始末屋-幽玄花-の散策日記

 PSO2クローズβテストの開始と同時にこのブログを開始致します。
まずはテスト動作のチェック内容を中心にご紹介していく予定にござります。
PSO2のゲーム内容の他、パソコン環境についての関連情報など、
ゲーマー向けの記事を取り扱っていく予定であります。


テーマ:

PSO2 オープンβへ向けて

ヒューキャシール(ハンター×キャスト×♀)
でのオススメ序盤育成法を考えてみました。
クローズドβテストに参加できなかった方や、
少ししか参加できずに深く内容が解らなかった方、
wikiの内容が多すぎて何から手を付けていいか解らない方には
少しでも参考にして頂けるのではないでしょうか。



オープンβに向けての予備知識


・キャラクター作成

http://pso2.jp/benchmark/
お気に入りのキャラを作りましょう。
やゑはこんな感じです。


始末屋-幽玄花-の散策日記

キャラクタークリエイト体験版にて
予め設定構成ファイルをローカル保存しておくと早いです。
本編ではここで作成したデータを読み込んだ後、
「走行モーション」と「ボイス」を別途選択できます。
他にも新しく実装されている内容があるかもしれないので、
念の為他の項目も全て目を通すと良いでしょう。



※キャラクタークリエイト機能徹底攻略の記事はこちら

http://ameblo.jp/yuugenbana/entry-11240922328.html





!!キャラクター作成時の注意!!


PSO2では、キャラクターを作成(完成させて登録まで)する回数自体がカウント対象となっています。

 500AC(1AC=1日本円、まとめ買いボーナス有り)で課金販売されている「新規キャラクター作成権」は「2回目」からのキャラクターを作る際に必要になる為、所持キャラクター数は関係ありません。キャラクター作成枠を買っている訳では無いので、1体目のキャラクターを削除してもう一度作り直す際には、新規作成扱いになる為、500ACが必要ですので充分ご注意ください!

 また、キャラクター作成回数はシップごとのカウントではありません。一つのアカウントにつき1回のみキャラクター作成が無料となっていますので、どこのサーバーに遊びに行くかはよく考えてお決め下さい。








ゲーム内では、プレーヤーには2つの名前があります。

★キャラクターネーム

 作成したキャラに対して付ける事の出来る名前です。

 キャラは1アカウントにつき、初回のみ無料で作成できます。
二回目からは作成する為の権利を
毎回ACを支払って購入する必要が有ります。

 デフォルトの設定ではキャラの頭上にこの名前が表示されており、
出会った人からもこの名前で呼ばれる事が基本的になるでしょう。

 この名前は他のプレイヤーのキャラと重複可能ですので、
キャラ名が取り合いになる事は基本的に無いでしょう。
差別化をする意味ではアリかも知れませんが、
他のネトゲにみられるような名前の脇に記号を付けたりする行為は
あまり必要ありません。
(もちろん好みで付けるのもいいですね。)


★プレイヤーIDネーム

 アカウント単位で登録する名前です。
言わばキャラクターを操縦するパイロットの名前だと思って下さい。

 フレンド登録やチーム所属、個人向けチャット等は
このプレイヤーID名単位で行われます。
ゲーム内ではデフォルトで画面上に常に表示はされていませんが、
アークスカードや設定変更(クイックメニュー)などにて
誰でも知る事ができます。

 こちらの名前は全シップ内で1つのみの重複不可な名前ですので、
所謂先着順の状態になります。



 ゲーム内では上述の2種類の名前の組み合わせと、
アカウント取得順に割り当てられたユーザーIDと言う8ケタの整数で
個人が判別される事になります。



PSO2の世界観として、以下の場所区分の名前を憶えておきましょう。


★シップ

 大きな宇宙船の事で、実際でのサーバーを意味しています。
所属シップ(サーバー)の違うキャラ同士がゲーム内で出会う事は
ありません。


★ロビー

 シップの中で、冒険者達がくつろいだり、身支度をする場所です。
大抵の施設がこのロビー内にあり、プレイヤーはロビーと惑星を
自由に行き来する事ができます。
 ロビーは2つのエリアに分かれていて、
ゲートエリアとショップエリアが存在します。
ゲートエリアが1階、ショップエリアが2階。の様な感覚でしょう。
 2つのエリア間は茶色い看板のあるエレベーターで
瞬時に行き来ができます。


☆ロビー(ゲートエリア)

 クエストカウンターやクラスカウンターなどがあるエリアです。
このエリアでクエストを受けると、
2か所のクエストカウンターの中央にあるゲートから
「キャンプシップ」と呼ばれる転送所に入る事ができ、
ここから指定した惑星へ降り立つ事ができるようになります。
シップの玄関の様なエリアです。
 
☆ロビー(ショップエリア)

 各種のお店や、鑑定・強化ができるカウンターがあるエリアです。
こちらのエリアの奥には大きな3面スクリーンがあり、
その後ろは全面ガラスとなっていて、外の景色が一望できます。
 ここから見える景色は「居住区」と呼ばれ、
マイルームなどが設けられているエリアという設定です。
居住区は眺められるだけで、歩いていく事はできません。
マイルームのベランダからも見る事ができます。


★ブロック

 1つのシップの中に、たくさんの同じロビーがあります。
これらが「ブロック」と呼ばれ、違うブロックに居るキャラ同士が
お互いの姿を見る事はできません。
ただし、シップが同じなので連絡を取り合う事はできます。
 各ブロック間は黄緑の看板のあるエレベーターから
自由に移動する事ができます。
 この黄緑の看板のエレベーターからは、今居る以外のブロックか、
マイルームへと転送して貰う事ができます。
 マイルームも独立したブロック扱いなので、
違うブロックから同じマイルームに入れば出会う事ができます。




~キャラクターを作ったら~



Lv1~2

 まずはオープニングを鑑賞し、チュートリアルを受諾しましょう。
もう何度も見たし、操作法もばっちりだから不必要だ!という人は、
チュートリアルヘルプの表示だけを飛ばし、
ストーリーの初めとなるチュートリアルストーリー(チャプター0)
を進める事でLv1→2分の経験値を貰う事ができます。

 何キャラか作って何度か試して比較したのですが、
このストーリーを飛ばした状態から開始して、
Lv1から一般クエストでLv2へ上げるよりも、
ストーリー内でムービーをスキップした方が短時間でした。
(初めての方はぜひストーリーもお楽しみください。)


Lv2~5

 ストーリーが終了すると、Lv2になった状態で
ロビー(ゲートエリア)へ出ます。

 まずは目の前にある茶色の看板のエレベーターから転送し、
ショップエリアへと移動しましょう。
すぐ下に見えるモニュメント付近にNPC(シオン)がいて、
近くに行く事でストーリー(チャプター1)が開始されます。
まずはここでストーリーを開始しましょう。
※PSO2のストーリーは一般的な冒険の中で進行する為、
歴代シリーズの様な「一人プレイモード」の感覚とは異なります。
後々から対象クエストを受けなおして行くと二度手間になるので、
経験値も美味しく頂ける内にストーリーを開始させておきましょう。

 ムービーを見終えてストーリーが始まったら、
初めての人はまずはロビー内を散策して、何がどこにあるのか、
これが何なのかを把握しておくと良いでしょう。
 開始時では所持金が0メセタなので、失うものは何もありません!
まずは手当たり次第にアクセスして場所と機能を把握しましょう。


 その後暫くはマターボードのシナリオに沿って進めるといいでしょう。


 また、メニュー項目の配列にも若干のクセがあるので、
一段落したらこれも確認しておきましょう。
「チャット設定」の項目を見つけたら、
ショートカットに基本的な挨拶や応答を入れておけば、
その後他のプレイヤーと出会った時にも
円滑なチャットでコミュニケーションが取れるでしょう。

 また、チャットの方法もここで確認しておいて下さい。
エンターを押すとチャットボックスが開いて記入可能になり、
チャットボックスのすぐ上にあるボタンをクリックして切り替えれば
発言範囲を変更する事ができます。

一般:
(ロビー内)周囲近辺の全キャラに対して聞こえる。
(クエスト中)パーティを組んでいるメンバーや、
マルチエリア内同エリアに居る他PTの全キャラに対して聞こえる。

パーティ:パーティメンバーにのみどこに居ても聞こえる。 

チーム:所属チームのキャラにのみどこに居ても聞こえる。

ウィスパー:付近の対象指定ユーザー1人に対してのみ聞こえる。
※発言できる範囲が非常に狭い為不満が多く、
もしかすると改善される可能性もあります。
クローズドβ版での仕様では、近くで話している時に
パーティメンバーにも、チームメンバーにも聞かれたくない内容を
こそっと囁く程度にしか使い道がありません。
ロビー内同エリアでも少しでも歩いて離れてしまうと聞こえないので
リログ後の連絡手段などは「メール」機能が主になってしまいます。



 余裕が有ればここでアークスカードの編集など、
プロフィール関連を設定しておくのもいいでしょう。
飽きてきたらいざ冒険です!
ストーリーの目的に合わせて対象クエストを
ゲートエリアのクエストカウンターで受けて出発しましょう。
※操作性についての設定も、アクションを実際に体感しつつ、
自分に合った調整や設定へと微調整していきましょう。
早めに合理的な操作環境を整えておいた方が
後のプレイヤースキル(操作技術)の上達に大きく影響する事は
どのゲームでも共通して言える内容ですので、
じっくり考えて自分だけのオリジナルカスタムを編み出して下さい。


 武器や防具について

 序盤では少しでも強いものを拾う度に換装して行き、
まずは使いたい武器種のスペシャルウェポンを探します。
やゑはパルチザンが好きなので、この赤箱を狙います。

 称号カウンターで貰える称号報酬や、ラッピーからのドロップ、
緊急ミッションなどの様々な場面でグラインダーが貰えるので、
赤箱からでたパルチザン系を鑑定し、即強化してしまいます。

 特に最下級武器は強化費用が1回100メセタと
超格安なので、赤箱鑑定時にオプションでEXブーストを選んでおけば
序盤武器としては非常に重宝する代物ができあがります。
+10まで強化すれば攻撃力が120近くまで上がるので、
Lv10程度まではこの武器で充分やっていける火力がでます。


※コネクト!オン7月号の付属武器(ガエボルグ/ナハト)をお持ちの場合、

初期攻撃力が108、+1すると+5%、+2で+6%、+3で+7%、~+5まで+7%を確認済みです。

EXPブーストⅠも付いているので、序盤は便利な武器になると思います。

強化費用は1回1450メセタ程度となっていますが、拾ったアイテムをまめに売っていれば十分足りる額でした。



 一方防具の強化はグラインダーが余っていたら程度でいいです。
こちらはすぐに上位互換のものが拾えるでしょうし、
スペシャル鑑定武器にあるEXブーストの様なOPのこだわりもない為、
特に強化を急ぐ必要はありません。
 どうしても倒せないボスが居たり、耐久面で不安が出てきたら
強化に手を出してみようか、という程度の感覚がベストでしょう。
 回避スキルの使いどころが重要なシステムなので、
特にキャラ耐久をがっつり上げなくともプレイヤースキルの上達で
充分カバーできるようになっているのも面白い所です。



クライアントオーダー

 少しストーリーが進行すると、クライアントオーダーと呼ばれる
NPCキャラの個人依頼を受ける事ができるようになります。


 正式にアークスとして受ける依頼の「クエスト」とは違い、クエストの合い間についでで行える個人的な頼みごとのような扱いです。


 この依頼の成功報酬には経験値が多く盛り込まれており、
同時受諾できるオーダー数にも上限が無いので、ロビー内を巡って
受けられるオーダーは全て受けておきましょう。

 受諾可能なオーダーを持ったNPCの頭上には青いアイコンが、、
完了報告のできるオーダーを持ったNPCの頭上には緑のアイコンが、
それぞれ浮いて表示されているので、
ロビー内の2つのエリアをぐるりと回って全て受けておくと
後の効率がいいです。

 特にショップエリアの鑑定・強化カウンター側の折り返し階段の
踊り場にいるNPC(エメライン)から受けられるお天気調査が
非常に高い経験値をくれる為、常にチェックしておきましょう。
このオーダーはクリア後24時間は再受諾できなくなりますが、
何度でも受ける事ができるので、こまめにチェックしておくと
レベル上げの助けになってくれるでしょう。

 また、ゲートエリアのクエストカウンターの両脇にいるNPC
(ハンス)と(ラヴェール)のオーダーは様々な場所で出会う
エネミーを指定数討伐する内容なので、常に受けておくと
いつのまにかUPできるので便利です。


Lv5~
 クエストカウンターにいるNPC(管理官コフィー)より、
マグライセンス取得許可申請と言うクライアントオーダーが
受諾可能になります。
このオーダーは出来るだけ早めにクリアしてしまいましょう。

 クリアするとマグを1体頂けるので、
Yキーを押して開けるマグメニューより装備して、
早速育成に取り掛かりましょう。

 マグ育成方法については後述します。


 また、レベルが上がるにつれて、スキルも習得しておきましょう。
クラスカウンターでスキルポイントを使ってスキルを覚えられます。


 若干のバランス変更などがあるかもしれませんが、
恐らくこの流れで武器や防具を変えつつ、
拾ったPAディスク・テクニックディスクをこまめに更新していけば
Lv20までは特に問題なくレベルを上げる事ができるはずです。
 恐らくオープンβ版よりマップの種類もレア武器などの種類も
より増えていると思われる為、それらについても非常に楽しみです。
 状況を見て臨機応変に対応して下さい。

 所持メセタの管理について、
常に4000メセタは確保して、残りを強化費用等に充てると
資金を効率的に回せると思います。
4000メセタはモノメイト×10+ディメイト×10の価格で、
これだけ残しておけば金欠になってもクエスト1回分程度は
なんとか凌ぐ事ができると思われる為です。

 メセタ稼ぎにはマルチエリアで留まって狩り続けるのが
最も効率がいい様です。
特にPSEバーストやクロスバースト、ワンモアッ!等が出ると
敵の湧きが加速する分ドロップ総量も跳ね上がりますので、
それらを売る事で多額の資金を得る事ができます。
 多数のダーカーが出現する上、他のプレーヤーが密集しやすい
緊急クエストなどのマルチエリア狩りを利用できれば
非常に高効率な資金調達になると思います。
 逆にボスエネミーは単体を倒す所要時間あたりのドロップ総量が
マルチエリアの雑魚狩りに比べて低い為、
資金稼ぎではなくレアドロップ狙いが主な目的になるでしょう。





・マグの育成方法

 マグとはペットの様な存在で、プレイヤーの戦闘をサポートしてくれます。

1キャラにつき初めの1体のみ無料で手に入り、2体目からは課金(300AC)となります。

 マグはアイテムを食べさせる事で成長します。
各ステータスゲージは自キャラステータスに対応しており、
装備したマグのステータスレベル値が
自キャラステータスへとそのまま加算されるので、
欲しいステータス値を上げたマグを装備するのが理想です。

 アイテムを食べさせると、上のエネルギーゲージが溜まります。
一般的にどのアイテムでも、1つ食べる毎に33%溜まる様で、
毎分2%程度のペースで(?)エネルギー値が減少していきます。
この「エネルギー」はマグの「おなか減ってる度」を表しており、
対象のアイテムを食べさせた場合にエネルギーゲージが100%を
超えてしまう場合そのアイテムは食べさせられない判定になります。

 0%の状態で放置し続けても特にペナルティはありませんが、
マグがかわいそうです。


 なお、スクラッチ景品などで得られる餌型の「デバイス」は、マグのエネルギーゲージが溜まらずに少し多めのステータス上昇が得られる便利なご飯となっています。



 エネルギーの減少はログイン中にのみ適用される為、
ログアウトしてから再度ログインするまでの時間は
マグのエネルギーゲージはストップしています。

 食べさせるアイテムによって、
アイテム種毎に対応したステータスが上昇するようになっており、
上昇値は「ステータスレベル」が上がる毎に割合が減少します。

 いずれか1つのステータスゲージが満タンになり、
ステータスレベルが1上がると、マグレベルが1上昇します。
よって、全てのステータスレベルの合計がマグレベルという事です。
上述した通り、ステータスレベルが低い内のステータスは
レベルが上がりやすい為、全ステータスを万遍なく上げると
マグレベルの上昇は非常に早くなります。
が、特定のステータスに特化させることが出来なくなる為、
少々無駄が多くなってしまいます。

 与えるアイテムによっては複数のステータスが同時に上昇し、
特定のステータスが下がるアイテム種もあります。
 例えば、
近接打撃武器は「打撃支援」と「技量支援」が上昇し、
「物理防御支援」が低下します。
モノメイトは「打撃支援」と「物理防御支援」が上昇し、
「技量支援」が低下します。
この2つを組み合わせて与える事で、
「技量支援」と「物理防御支援」のレベルを1に満たないように
調整しながら「打撃支援」上昇分だけを抽出して、
一つのステータスに特化させた、所謂「極型マグ」が完成します。

 ちなみにひとつ前の記事に書きましたが、
やゑは技量極型マグを作ろうと思っています。


 マグレベルが50を超えた時点で、第二形態へと進化します。
第二形態ではフォトンブラスト(略:PB)と呼ばれる
マグの必殺技のようなものを使える様になります。
 第二形態には4系統あり、
最も高いステータスに対応して形態が決定します。
それぞれ、打撃or打撃防御、射撃or射撃防御、法撃or法撃防御、技量
と4種類に分かれています。
 マグレベルが5の倍数になる度に進化判定が更新されるようで、
その時最も高いステータス値に対応した形態へと変化します。

 マグデバイスと言う課金アイテムもあり、
2種類のデバイスがあります。

 「フードデバイス」はステータス上昇の非常にいい課金餌です。
フードデバイスでエネルギーは上昇しませんので、
マグがお腹がいっぱいでも食べてくれます。
どうやらフードデバイスは別腹ってやつらしいです。
※デバイスによるレベルアップでマグが進化する事はありません。
進化条件を満たして規定レベルをデバイスでまたいで超えた場合、
次の進化条件が揃った時に進化するようです。

 「マグ支援デバイス」はマグのオートスキルを拡張するアイテムで
与える事でマグが特殊な行動を取ってくれるようになります。


 フォトンブラストの使い方
フォトンブラストはマグの持ったスキルで、
サブスロットに登録しておき、そこから使用する事になります。
ダメージを与えたり、受けたりする度にPBゲージが溜まり、
満タンになると画面左下の名前の左側の●印が光り輝きます。
この状態がPB発動できます!というサインです。

 PBゲージはマグの付け外し、違うマグへの装備換装、
キャンプシップへの帰還でリセットされてしまいます。
エリア移動ではリセットされないので、ボス前で溜まったゲージは
ボスエリアまで持ち越す事も可能です。

 フォトンブラストを複数名が瞬時に連続して発動させると、
チェインと呼ばれるシステムが発動します。
チェインが掛かったPBはお互いに共鳴し合い、
威力や効果が上昇します。
 パーティを組んでいる場合出来るだけチェインさせるといいです。
目安は、キャラの周囲に発動時に発生する青い光の円が出ている間に
後から被せて発動させると成功するようになっているようです。
必要なのは発動タイミングのみの様なので、
距離は離れていても問題ありません。が、
見えない程離れていると発動タイミングが解り難く、
チェインは掛けにくいでしょう。
 チェインの為には事前予告が必要となりますので、
ゲージMAXの告知用と発動宣言(&チェイン呼びかけ)用の
2種類のショートカット発言を仕込んでおくと便利です。






↓プレオープン以降症状を未確認で、サーバー負荷も非常に軽減されて快適になっている為改善されたものと思われます。(6/17)


~~深刻な動作速度の問題(バグ?)~~



 以下、不具合報告を提出した中でもコレは特に深刻な内容であると予想される為、

その時の内容を転載致します。

多分ちょっとやそっとの事で改善修正できそうな無いようでも無いので……。

当日ファンブリーフィング会場にもし行かれる方がいらっしゃったら

代わりにこの不具合に関する質問なんかして頂けるとすごい有り難いのです。



「動作速度そのものの遅延」
一時的に発生する過度の減速と、慢性的に存在する緩やかな減速状態の2種類を確認できている為、ゲームシステムの根幹に関係する深刻な問題だと思われます。

慢性的な減速
【症状】
・画面表示の動作速度そのものが低下する。
・速度低下に伴い、歩行モーションの速度も変動し、1歩1歩の時間間隔が変動し、(減速が過度な状態程スローモーションに)同様に移動速度そのものも低下する。
・歩行速度と同様に、自キャラのアクション速度も低下する。攻撃モーション速度通りのタイミングでダメージは遅延なく発生が確認されている為、攻撃モーションの開始→ダメージ判定発生までの手順は正規の順序で処理されつつ、その全体の処理時間そのものが拡大延長されている状態になる。
・エネミーの動作速度も同様に減速する。
・慢性的な遅延の場合、カメラの回転速度についてはほぼ正常通りの速度が維持されている模様。
・ロビーにおいても発生し、エリア移動、ブロック移動、マイルームへ移動を行っても状態は緩和されない。
・設定を非常に軽くした状態に変更しても症状に状態と程度の変化は一切見られない。

状態確認
※動画を撮影すると、FPSの単位そのものが落ちている訳では無いようで、撮影後の動画を再生すると減速の無い状態で再生されるが、音データだけは動作速度に関係なくWAVで保存される為、間延びした低速度のものが聞こえる。
例:減速状態において、現実時間10秒間で10歩あるく動画を撮影すると、
実際には5秒間で10歩歩き終わっていた筈の為、再生すると5秒間で10歩正常にキャラが歩行する映像に、音は毎秒1歩の間隔で(映像2歩につき音1歩)再生され、5秒の時点で画面は撮影終了時の静止画となり、残った5秒間で5歩分の音だけが再生されている動画が撮影される。

一時的で過度な減速
【症状】
・全体的に上述の慢性的な減速の症状と同様の内容で、ただしその程度が非常に深刻な状態。
・一時的で過度な減速の場合のみ、カメラ回転速度も著しく減速。
・特定のブロック(マップ表記の座標区画。例:D-1ブロックの遅延はD-2ブロックへ移動すると症状が無くなる。)や、過度にプレイヤーの密集したブロックまたはその周辺地域にて発生する特徴がある。
・一時的な症状については、同時に周囲の全プレーヤーに見られる為、個別環境に起因する問題では無いと思われる。(慢性的な方はプレーヤー間での同時性は未確認)

 個人環境に問題はないと思います。(添付dxdiag参照)
全体的にオーバースペック気味なので、キャラクリエイト体験版のベンチマークでも全て最大設定の状態でスコア1万7千4百台を記録しています。
「FPS制限を課す修正対応」の以前にはあまり確認されなかった症状なので、
この規制内容に問題があると予測されます。



添付dxdiagより一部抜粋

Operating System: Windows 7 Home Premium 32-bit (6.1, Build 7601) Service Pack 1 (7601.win7sp1_gdr.120305-1505)
Language: Japanese (Regional Setting: Japanese)
System Manufacturer: System manufacturer
System Model: System Product Name
BIOS: BIOS Date: 05/21/10 12:07:52 Ver: 08.00.15
Processor: Intel(R) Core(TM) i5 CPU 680 @ 3.60GHz (4 CPUs), ~3.6GHz
Memory: 4096MB RAM
Available OS Memory: 3574MB RAM
Page File: 2610MB used, 4535MB available
Windows Dir: C:\Windows
DirectX Version: DirectX 11


Card name: NVIDIA GeForce GTX 480
Manufacturer: NVIDIA
Chip type: GeForce GTX 480
DAC type: Integrated RAMDAC
Device Key: Enum\PCI\VEN_10DE&DEV_06C0&SUBSYS_075F10DE&REV_A3
Display Memory: 3034 MB
Dedicated Memory: 1503 MB
Shared Memory: 1531 MB
Current Mode: 1680 x 1050 (32 bit) (59Hz)
Monitor Name: 汎用 PnP モニター
Monitor Model: Acer X223W
Monitor Id: ACR0011
Native Mode: 1680 x 1050(p) (59.954Hz)
Output Type: DVI





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

やゑさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。