裕木歯科クリニック 歯のブログ

お口の健康や歯に関するトピックスを書いていきます。よろしくお願いいたします。


テーマ:
こんにちは。

今日は歯周病の初期治療についてです。

まずは、歯周病のメカニズムからおさらいしましょうとびだすピスケ2








Ⅰ、口の中には500~600種類もの細菌が住みついている

ブラッシングが不十分であったりすると、歯垢(プラーク)が形成され、細菌数がさらに増えます。






Ⅱ、歯垢1mgの中には10億個もの細菌がいる

歯垢はまさに細菌の塊なんです。
その中には、虫歯の原因菌だけでなく、毒素を出して歯周組織に炎症を引き起こす歯周病の原因菌もいます。


歯垢は粘着性が強いので、うがい程度では落ちません。❎
ブラッシングできちんと取り除いておかなければ、やがて石灰化し、硬い歯石となってしまいます。こうなると、ブラッシングでも取り除くことができなくなってしまいます。






Ⅲ、歯石は細菌の住み家となる

歯石は軽石のように多孔性(細かい穴が空いている)であるため、細菌の繁殖スペースとなります。
そして、そこに住み着いた細菌が、毒素を出し続けて歯周病を進行させていくのです。









歯健康な歯ぐきはピンク色でひきしまり、歯と歯肉の間の溝(歯肉ポケット)の深さは1~2mmとされています。









歯周病が進行すると、歯周ポケットと呼ばれる深い溝ができ、さらに細菌が繁殖しやすくなります。
歯周ポケットの深いところにいくほど、酸素のあるところでは生息できず、暗い場所を好む種類の細菌が増えていきます。
さらに中へ中へと侵入してこようとします。そして、歯を支えている顎の骨にも影響を与えます。








Ⅳ、異物を排除しようとする力

私たちの骨は細菌感染に非常に弱く、また、感染物を排除しようとする力が備わっているため、自ら顎の骨を吸収しこの細菌たちから逃れようとします。


さらにさらに進行すると、支えであった歯の周りの骨がなくなり、歯を失ってしまうのです。えー?







歯周病のメカニズムはなんとなくご理解頂けましたか?






このように、歯周病は、細菌の持続的な感染によって引き起こされる炎症性疾患です。原因は歯垢(細菌)ですが、さらに進行を促すのが、以下のものです。

◼歯ぎしりやくいしばりなどの過度の力
◼合っていない入れ歯やブリッジ、被せ物

◼喫煙、ストレス、不規則な食事などの生活習慣
◼糖尿病などの生活習慣病
など…




歯周病予防はもちろん大切ですが、実際に歯周病にかかってしまっている場合には治療が必要になってきます。

まず、歯周病の検査にはポケット測定(歯と歯茎の溝の深さ)を行います。



通常、4mm以上のポケットを持つ方は歯周病と診断させていただいています。
またその時に出血が見られる場合は、その病気が今も進行中と判断しています(喫煙される方の場合には、出血傾向が認められない場合が多いです)。











歯周病の初期治療

まずは汚れている歯の周囲をきれいにしていく処置を行います。




スケーリング





歯周ポケット内にプラークや歯石などが付着していると 歯肉は炎症を起こし腫れ、赤みを帯びて出血します。
歯石は一度付着すると歯ブラシなどの清掃用具での除去は不可能です。
ですから歯科医院で専門の機械を用いた除去(スケーリング やルートプレーニング)が必要となります。

まずは、歯茎ラインより上に見えている、プラークや歯石を超音波スケーラー等で除去します。超音波スケーラーの先端チップには種類があり、行う部位などによりそれぞれ角度や太さなどを選択します。
また毎秒2,500~3,000回ほど振動があり、発熱するため、水を出しながら使用します。
歯質は削らずにプラークや歯石だけを除去するのですが、今まで歯を覆っていた歯石がなくなることで、一時的に冷たいものなど、しみやすくなる場合があります。





さらにこういった処置と平行して、ブラッシング指導を行います。
以前にも書きましたが、処置を行っただけでは、歯周組織の回復は見込めません。回復には清潔な状態を保ってあげることが必須となります。

処置後の継続的かつ適切なケアが重要になるため、ご自身でしっかりとプラークコントロールをしてもらう必要があります。
そのためのケアの方法を習得していただきます。









そして炎症が少しずつ消退すると、腫れがなくなり、歯茎ラインが下がることで、さらに深いところに潜んでいる歯石が見えてきます。これらを少しずつ取り去ることと歯ブラシとの相乗効果である程度の落ち着きをみせます。







スケーリングルートプレーニング(SRP)

4mm以上の歯周ポケットがあるかたは、ポケット底までの治療を行う必要があるため、場合によっては、麻酔を行った上で処置をする場合もあります。
歯根の形態は様々で、複雑です。
ここでは手作業で、根の周りに沈着している歯石を除去していきます。
個々に適した器具を用いて治療を進めるため1本の歯に対して数種類の器具を使い、時間もかかります。



上記の器具を用いてスケーリングでは、とれない深いところにある、歯石やバイオフィルムを除去し、複雑な形態をした粗造な歯根面をつるつるにします。
かみ合わせも歯周病を悪化させる要素としてはかなりのウェイトを占めていますので、歯に動揺がある場合には仮の固定を行ったり、一ヶ所だけ先に強く当たってしまっているような歯を削って調節するなどもこの時期に行っていきます。


更にご自宅で適切な口腔ケアを実践して頂き、新たに口腔ケア方法のご指導などを行います。





ここまでは、基本的な歯周病治療の流れですが、それでも改善がみられない場合は、外科的な治療も必要となる場合があります。

歯周外科治療については、また後日載せたいと思いますとびだすうさぎ2



裕木歯科クリニックHP



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

yuuki-dcさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。