RISE TOKYO様からのご案内で
明日を変える健康睡眠セミナーに参加いたしました。
最近寝違えて首が痛くて、枕が合わないのかな~、
と感じていたので、興味深々、とても楽しみなイベントでした。

RISE TOKYOって正直、存じ上げない会社でした。

2011年に出来たばかりのまだ新しい会社だったのです。

桑田真澄さんがスペシャルパートナーを務めています。

銀座にある見晴らし最高のオフィスで、

美味しいフローズンヨーグルトを頂きながらお勉強しました。

皆さんの睡眠時間はどのくらいですか?

私は昔からたくさん寝ないと元気が出ないので、7時間くらい。

寝過ぎですかねw

睡眠業界?にも流れと言うかブームがあり、
数年前には低反発が良いとされていました。
確かに、全身が包み込まれるような気持ち良さがありました。
日本人の平均睡眠時間は、世界18か国の中で、
韓国についでワースト2位だそうです。
(韓国は眠らない街だから納得・・・)

通勤に時間がかかったり、深夜まで仕事をしたり、
インターネットにはまったり・・・。
ほんと、昔に比べて睡眠時削られちゃってます💦

それはお子さんも同様です。
お子さんの睡眠不足は、発達障害、キレやすい、
情緒不安定と言う深刻な弊害を伴います。
 
昔から寝る子は育つ!と言われていますが、
本当にその通りなのです。

では睡眠時間を増やしましょう!

と言ってもなかなか難しいですよね。
 

そこで量より質の睡眠が必要となるのです。
寝ても寝ても疲れが取れないって経験はありませんか?

 

それはもしかしたら、枕があってないのかも?

マットレスが柔らか過ぎで、寝返りがきちんと出来てないのかも?

ならば、硬い布団がいいのか?


いいえ違います。

 

「硬さ」ではなく、
「反発力」がポイント!


実際にどのマットレスが自分にあっているのか、

調べて頂きました。

赤い部分は沈んでいる場所です。

別のマットレスにしたら色が変わりました。

お高いお品だから合うとは限らず、

参加したお友達の結果はそれぞれ違うの。

男性と女性、体形や体格にもよっても変わるそうです。

素材は4種類あり、それぞれ特徴が違います。

(詳細はこちら

一番お高い桑田真澄モデルでも、他社さんに比べるとなん分の一のお値段です。

良質な睡眠は、寝返りのしやすさがポイント!

 

新発売のディズニー(©Disney)デザインもちゃんと高反発。

ミッキーマウスファンには堪らないですね。

可愛さと機能性を備えた大人のミッキー。

ネイビーベースとモノトーンベースの2色展開です。

©Disney

最高の「おはよう」をかなえるマットレス。

ぜひ、一度ご体験下さい。

取り扱い店舗はこちらです。

 

そうそう、マットレスの寿命は5年だそうです。

ええ?私何年使ってる?

買い替えを真剣に考えなくちゃ。

RISE TOKYO

どくしゃになってね…
 人気ブログランキング

 ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

@yuukanmadam (フォローしてね)

 

AD