裕木歯科クリニック 歯のブログ

お口の健康や歯に関するトピックスを書いていきます。よろしくお願いいたします。


テーマ:


こんにちは!

今日は酸蝕症についてです。




「う蝕」とは、歯垢(プラーク)中の細菌たちが糖質(炭水化物)を栄養源とし作り出す酸によって歯が溶かされる病気です。









一方、酸蝕」とは
外からお口のなかにはいってきた酸や、体の中から出てきた酸(胃液)によって歯が溶かされる病気です。





私たちの歯は、お口の中のpHが5、5
を下回ると脱灰が起こります。











歯を溶かしやすい飲食物にはどんなものがあるか?







コーラやスポーツ飲料、ワインやビールをよく飲まれる方は注意が必要ですパー





他にも、何らかの理由で嘔吐を繰り返す場合
(病気やストレス、乗り物酔いなど)

胃液は強酸性でpHは通常1~1.5程度です。
酸蝕症の原因となります。







予防法


嘔吐後の口腔に対する処置

嘔吐後水や牛乳(pH6.6)にようがいをしましょう。また、無糖のガムの摂取をおすすめします。

嘔吐直後にはブラッシングをしないようにする。(嘔吐後は胃酸によりはの表面が一時的にやわらかくなっている状態であるため、すぐに歯ブラシでゴシゴシしてしまうと、歯の表面のエナメル質が削られてしまいます。)

柔らか目のブラシでやさく磨く 
(通常、酸性に傾いたお口の中のpHは、30分~60分にかけて、元のpHに戻るとされています。ですから少なくとも30分はブラッシングをしないようにしましょう。)

○フッ化物の使用(フッ素入り歯磨剤、フッ素洗口液)




飲食物中の酸に対する処置

酸性飲料の摂取制限をする。

アルコールの摂取制限をする。

唾液の分泌促進 を促す。
 ・無糖のガムを噛む
 (キシリトールガム、リカルデントなど
       がよいでしょう。)
唾液をたくさん出すことで唾液の洗い流し、希釈、緩衝作用と再石灰化を期待します

○フッ化物の使用(フッ素入り歯磨剤、フッ素洗口液)
歯質強化!





酸蝕症も虫歯と同様に、早期発見・早期治療が重要です。
歯がしみるようになってきたなどなんでも良いです。
お気軽にご相談くださいニコニコ






裕木歯科クリニックHP





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

yuuki-dcさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。