終演(・ω・)ノ

テーマ:


初プロデュース作品「幾星霜」無事に千秋楽を迎え終演いたしました、辻氏です(・ω・)ノ





いきなり終演て、、笑





すみません、バタバタしておりTwitterのみ機能してましたw





終わってしまった今、もぬけの殻となり、何から書いていいか全くわかりません。





一つだけ言えます。





このブログの長さはおそらくえげつない事になります。





あらかじめご了承ください。笑





がしかし、何から書いていいかわからない辻がした事と言えば




{FEABA484-6758-458A-B080-48F0DDF2CC27}




書くのではなくハサミとのりを使いましたねw





物販にて販売していたブロマイドの残りが我が家に届いたのですが、愛するキャストの写真を捨てられる訳はなくこうなりますよね。。





飾っておこう(・ω・)ノ





まだ何枚か余りあるからね、キャストスタッフの皆々様のためなら作ってあげるからね、連絡ちょうだいね





↑単純にみんなと連絡が取りたいだけのやつです笑





思い出に浸りながらブログを書いて行こうかな(・ω・)ノ





この企画が本格的に動き出したのは去年の秋頃だったな。





親友の坂口佳澄氏が幾星霜の土台となる素晴らしい本を書いてくれました。





同時に一緒に芝居をやりたい仲間もいて。





夢うつつだった舞台の企画立ち上げが現実になり始めた2015年秋頃。





あの頃は不安しかなかったなぁ〜本当にできるかな?っていう。笑





でも、2人でプロデューサーをやると決めてからは色んな事に追われあっという間だった気がします。





右も左もわからない私に本当の姉のように接してくれて導いてくれてたかすみん。





坂口佳澄は時に厳しく、時に優しく、愛のある人です。





彼女のためにも絶対に成功させたかった。





こんなに素晴らしい本を書いてくれたんですもの✨





とにかく必死でした^ ^





劇場決めたり、キャスト スタッフを決めたり、稽古スケジュール決めたり、やったことのない事ばかりで。





頭爆発何度もしかけたけど、それも今となってはいい思い出です





今年の9月頃まではずっとお城で言えば外堀を固める作業をして来たけど





9月末、ついにお城を築き始める顔合わせがありました。



{74F62B0A-9A15-4061-A55E-31E180D85776}




すでに 「ついにここまで来たか」っていう思いはありましたね。笑





初めて役者の皆さんの生の声で本読みをした時は鳥肌モノでした(*´꒳`*)





自分達が考え出した作品に集まってくれた役者の皆さんが目の前で一生懸命考えてくれてる事が不思議でたまらなかったな✨





無事に稽古も始まり、それまではプロデューサーとしての仕事しかなかったけど役者として考える事もとてつもなく多くなりました。





なんて言ったって今回の台本





見に来てくださった方はお分かりかと思いますが、かなり難度の高い本でした笑





わかってはいたもののここまで難しいとは。。





ざっくり説明したいところなのですが、すみません、私の頭脳では説明ができませんw





書いてたら1日が終わってしまいそうです笑





逆に言うとこんなにやり甲斐のある作品に出会える事もなかなかありませんでした。





だからなのかな





役者の団結力もかなり強かったような気もします^ ^




決して引っ張っていくキャラクターが多いわけではないけれど気がついたらみんなが同じ方向を向いているような、そんな座組でした(*´꒳`*)





演出の林彬さんは自分のプランをやらせると言うよりは役者自身が持って来て出してくれるものをさらに膨らませてくれるような演出家さんで、だから提示してくれるのをずっと待ってくれてました。





難しくてそれこそ完全に行き詰まってしまった事もあったけどそれでも待ってくれて。





その人にしかできない魅力を十二分に引き出してくれて、周りのみんなも一人一人の魅力を感じて、意見を出し合ったり、相談しあったり





本当に仲良しだったね、みんな(*´꒳`*)

 



最初から仲良かった^ ^





写真たくさんあるから載せよう(*´꒳`*)





最初の写真はブロマイド用の撮影をした日。稽古始まってまだ1週間ちょっとだった頃かな





なぜかみんな撮影場所まで走ってて、その絵がなんか可愛いから後ろからパシャり。




{E589BFB5-176B-4C3A-99E2-46536ACCAB65}




3秒後。




{177227F3-61FB-41F1-A04A-9167FF5CA9FD}




誰もこっちを向いてとは言ってないんだけど、バッチリ決まってます





次はハル(倉本発) ミツキ(坂口佳澄) ハジメ(森下竣平) ニナ(辻) で天体観測をしにプラネタリウムへ行った時✨



{454EFAD2-2007-4891-AE7D-5E0738EC7241}




相変わらずはしゃいでますね笑
Twitterで動画も見れますw




プラネタリウム待機中…。

{23124D43-86E0-4F65-9E18-4D62D537549B}






これは劇中には登場しない殺された中村さんを実際に運んでみたらどうなるか試すためにソラ役の岩田響耶くんを運んでいるハルとハジメ


{04720B58-B24A-4E9F-A0FF-7AD7770BE128}



リアルを追求してます。





響耶くんもグッタリして中村になりきってます。





作品自体はすごく重たいお話だったけど稽古終わりにご飯食べてくだらない話とかたくさんして





ほんと、楽しかったなあ✨





あっという間に稽古が終わっちゃって劇場入りになっちゃったね





本番も気がついたら終わってしまっていることが多くて





毎公演毎公演が本当に大切な時間でした✨





本番直前にみんなと写真たくさん撮った!



{81AC781F-2EA0-4C62-9AD6-381744112BE3}



まずは三島刑事役のマックさんこと西村真さん!
幾星霜座組キャスト最年長!稽古中に39歳のお誕生日を迎えてみんなでお祝いしました✨  

本当にマックさんの三島刑事から繰り出される芝居は素敵で…上手なのはもちろんなのですが、本当に惹きつけられました。
最後に一言、あまり感情的にならない三島刑事がハルに「幸せにならないと許しませんよ!」って怒鳴るシーンがあるんです。
そのあと三島さんはみんなの顔を見て微笑んで、そのままその場を後にするんです。その顔がもうどんな言葉でも言い表せなくて…一生忘れません。マックさんが三島さんで本当に良かった✨





{54237295-942B-46FA-BA93-F352FAA33510}


佐川刑事役の伊東秀悟くん!
今回唯一の同級生✨秀悟くんとは以前に共演していて今回イメージに合いそうだなと言うことでキャスティングさせていただきました。大正解だったな。笑

もう絶妙に空気が読めない!!だけど最後にめちゃくちゃいいセリフを言うんです。それにグッと来た方も多かったんじゃないかな。
秀悟くんはすごく気配りが出来てプロデューサーとして大変なのを察知して色々とお手伝いもしてくれました。すごく助かったよ!ありがとう
秀悟が佐川刑事で本当に良かった✨






{DCFE4E78-9D64-426A-B97B-4855C9A8F189}

続きまして、みんなのお兄さん、吉岡ソラ役の岩田響耶くん!
お兄さん役なのに座組最年少✨最年少だけど最高にお調子者で愛されキャラのムードメーカー^ ^
実は響耶くんが最後のキャスティングでした。すごく難しい役だったのでギリギリまで考えて。でも根性はあると聞いて、直接会って、即「行ける、この子なら大丈夫✨」と思えました。その通りだったね。

個人的にソラにはすごく思い入れがあります。私の演じたニナはソラちゃんが大好きだったから。ニナはいつも守ってもらってばかりだったけどソラちゃんに私も誰かを守れるようになりたいって打ち明けた時、ニッコリ笑ってくれて、その笑顔がなんか三島さんに似てたんだよ。ソラちゃんには劇中に登場しないセリフもお願いして言ってもらったりしました。「行け!ニナ!」とか「それでいいんだよ」とか。とてつもない勇気をくれました。舞台の上や裏で緊張してる時に目が合うと何も言わずニッコリ笑ってグーサイン出してくれたりもして。完全にソラちゃんだった。千秋楽の「泣くな!ニナ!」びっくりするくらい心に響いたよ✨響耶がソラで本当に良かった✨


ソラちゃんから手渡された星座表

{7A113CE7-80D3-428F-962D-9B7C736BBC48}

すごく汚れてるけど持って帰らせてもらいました笑
気づいた方いるかな?ソラちゃんから手渡されたこの星座表。実は真相が明かされるまでニナはずっと手に持ってたんです。持ってるだけで勇気が出ました。落とした後もミツキちゃんが手を掻きむしって止まらなくなった時すぐ手元にこの星座表が落ちてて、その時「行け!ニナ!」って聞こえました。



{59FE3758-00EB-483D-8CE8-3B443A9C4E0C}


裏にはきちんと名前が書いてあったんですよ^ ^
ソラちゃんに書いてもらいました!
ソラちゃんが死んだと聞いてからこの星座表の名前を見た時、本当に切なくて辛かったな…。
本当にたくさんの勇気が詰まってます✨






{682E1455-DCDB-4E6F-A092-09ADFFBB950D}


真壁ハジメ役の森下竣平さん!
とにかくマイペース!笑いのツボにハマったらなかなか抜け出せません。笑
でも凄い芝居力でした。どんなことがあってもハジメちゃんはハジメちゃんだった。本当に尊敬します✨

ハジメちゃんは10年間かけて必死で新しい幸せを見つけてた。久しぶりに再会した時その変わりっぷりにみんなびっくりしてたけどきっと人一倍苦労したんじゃないかな。施設にいた頃ニナは唯一ハジメちゃんの「特別の好き」を知っていました。だから10年ぶりに再会した時どうしてハジメちゃんがこの瞬間に感情的になったり、どうしてこんな言葉を言い出したりするのか、きっとあの場にいた誰よりも理解できた。だからこそ切なかったな…敢えて誰とは言いませんがもうわかっちゃいますね笑 
ソラちゃんと2人でハルに言葉を掛け合うシーンは本当に心が動かされました。
「言葉って大事だよ。でもその言葉の意味を履き違えるとただの足枷になる」
とても重くてズシンとくる言葉。ハジメの10年間の全てを表してた。竣平さんがハジメで本当に良かった✨





{13AC6BD9-DA84-492C-9259-8550825264B4}


成瀬ハル役 座長 倉本発くん! 
実は発くんも企画立ち上げの段階から一緒に頑張って来たメンバーでした。初主演というプレッシャーは半端なかったと思います。辛そうだった。でも本当に優しくて、本当にいい人で、だからこそ一緒にお芝居をさせていただきたい!と自然と思うようになってました。

ハルとして日々もがいている姿は本当に辛そうでした。ハルは最初から全てを知っていた。徐々に真相が明かされていく中で何もかもを最初から知っていた。それを隠しつつでも怪しまれないように、どうやったらみんなを守れるのか、必死に叫びそうな心を抑えてその場に強く存在してました。ハルの立ち位置は本当に難しくて私には乗り越えられなかった気がします。発くんは人たらしで自分の事を後回しにできる人。そこはハルそっくり。私が壁にぶち当たったときも自然に話しかけてくれて色々とアドバイスをくれました。自分は大したことしてないと思ってると思うけど私にとってはニナの土台を作る大きなキッカケだった。本当にありがとう✨
ハルはハルのままでいいように、発くんはいつまでも発くんのままでいてほしい。
ハルが発くんで本当に良かった✨





{026F1B69-E058-44FA-9347-46C4F4156B03}

この人なしには語れません。
本公演プロデューサー兼脚本家兼花村ミツキ役の坂口佳澄ちゃん!
いやー、本当に多方面でご迷惑ご心配をおかけしてしまい本当にすみませんでした
抜け抜け過ぎて自分でもびっくりです。
でもいつも守ってくれたね。ミツキちゃんだったよ本当に。

ミツキちゃんはいつもニナのそばにいてくれました。アドバイスも一番くれた。私は自分のことでいっぱいいっぱいだったのに、いつも周りをきちんと見てて本当に凄い。ミツキちゃんはすごく不器用です。でも誰よりも4人が好きで、よく覚えてる。だからこそ、昔のトラウマも忘れられなくて、中村さんの血を吹いた手をずっと掻いてた。
守ってもらって何も覚えていないニナがずっと羨ましかったって言われた時、もうどうしたらいいのかわからなくて勝手に体が動いてた。守るって決めたのにずっと守られっぱなしだったね。これからは守れるようになりたいな。なります。結婚式ではお手紙読んでね!

本当にこんな超大作を書いてくれてありがとう✨
あなたの作品に出ることが夢でした。叶えてくれてありがとう。幸せです。
あなたに出会えて本当に良かった✨





写真はありませんが演出の林彬さん!
本が読めなくて本当にすみませんでした
吸収力頼みであまり発信するのが得意ではない私をあそこまで引っ張り上げてくださり本当にありがとうございました!!
私は彬さんの演出が大好きです!
稽古すごく楽しくて終わらなければいいのにって思ってました。
また演出してください✨
彬さんが演出で本当に良かったです✨





他にもこの舞台に関わってくださった舞台監督の玉城さん、音響の平田さん、照明の青木さんをはじめとてつもないスタッフの皆さんの協力があってこの「幾星霜」は成り立っていました。





本当に私は人に恵まれているなと。





こんな事簡単にできる事じゃない。





一生感謝は忘れません。






そしてこの「幾星霜」公演に足を運んでくださった皆様、





本当にありがとうございました✨





正直、本番が始まるまで不安で仕方ありませんでした。





どんな風に受け取られるんだろうかと。





でも始まってみたら、驚くくらい、見に来てくださった方から「とても良い作品でした✨」という声を頂くことが多くて。






「もう一度見たい」「今まで見た舞台作品の中で一番良かったです」そんな声もたくさんあって





日々自信に繋がって行きました✨





「幾星霜」は紛れもなく観に来てくださったお客様と一緒に成長した作品です。






この作品と出会ったことが私の人生を大きく変えた気がしてます。






きっとそう思っているキャストもたくさんいるんじゃないかな。






そんな作品を見届けてくださり、本当にたくさんの声援をありがとうございました✨





今後もKY Produceとして役者として活動出来るように精進してまいりますので今後ともよろしくお願い致します。






今、感謝の気持ちと達成感で心が溢れてます。





しばらくは浸ろうかなと✨笑





本当にありがとうございました(*´꒳`*)






そして長々も失礼致しました笑






また更新しますね✨







KY Produce 辻祐香




AD