テーマ:
恩師・知花敏彦先生の言葉です。

~~~

エネルギーにおいて、すべては一体です。

そのことが解ると、世の中から争いはなくなります。

肉という外側の世界から見ると他人を感じますが、

生命の世界から見ると、

まったく他人を感じません。

生命の世界には、殺し合いも争いもありません。

みなさんの争いは、内なる生命を見ないで、

外なる形を見るから

争いがあるのです。

宇宙生命そのものが、宇宙神、天の神です。

天の神はいつも

あなたの内にいるのです。

だから「天の父、我が内にまします」です。

神我キリストのことを、

内在のキリストといいます。

みなさんは、1度もキリストから

離れて存在したことはありません。




AD
いいね!した人

テーマ:
恩師・知花敏彦先生の言葉です

~~~

あなた方は自分が神に到達するまでは、何回も人間として生まれ変わらねばなりません。

輪廻を繰り返さねばなりません。

我神なりという意識をおこすまでは、自分が神であるという想念になるまでは、あなたは、輪廻は免れる?免れない?免れないです。
 
あなたは神に到達して初めて輪廻の克服であって、人間意識のまま生涯を終わった者に、生まれ変わらない人間というのはありません。

死ぬ者は再び生まれる。

まだまだ、自分というものの自覚がないのですね。

神なる自覚というのは、神ではない?我神なりという意味ですか?

あなたは、人間の自覚ってあるのですか?

覚者というのは、自分の本源本質に目覚めた者を、目覚めた魂、この人間だと思っているものを、眠れる魂と言っているのです。

眠った魂は自分のことを人間と思っています。人間と見ます。

覚めた魂は自分を神と観ます。自分を無限だと観ます。
 
あなたが無限、自分が無限になって初めて、無限の智慧と力とを得るのです。

個人だと思っているなら個人的智慧、個人的力しか出てこないのです。意味分かります?

無力で終わらねばなりません。無知で終わらねばなりません。

救うも救わないも誰次第でしょうか?

あなたの救い主は誰?誰?

自分しかないのです。

汝の救いは汝自身なり。

人間だと思うことも、神だと思うことも、

あなた方の自由意思で行われているのですよ。

救うも救わないも誰次第でしょうか?

あなたは我神なりという神意識にならなくても、

あなたに救いが来る?来ない?来る?来ない?

人間だと思っている人間に、救いが来る?来ない?来る?

人間は実相ですか?仮相ですか?仮相です。
この仮相というものは、本物という意味?

偽ものという意味?

あなたは偽物の自分を見て、本物の自分を見失っています。

いつになったら正しくものが見られるのですか。

正しく見るとは、自分を人間として見るべきか、神として観るべきか、どっちでしょう。

人間、自分を人間だと見るべきですか?神としてみるべきですか?

汝の観るもの受け継がん。

神を観れば神を受け継ぎ、

人間を見れば人間しか受け継がないのです。意味わかります?

あなたは神を見ても、神を受け継がないのですか。

受け継ぐ?受け継がない? 

神を見れば、神を受け継ぎます。

あなた方は、常に人間しか見ないから、

人間しか受け継がないのです。

だから、あなた方はいつまでたっても、

私は人間だ、肉体だという思いがある限り、

それ以上のものになれる?なれない? 

あなた方、思っている通りのものじゃありませんか?

それ以上のものになれるの?

人間だと思っている人間が、それ以上の者になれる?なれない?

誰があなたを制約している?誰が束縛している?

最大の敵は誰なの?自分ですよ。
 
あなたをこの世に陥れているのも、

あなた自身であって、誰でもないのです。

あなたの想念如何です。誰でもない、自分である。

あなたは、未だかつて人間だと思っているのです。

人間というものは、神の仮の姿に過ぎない。

こう言ったらよかろう、この人間とは何かっていうと、人間の形をとった神と言ったらよかろう。

人間の形をとったエネルギーであり質量に変わりないでしょ?

だから、あなた方が敢えて人間ということを、思いたかったら、

人間とはその人間の形をとった神である、という事を言えばいいと思います。
 
だから、造られたものの中には、必ず造り主である神がおります。

造られた人間は、造り主から離れて存在できる?

このエネルギーと質量は、造り主で、

形は造られたものです。

形のことを創造主というのですか?
非造物というのですか? 非造物。

造り主は、エネルギーと質量ですね。

エネルギーと質量が人間という形を造り、

エネルギーと質量が人間という形の中におります。

あなたは造られたものであると同時に、造り主です。

形を見れば造られたもの、本質を観れば造り主です。
コップは、造り主ですか?
造られたものですか?

コップは非造物です。

ガラスは造り主です。

コップという非造物は、

ガラスという本質から離れて存在する?しない? 

あなたの肉体という非造物は、

エネルギーと質量から離れて存在可能?

不可能?不可能です。

造られたものと造り主とは別々ですか?

一体ですか?一体?

人と神とは二体ですか?一体ですか?

神を宿していない人っているのですか? 

いる?いない?

神は神棚におるのですか?

みなさん一人一人の中におるのですか?

どうでしょう。

神の国はどこにあります? 

我が内に。

その意味が、まだまだ理解が乏しければ、

もっともっと、徹底して自分で追及して、

理解してもらいたいと思います。

そうした時、

我神なりと、

我神なりといいましたらその影響、

誰が受ける?

思えば思うほど

その力は勝って参ります。
AD
いいね!した人

テーマ:
恩師・知花敏彦先生の言葉です

~~~

我々の宗教の神が、力が強いよとか、あそこの宗教の神は力ないよ、とかいう人がおりますけれども、本当でしょうか?嘘でしょうか? 

神は宇宙に何名おります?一魂です。唯一神しかないのです。

唯一の神しかいないのに、高い神も低い神もいるはずがありません。

一柱です神は。

これが唯一の神が唯一の真理、じゃ、真理はいくつあるの? ひとつ?

真実なるものは、ひとつしかないのです。

その真実はなるものはなにかというと、神である。

神こそ絶対実在になります。

エネルギーと質量こそ絶対実在になります。

じゃ、様々なものがあるのですか、神一元ですか?

このエネルギーと質量なしで様々なものが存在するのですか?する、しない?
 
全ては、鉱物も植物も動物も人間も、みんなエネルギーであり質料であります。違います?

じゃ、全ては神になりませんか?神のほかに何かがあるのですか?神のみが独存するということです。

これを神一元というのです。「全てに神を見よ」なのです。

その意味はすべてが神であるということです。だから「全き神」なのです。

「全き神」ということは、全ては神ではないと書くのですか?全ては神だと書くのですか?
じゃ、人間もおって神もおるのですか? 
人間と神と何が違うの? 人間と、エネルギーと質料の何が違うの?同じものです。

あなた方は形に眼が眩んでしまって、その本源、本質を何故見ないの?と言いたいのです。
 
人間という形に目隠しされているのです。

あなた方は、本質を見ますと、あなたの中に宿っているエネルギーも、質料も、山の中に存在しているエネルギーも、質料も、同じエネルギーであり質料だと思います。

なぜかというと宇宙エネルギーも、質料もひとつしかない。唯一の神しかいないのですね。これを唯一神と言います。

唯一の神理です。じゃ、全ては神ではありませんか?

あなた方、今日、神、神と知花が言っている、神と言う言葉を発しただけで、あなた方さえも影響受けます。

知花が多く神と言う言葉を発した時、その言葉の発生音は影響受ける?受けない。受ける?受けない?
受けます。

だから、文字でさえも神という文字を多く書いた本には大変な力があります。

聖書という言葉、聖書は御言葉、天啓で書かれた書と言われています。聖書には、ものすごいパワーがあるのです。
 
あなた方がこの地上界で、どんなエネルギーの高い石や色々な物を探して、お守りを探したところで、聖書の百分の一の力もありません。

なぜかというと聖書には無数の「神」という文字が示されているのですね。無数の神という文字が印刷されているのです。気分が悪い時、聖書を胸元において寝てみてください。すぐ治ります。

或いは頭が痛い時、腰が痛い時、その背中にあてても治ります。実際に光が出ています。聖書からは、光が出ています。
 
しかし、あなたが神であるならば枕元に聖書を置いたり、腰に聖書を置いたりするのですか?しないのですか?

神だと思わない人間が外部の物に頼るのであって、あなたは全治全能の神そのものという意識想念をもったとすると、そのものになるわけですから、神になるもならないも誰次第ですか?

あなたは自分を神だと思わなくても、あなたは神になるのでしょうか?

神という想念を持たなくても、私は人間でありますという想念で、神になるということ、ある?ない?答え、なる?ならない? 

我人間なりと思った人間が、神になるということある?ない? ないです。

「想念は実現の母」ですから、あなた方、思っている通りのものであって、それ以上のものでも、以下のものでもないということなのです。

怒ってはいません、迫力をかけているだけです。皆さん方が、ぼやぼやしているから、迫力をかけているだけなのです。

なんでこんなに。我が強いんだろうと、本当にいぶかしくて、いぶかしくて、毎日同じことを言っています。あるの?ということです。人間って。

人間の実態、何ですか?みてください、これで。 疑える?反論できる?できない、できないでしょ? 

だから、全てに神が宿っているという意味、あなたのまつ毛一本にもエネルギーと質量が宿っているわけです。

エネルギーと質量がなくては、物は、形というものは存在するの?しないの?しないです。
 
そのエネルギーと質量は万物の親、万物の作り主、存在の本源です。

あなたは形を見て生きるべき?その本源本質を見て生きるべき?

正しく見るということは形を見るべきですか?本源本質をみるべきですか?

あなたは何を見て人間だと言っている?本質を観て?形を見て?形を見ていますね。これを外観といいます。

あなたは外観して生きるべき?内観すべき?「内観せよ」なのです。

内を見れば神、外を見れば人間だと思います。

だからあなた方は外観という概念の世界に閉じこもってしまってその本源本質を、いつになったら観ることができるのだろうと、

そこを観れば我神なりと言うはずなのに、

常に毎日、外しか見ないがゆえに、

我人間なりという想念で生きていると、

我人間なりという想念がある限り、

あなた方、人間で終わってしまいます。

神には全くなれない。
AD
いいね!した人

テーマ:
恩師・知花敏彦先生の言葉です。

~~~

迷いとか無知とかいうのは、迷った人は、この人間を実在といいます。人間想念を持っています。

これ本当でしょうか、ウソでしょうか?本当?実際にあるの?人間って?

実在しているのは、人間ですか?エネルギーと質料ですか?人間というものは、エネルギーと質料の仮の姿であって、エネルギーと質料がなければ、人間という形は存在しません。

人間は仮想です。実相は、神です。実相は、エネルギーであり質料です。これ、生命エネルギーでも構いません。霊エネルギーでも構いません。或いは、宇宙エネルギーでも構いません。

物質というものは、エネルギー×質料の2乗と言っていますね。アインシュタインは、そう言っていますね。
この世の中に、形が存在しているのですか?エネルギーと質料が存在しているのですか?

じゃあ、神の他に何かがあるのですか?あるの?ないの?

神は、宇宙に遍満するエネルギーであり、宇宙に遍満する質料です。神一元になると思いま。神のみが、実在になります。

あなた方は、仮想の自分でしかものを見てないのですね。存在していないものを、存在しているという、盲信と狂信に明け暮れているのです。

本当には無いのですが、無いものを「ある」と信ずるあなたです。これが、盲信、狂信でなくて何でしょうか。

あなた方は神を信じているのではなくて、まぼろしを信じているのですよ。

外側の、我々の見ている姿、形というものは、実際に在る世界ですか?物質界ってあるのですか?あるの?神界があるのみです。

物質界もあって、神界もあるのですか?どうです?この世は、物質界ですか?神界ですか?この世もエネルギーと質料の世界だと思います。

この不可視のエネルギー、それは見えないエネルギーであり、見えない質料ですから、このエネルギーと質料が形をとったら、エネルギーでもないし、質料でもなくなるのですか?永遠になくなる?なくならない?

なくならない。久遠です。

コップが、「私はコップであって、ガラスなんかではない」と突っ張ったところで、このコップの実体はガラスである事実は変わらないのと一緒。

あなた方が、「私は人間であって、神なんかじゃない」と言ったところで、神である事実は変わらないということなのです。

コップがいくら突っ張って、「私はコップであって、ガラスなんかではない」と突っ張ったところで、ガラスである事実は変わるの?変わらないの?変わる?変わらない?

いつまで、あなた方、偽物で突っ張らねばならないの? 

人間という想念でいいのですか?神の想念になるべき?

正想念ということは、人間の想念ですか?神の想念ですか?想念と意識とは違うのですか?同じものですよ。

神意識というのと、神の想念というのは別ですか?じゃあ、あなたが「我神なり」と言うのは、神意識じゃありませんか?

この想念は、ものを製造させる力ですから。具現する力ですから、我神なりと言う、思った方がいいの?我人間なりと思った方がいいの? 

あなたは、我神なりという想念を起こした時、人間的な小さな影響を受けるのですか?もの言わなくてもいいのですよ。思っただけなのですよ。思うだけで、想念は実現の母ですから。

この世というのは、想念は心であるわけですから、この世というのは、心の影であると、想念の影であるとまで言われています。

あなた方の想念の結果として、この世に映し出して見ているのではないですか?そうですね。心の鏡です、この世は。想念の鏡です。

あなたの想念が日常生活に映し出される訳ですから、それを見ている訳ですから、あなたの心の状態を、見てないですか?見ている?見てない?見ていますね。

だから、皆さん方は、自分のことを人間だと思っていて、神になるとこは全くないじゃありませんか。

人間だという思いがある限り、あなた神になれる?人間のままで終わる?人間のままで終わります。

人間は悟りましたら、人間になるのですか?神になるのですか?ん?迷った人間にのみ人間がおるのであって、悟りましたら、どなたでも神になれます。

これが、神の自覚であって、神への到達です。迷った人には人間がおりますけども、悟った人には神のみしかいないのです。

あなたの知っているものは何かというと、神のみです。何故かと云うと、神の他に何も無い訳です。

鉱物も植物も動物も人間も、みんなエネルギーであり質料です。このエネルギーと質料が、さまざまな形を反映し、投写、映し出しているだけなのです。

じゃあ、あなた方は、見えるものの背後にある、普遍的なものを見なさいと言っても、見ないのですね。見えるものに目が眩んで。

中々、皆さん方は、この我の強さという、仮相を本物と見る思い、これから抜けねばなりません。見えるものが実在している?見えないものが実在している?

このエネルギーと質料は、見えるものですか?見えないものですか?じゃ、見えるものと、見えないものと、どちらが実在ですか?どっちが本物?

見える世界って実在するのですか?非実在の世界ですよ。だから、この世は影であり、まぼろしです。

見えるものを追いまくるってことは、影、まぼろしを追いまくっているということですよ。実在しないものを追いまくっている。

実在しないが故に、消極なのです。見えるものは、永遠の消極です。
光がなかったら、影は映りません。映る?映らない?

丁度、あなたの後ろに光を当てますと、前に影が出来るようなものです。影は実在?非実在?実在なの?

あなた方の肉眼で見ているものは、みんな影まぼろしを追いまくっているようなものなのです。影まぼろしの自分です。人間っていうは、実在の自分は、神です。
 
神こそ絶対実在、神一元、神のみが実在する、全てエネルギーであり、全て質料です。エネルギーと質料がなければ、鉱物も植物も動物も人間も、存在しない。

じゃ、鉱物、植物、動物があるのですか?神そのものですか?どっち?

名前をつけているだけです。形をとっているものは。しかしその本源、本質は、みんな神を宿しています。その実体は、本源は神です。

山も、エネルギーと質料で存在しています。動物も、エネルギーと質料で存在しています。人間も、エネルギーと質料で存在しています。エネルギーと質料がなければ、ものは存在できないのです。

だから、エネルギーと質料は、万物の親なのです。万物の創り主です。

このエネルギーと質料が、万象万物を創って、エネルギーと質料が、万象万物に宿っています。あなた方は神を宿している?宿してない?宿してない?宿している?

これが、内在の神ですよ。

じゃ、神は神棚におるのですか?皆さんの中におるのですか?どっち?

人と神とは一体ですよ。人は神なり、神は人なり。人と神と何が違うのですか?

人間の形をとった神にしかならない。人間の形をとったエネルギーであり、質料です。

形をとったらエネルギーでもない、質料でもなくなるのですか?どんな形をとっておろうが、エネルギーであり、質料である事実は、変わります?変わりません?変わりません。

 じゃ、神は神棚におるのですか?皆さんの中におるのですか?どっち?

 「天の彼方に神がおります」、「神棚に神がおります」と言うのは、あれ、本当でしょうか?ウソでしょうか?

 汝、嘘つくなかれ。

汝、騙すなかれ、なのです。
 
 神の国は汝の内に在り。御仏の国は汝の内に在り。神性、仏性、汝の内に在り。

 これは陽性、これは陰性です。陰陽の原理は、これを大原理といい、陰陽の原理です。これを神理といいます。神理といいます。

陰である質料と、陽であるエネルギーがなくても、ものは存在するの?するの?

じゃ、その陰陽の法則は、どこに存在しています?その法則なくても、ものは生まれるの?生まれないの?

じゃ、あなたは法則そのものではありませんか?これが、宇宙原理です。大原理です。

原理そのもの、大原理。小さな原理があるんですか?これは大原理ですか?大原理です。その大原理は、どこに存在しています?

では、神理はどこに存在しています?神性はどこに存在しています?あなた方そのものが、神性そのもの、原理そのものじゃありませんか?

宗教家の言う、この拝み屋信者、ご利益があるとか、何があるとか言う、あのママゴト遊びの神は存在しているの?している?してないの?

宗教家の言う神は、どこ探しても存在していません。神は法則そのもの、絶対実在そのものなのです。神というのは何かというと、実在のことをいうのです。実際に在るものを、神理というのですよ。

実際に無いものを神理と言うのですか?どっち?非神理としかいいません。じゃ、あなたは神理を知らなかったら、誰を知らないということになりますか?

「我は神理なり」じゃありませんか。我は実在なりと。今、即実在。今、即神理、です。

神理を学ぶということは、誰を学ぶということですか?自分を学ぶということです。神理を知らない人間に、自分を知った人間は、いない。

自分が何であるか知らぬことを、迷いというのです。自分が何であるかを知ることを、悟りというのです。
いいね!した人

テーマ:
恩師・知花敏彦先生の言葉です。

~~~

ここを霊とします。ここを水とします。
このエネルギーと質料がなくても、
あなたっておるんですか?
あなたって何でしょうか?
あるの?
ないの?
あなたがおるの?
神がおるの?
あなたがおるんですか?

あなた方、迷妄ですよ。
私は人間でありますと。
人間の形をとった神であって、
人間の形をとったエネルギーであり質料であって、
あなたじゃないんですよ。

だから、あなたの考えているあなたは、
まぼろしです。
実在している?
していない?
しているの?

エネルギーと質料がなかったら、
あなたという肉体は、
無限大のエネルギーと、
無限大の質料で
存在しているわけですから。
エネルギーと質料がなかったら、
あなたという存在はあるんでしょうか。
 
じゃあ、あなたは人間でしょうか?
エネルギーであり質料でしょうか?

エネルギーと質料は実在ですけども、
人間は実在していませんよ。
あなた方は、
無いものを在るという錯覚を起こしているだけなんです。
だからメクラというんです。
無知というんですね。
 おるじゃないかと、何あるが故にあなたがおるんですか?
エネルギーと質料が無かったら、
あなたは居りますか?
居ります?

だから、あなた方の見てるのは、
ただの人間であると。
あなた方、
人間と言う形に目が眩んでしまって、
人間の本源、本質がエネルギーであり、
質料であるということを見てないと。

だから釈迦は、
外を見るな、形を見るなと。
だからイエスキリストは、
我は、姿、形に属する者に非ず、我は神なり、我は霊なり、生命なりと言ったんです。

しかし皆さん方は、
我人間なりと思っていますから、
人間という想念を持ってるわけですから、人間で居らねばならないんです。
 
神の想念ってのは、
自分が神であるという想念を持つべきですよ。
人間の想念というのと、
神の想念というのはですね、
実在しているのは神の想念しかない。
人間想念ってあるんですか?
在るの無いの、人間の想念って?
在る、無い?

想念は幾つあります?宇宙に。
実在しているのは、
神の想念しかないんですよ。
神の想念はあなたの想念なんです。

しかし、
我人間なりという想念じゃないんです。神の想念は。

神の想念は、
我人間なりという想念ですか?
我神なりという想念ですか?どっち?

良く考えてみて下さいよ。
神も居って、人間も居るんですか?
人間と神と何が違います?は?

じゃあ、実際に在るのは人間ですか、
神ですか?
実在しているのは?
人間が実在ですか?
神が実在ですか?
あなたは人間ですか?
神ですか?
本当?笑われるよ。笑われてもいい?
 
この世の無知な者からすればですね、
「我神」と言ったとすると、
この世の無知な者は、
自分が何であるか知りませんので、
人間が何であるか知りませんので、
嘲笑われますよ。

だから、
この世の者から迫害を受ける者は、
幸いであると。
あなたが
この世の者から好かれている人間であるならば、災いです。ね。
「あの人一歩違ってるよ」と、言われて初めて本物なんです。

間違った状態と、妥協して、調和している人がおったら、その人、災いですよ。
幸い?災い?災いですね。

迷った人との波長が合っている人は幸いなの?災いなの?
我人間なりと想念を持つ人と妥協すべきですか?妥協すべき?
それが、「悪に妥協するなかれ」言うことなんですよ。
 
あなた方はもう、
永い、永い、
気の遠くなるような転生を繰り返して、
未だかつて人間だと思っています。ね。

ハッキリ言ってですね、
記憶喪失症なんです。
自分が何であるかの記憶が蘇ってない。
気を失っているんですね。
気を失っているようなものですね。
自分を見失っている訳ですから。

この姿という、
人間という姿、形は、
本当にあるの?
あるの?無いの?
無いですよ。
あるじゃないかと言いますけども、
実際になるのは形じゃないんですよ、
エネルギーと質料が無かったら、
形と言うのがあるはずかありません。

実際に在るのは、
形ではなくて、
実際に在るのは、
エネルギーと質料ですよ。
 
例えを申し上げますと、
あなた方はコップがあるといいます。
ウソです。
コップがあるんですか?
ガラスがあるんですか?どっち?

そうなりますと、
これ形でこれ捉えますと、
これコップですが、
本質で観ますと何ですか?
ガラスですよ。
じゃあ、実際に在るのは、
ガラスですか、コップですか?
どうでしょう。

じゃあ、実際にあるのは人間ですか、
エネルギーと質料ですか?
実在しているのは?

あなたは、非実在を観るべき?
実在を観るべき?

じゃあ、そのコップというものは、
本当にあるんですか?
ガラスが本当にあるんですか?
 
このコップがですね、
「私はコップであって、ガラスなんかでない」と突っ張ったところで、
コップはガラスである事実は変わりないと思いますね。

あなたがですね、
「私は人間であって、肉体であって、エネルギーでも質料でもない」と突っ張ったところで、
あなたが、無限大のエネルギーであり、
無限大の質料である事実は、
変わる?変わらない?
変わる?変わらない?
 
真理が人間の迷いで変わる?
変わらない?

だから、あなた方はですね、
この本源、本質、
実際にあるものを観ないで、
実際にないものを見ているんですよ。

即ち、このコップというものは、
ガラスの仮の姿であると。ね。
この仮の姿であるコップは
たたき割りましても、
形は破壊できましても、
コップの本源本質であるガラスは、
破壊できる?できない?
できる?できない?
できないですね。
 
人間という形体は破壊できましても、
人間の本源本質である、
エネルギーと質料は、
破壊できるの?
破壊できないの?
できる?
できない?

如何に、あなた方がですね、
自分に対しての無知であり、
無力であり、
無理解であると、
いうことを理解してもらいたいと思いますね。

ガラスが無かったらコップは存在しませんね。
エネルギーと質料が無かったら、
人間は存在しませんね。
存在する?しない?

神は宇宙に遍満する力であり、
遍満する質料です。
このエネルギーも質料も無限大です。

じゃあ、あなたは個人でしょうか、
無限でしょうか?
あなたは自分のこと、
個人だと見てますけども、
エネルギーにも質料にも個人ってのがあるんでしょうか?

エネルギーも質料も普遍的ですから、
無限大ですから、
あなたは個人でしょうか?
無限でしょうか?ハ?

しかし、あなた、個人だと見ているんでしょ。
個人想念持ってるんでしょ?ハ?
私は個人でありますという想念持ってませんか?
無限だという想念持ってる?
個人だという想念持ってる?

じゃあ、あなたが個人だと思っている限り、
あなたは無限になれる?
なれない?ハ?

その想念っていうのは、
思いですから、
思いは出て来ます。
または、思い出という。
思い出というのは、
思ったことが出て来ますね。

信ずるものは現れる、
認めるものは現れる。ね。

あなたは、
無限なるものを認めた時、
小さなものが現れるんですか?
大きなものが現れるんですか?

あなたが無限だと思ったら、
小さなものが跳ね返ってくるの?
無限が跳ね返ってくるの?どっち?
ほれ見てください。
じゃあ、
あなたの想念を小さくするも、
大きくするも、
誰次第ですか?ん?
自分ですね。
いいね!した人

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。