩姫が出演となります。






ちょろっと見ましたけど、途中でやめました、異常に盛り上がっていない公演に苦笑いです><

野口が思い出以上やってましたね、それと万華鏡だけは見所かな?











8月27日(水)チームKII「ラムネの飲み方」公演(18:30開演)

阿比留李帆・荒井優希・石田安奈・江籠裕奈・加藤智子・北野瑠華・木下有希子・神門沙樹・惣田紗莉渚・高木由麻奈・髙塚夏生・水埜帆乃香・山田菜々・山田みずほ・井田玲音名・竹内彩姫

全体曲:

高柳→江籠→水埜、古畑→山田みずほ→神門、古川→荒井、日高→高塚、内山→竹内彩姫、山下→井田、大場→阿比留

ユニット曲:

クロス:
古畑→石田→高木、木下
フィンランドミラクル:古川→山田みずほ→阿比留、山下→加藤智子
眼差しサヨナラ:高柳→水埜、山田菜々
嘘つきなダチョウ:江籠、日高→石田、北野
Nice to meet you:大場→惣田→神門、内山→荒井、加藤智子、高木






ドラフト生の高塚の生誕祭でしたが、ミュージカルや体調不良も重なって、多くの休演が出たことにも注目でしょう。

まぁ、一番個人的に思ったのは、江籠とみずほのWセンターのアイシテラブルが至高すぎる、ってことでしょうかね(笑)











8月28日(木)SKE48 アップカミング公演~夏~(18:30開演)


出演メンバー:


青木詩織・井田玲音名・犬塚あさな・荻野利沙・鎌田菜月・佐々木柚香・竹内彩姫・野口由芽・松村香織・山田樹奈、(ゲスト:CBCナガオカさん、佐藤実絵子、古川、矢方)

セットリスト:(今日だけのポジションはピンクで)

M1:マツムラブ
(松村センター、野口、竹内彩姫、犬塚、青木、井田、荻野、鎌田、佐々木、山田樹奈)
M2:少女は真夏に何をする(青木、犬塚、鎌田、竹内彩姫、井田、野口、佐々木、山田樹奈
M3:オキドキ(野口センター、竹内彩姫、松村、犬塚、青木、井田、荻野、鎌田、佐々木、山田樹奈)
自己紹介:
M4:渚のcherry(竹内彩姫センター、荻野、井田、鎌田)
M5:わがままな流れ星(松村、青木)
M6:心の端のソファー井田センター、佐々木、矢方
M7:涙の湘南佐藤実絵子、山田樹奈、古川、鎌田、荻野)
映像:CBCナガオカアナウンサー、佐藤実絵子、古川、矢方):先輩とガチ対決
M8:ごめんね、SUMMER竹内彩姫センター、古川、佐藤実絵子、鎌田、青木、佐々木、井田、矢方、山田樹奈、荻野、松村
M9:花火は終わらない井田センター、竹内彩姫、鎌田、青木、佐々木、山田樹奈、荻野、松村
本編終了:アンコール
EC1:寡黙な月青木センター、竹内彩姫、松村、鎌田、山田樹奈、井田、佐々木、荻野
EC2:パレオはエメラルド青木センター、竹内彩姫、松村、鎌田、山田樹奈、井田、佐々木、荻野、矢方、佐藤実絵子、古川
EC3:不器用太陽佐々木センター、松村、竹内彩姫、青木、井田、野口、犬塚、荻野、山田樹奈、矢方、佐藤実絵子、古川、鎌田
鎌田生誕祭:手紙:熊崎、読み手:山田樹奈
公演の感想:佐藤実絵子
EC4:SKE48(全員)







え~~~っと・・・・・・、姉さんとあいりんの湘南は反則だろ!!!!!楽しすぎる(笑)

って感じでしょうか、いや~、こういう「本物感」はまさにSKEなだけに、とても良いサプライズでしたね。

しかも、そことCBCのナガオカスクランブルとのコラボMC、センターだった野口のポジを曲によって彩姫、青木、佐々木がはいったり井田が2番手ポジだったり、と、演出も素晴らしかったです、今回も運営は上手にやったと思います。

ナガオカメンバーが上手い具合にユニットのアンダーに入れるメンバーなのが、凄い偶然とともに、良くSKEを知っていないと、この人選はできませんよね、今村支配人なのか研究生マネージャーなのか、誰か知りませんが、良く勉強していると思います。





主役の鎌田も、ユニットの渚のcherryでは特別なコールが入ったり、おそらく今、もっとも「学業とSKEとの両立を頑張っている」メンバーなので、その感謝の気持ちとともに、現研究生で唯一アンダー未出演の悔しさも口にして、素晴らしすぎる生誕祭だったと思います。

正直、今の鎌田なら、アンダーはかなり良いレベルで出来ると思いますから、運営さんもぜひチャンスをあげてほしいですね。

もちろん、学業との両立は周りのサポートなくては無理でしょうが、でも感謝さえ口に出せば、いくらでも甘えるべきなんですよ、周りも喜んでサポートするものです。

「昔あった、学業と活動を両立させるSKEの姿」を、鎌田が強烈に魅せてくれているのも、また、この公演の素晴らしさでしたな。







来月のスケジュールにアップカミング公演の文字はありませんが、メンバーはあると言っていたので、楽しみに待ちたいし、今までのSKEの良さの全てを持っている良質すぎるこの公演はまだまだ進化し続けていますね。

来月はどんな楽しい公演を見せてくれるのか、また本物達がくるのか、というか、W松井マジでこい!と思う、そんな素晴らしすぎる公演でしたな。
















<公演以外の出来事で気になったこと>

・不器用太陽の売り上げ、かんばしくないようです、結局、私も1枚も買ってません。ファンの怒りと悲しみ、運営に届いているといいなぁ。。。まだ取り戻せるよ、運営さん。

・松村が研究生のうちわの製作を運営と交渉し、販売するようです。研究生はグッズがほぼ写真だけなので、ぜひお願いしたかったし、総選挙17位のメンバーがグッズすらまともにない、ビジネスチャンスを見事に逃していることに、運営が気づいてくれたらいいですな。

・るみさん、釣り仕事順調です。海釣りは危険なので、ガチな備えをするのは常識ですが、釣りアイドル達の無防備さにびっくり。ガチなるみが勝つのは必然でしたね。










PS、今週の一枚

ちょっと前、というか、だいぶ前から、小林がぐぐたすでラジオと称して、いろいろな企画とおしゃべりをやっています。

小林の頭の良さがとても見える作品になっているので、ぜひ聞いてあげてほしいですね。





AD
いいね!した人  |  コメント(9)

[PR]気になるキーワード