映画鑑賞「マリアンヌ」

テーマ:

思い立ってTOHOシネマズ錦糸町まで「マリアンヌ」を観に行ってきました。

【あらすじ】

1942年、極秘諜報(ちょうほう)員のマックス(ブラッド・ピット)と

フランス軍レジスタンスのマリアンヌ(マリオン・コティヤール)は、

ドイツ大使暗殺という重大な任務のためカサブランカで出会う。

二人は、敵の裏をかくため夫婦を装い任務の機会をうかがっていた。

その後、ロンドンで再会し次第に惹(ひ)かれ合った二人は愛を育んでいくが、

マリアンヌは愛するマックスにも打ち明けられない秘密を持っており……。



もうね、マリオン・コティヤールの美しさが半端無い!
随分前に「エディット・ピアフ」の主役で素晴らしかった記憶があります。
なんと41歳?
アンジーが浮気を疑ったって納得しちゃった。

1940年代のファッションもとてもキュートで見てて楽しいです。


もちろんブラピもめちゃかっこえ~。

一部にCG処理?との疑いもある程だって。

あれ?確かに若返ってるw

 さて感想です。

スパイ映画と言えば、ブラピとアンジーが出会ったきっかけの映画。

別れた後もスパイ映画とはね~

スパイ映画と言っても恋愛要素が強いよ。

 

だけど殺す時は一切の躊躇い無し!

一体何人、何十人殺したんだ~って二人だけど、

本気で惹かれあい、ロンドンで結婚する。

空襲に襲われながら子供を産むシーンは感動的でした。

親子三人の平穏な生活が・・・・続く訳は無く( ;∀;)

 

スパイって別人に成りきるために、言葉の訛りから、

趣味特技、何でも身に付けなきゃいけないの。

だからね、きっとマリアンヌもピアノを弾けたと思うんだよね。

だけど弾かなかった・・・。

そんな気がします。

最後のシーンは号泣と言うか嗚咽状態、

余り人が入って無くてちょっと残念だけど、

思い切り泣けて良かったかもですw

派手なアクション映画やアイドル映画に飽きたらぜひ!

どくしゃになってね…
 人気ブログランキング

 ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

AD