裕木歯科クリニック 歯のブログ

お口の健康や歯に関するトピックスを書いていきます。よろしくお願いいたします。


テーマ:









子供のころから見ていたドラえもん。
歯が無いものと思っていました。笑


映画「STAND BY MEドラえもん」では、おもいっきり歯があったんですね。笑









ドラえもんが出してくれるどこでもドア
あったらいいな~なんて誰もが一度は思ったことがあるのではないでしょうかウシシ







それはさておき、今回は歯にまつわる面白いお話をいくつか載せましたニコ

8020推進財団のHP参考





おいしいお酒は、乙女のお口からって聞いたことありますか?



虫歯予防の第一歩はよく噛んでものを食べること。
唾液は噛むことにより分泌される消化液で、虫歯のもとになる酸を中和させてくれます。
よく噛むといえば、太古日本ではひたすら噛むことでお酒をつくっていたそうです。
ごはんやパンをしばらく噛んでいると甘いかおりが口中にひろがってきますね。これは唾液中の糖化酵素の働きによりデンプンがブドウ糖となって甘くなる現象です。
このブドウ糖を古代の日本人はお酒づくりに活用しました。穀物をかみくだき、甘くなってから容器の中に吐き溜めます。すると空気中に浮遊している野生の酵母がそこに付着し、やがてアルコールの発酵を引き起こす仕組み。
穀物を噛むのは汚れを知らぬ乙女たちの専業と伝えられてきました。
清らかさあふれる乙女たちは、昔から清潔なお口の健康を象徴する存在だったのでしょう。

ビックリですね❗笑







サメの歯は何度でも生えてくる



サメの歯は獲物をとるときにこぼれ落ちても、すぐに次々と生えてくるそうです。
なぜなら、生えている歯のうしろに6列から10列もの予備の歯が待機していて、歯が抜け落ちると、その予備の歯がベルトコンベアー式に前に出てくるんです。
ホシザメの歯は抜けてから10日で1列すべて生えかわるとか。
トラザメなどは10年間で2万4千本の歯がはえかわったということです。

人間は一度しか生え変わらないので、大切にしないとですねイヒ








ゾウの歯は水平交換



象の歯は大きな臼歯が上下左右に1本ずつの計4本。ひと回りもふた回りも大きな大人の靴底のような形をしており、かみ合う面はギザギザ模様になっています。

60~70年の生涯のうち、この臼歯は6回も生えかわるのですが、そのプロセスは大変面白いもの。私たち人間の歯は下から顔を出してきて垂直に生えかわりますが、象の臼歯は水平交換といって、奥にある臼歯が脱落するという交代方法をとるようです。そのため歯がない期間は全くないそうですよ。




余談ですが、像といえば、象牙。
立派な象牙を持つばかりに命を狙われるなんて可愛そうだなーと思いますえー?








ウマの馬歳は歯を見ればわかる?



馬の歯は6歳になるまでに、すべてが乳歯から永久歯に生えかわり、その後はどんどんすり減っていくそうです。

カイバを食べる時には、上下の歯をすり合わせて咀嚼するため減り方が激しく、1年間に平均2ミリずつすり減っていきます。
そのため、馬は歯を見れば馬齢がわかるといわれています。








ブタ



ブタの内臓器官は私たち人間のものと良く似ていますが、歯の数は人間よりも多く、しかも噛む力も強力です。
合計44本の歯を持っています。
生まれて間もなくかわいらしい歯が生え始めますが、これはブタの乳歯で、ほぼ2年後には永久歯となって生え揃うそうです。








リスの歯は一生伸び続ける

リスが硬いクルミやドングリの皮を上手にむけるのは、一対のノミ状の門歯を持っているからです。門歯の裏側にはエナメル質がないため、内側が早く減り、その結果としてノミの刃のような形になります。この門歯は一生伸び続けるため、常にすりへらして正常な長さにしておかなくてはなりません。放っておくと1年間に約20センチも伸びると推測されます。
リスには犬歯はなく、前臼歯と臼歯がありますが、こちらは伸び続けるようなことはなく、年とともにすり減っていきます。門歯を含めて22本が、リスの歯の合計です。

なお、同じ齧歯(げっし)類のビーバーの歯の数は合計20本。こちらは門歯が4本あって、やはり自然に根元から伸び出してくるようになっています。ポプラ、ハンノキ、ヤナギなどの木を削るのはこの4本の前歯。木を倒したあとは樹皮や葉や小枝を食べ、残った枝や幹で小屋やダムを建設するそうですよイヒ












トリ



1961年、南ドイツで発見された始祖鳥の化石には、立派な歯がありました。でも、は虫類から進化した現在の鳥には歯が生えていません。しかしニワトリを観察してみると、卵からヒヨコにかえるときにのみ歯のようなものが存在します。つまり、ふ化のとき、卵の内側からカラを破るために、ヒナの上くちばしの先に小さな突起物が見られます。これを卵歯と呼んでいます。



卵歯は鳥類だけではなく、多くの昆虫にも見られるそうですカナヘイ花






どうでしたか?
暇つぶしになりましたか?笑
ではでは今日はこのへんでキラキラカナヘイきらきら
おやすみなさいzzz



裕木歯科クリニック
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

yuuki-dcさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。