テーマ:
私の細胞は

私の一部であり

私全体であります。


私は宇宙の一部であり

宇宙全体であります。


あなたは宇宙の一部であり

宇宙全体であります。


私は神の一部であり

神全体であります。


あなたは神の一部であり

神全体であります。


ならば、全ては宇宙全体であり

全ては神全体であります。

ならば、全ては一つであります。

これが理解できれば

全ての問題が解決します。


自分と宇宙とは別だと思っている間は

迷いです。

自分と神とは別だと思っている間は

迷いです。


自分は宇宙であり

自分は神である。

あなたは宇宙であり

あなたは神である。

全ては宇宙であり

全ては神である。

ならば、全ては一つであります。

これが理解できることが

悟りなのです。


以上、人類の釈迦・イエスと云われた恩師・知花敏彦先生に教えていただいたことを自分なりに書きました。
AD
いいね!した人

テーマ:
{42C20F99-5368-4CF5-B4E3-F736F8038A5E}

現代の釈迦・イエスと云われた、

大覚者である、恩師・知花敏彦先生の言葉です。

ーーーーーーー

昔の農民はすばらしい心の方だったのです。

土地に植えた物から収穫を得ますと

その恩返しに必ず肥料を返したのです。

有機物を入れて「ごくろうさま」と

畑に手を合わせ

「本当に今年も、ありがとうございました」と

お礼を言ったのです。

あなた方は畑に行く時、手ぶらで行きます。

昔の人は、手ぶらで行った人はいないと思います。

必ず畑からの恵みに

感謝の気持でお返しをしたくて

肥料をかついで行かれた。

これが本当の「作用と反作用の法則」、

「与えよ、さらば与えられん」という

循環の法則を

昔の人は守っていました。

今の農民は盗っ人です。

何も与えないで、盗むことしか知らないのです。

今の化学肥料は肥料ではないのです。

硫酸、塩酸、アンモニア。

それは肥料ではなくて

土地の持っている要素を吸収する力があるだけで

肥料そのものではありません。

土地の持っている要素を吸収して、

根っこに引き寄せる、

盗みの力が働いているだけなのです。

その化学肥料が肥料ではないことを

知らねばなりません。

持っている土地の力の要素をどんどん奪って

奪うだけで、与えていないのです。

硫酸というものは

物を引き付ける力があります。

そういうものでもって

肥料を与えているという錯覚を起こさせて

政治家がそのことを指導しているのです。

えらい人達が、なぜ農民に

盗みの罪を犯させるような指導をするんでしょうか。

どうですか

今の化学肥料は肥料ですか?

盗みの罪ですよ。

もうとことん、

根こそぎ土地の持っている要素を

奪う働きしかありません。

あれを入れたら実るという錯覚を起こさせて

そうして、企業家に農協は買収されて

それを売れば純益がいくら上がる

その農協から肥料を買ってくれないと

その農民の作物さえも回収してくれない。

そのようなエゴ

その政治家がまかり通っていいものでしょうか。

NOです。

そのまま行けば、

私達は滅びるしかないのです。

あなた方は、もっと考える人になってください。

もっと心のある人になってください。

心を欲に売り飛ばしてはいませんか。

いろいろな欲望に売り飛ばしてはいませんか。

欲望は、さまざまな悪しきものを

この世に引き起こしているわけです。

それに気付いてください。

よく考えて、

もっともっと自然を

愛していこうではありませんか。

自然を愛することによって

私達は自然の恵みを得ます。

地水火風のその法則を犯してはなりません。

それをどう元に戻すかが

人類が救われるか救われないかの

唯一の救いの道です。







AD
いいね!した人

テーマ:
{63D3C09E-DF9C-4D95-A52C-83122A21E3B9}

現代の釈迦・イエスと云われた

大覚者である、恩師・知花敏彦先生の言葉です。

ーーーーーーー

神の御心が

天に成るが如く

地にも成らせ給え。

願わくば

我らが神の伝導体とならんことを、

地上に神の御国の来たらんことを。

宇宙の中心より

絶えざる愛の流れを

人の心に入れさせ給え。

願わくば

我らが愛の想念体とならんことを。

天と地の愛の掛け橋とならんことを。

我が愛は全宇宙に遍満し

私は愛の中心に存在して

大愛は我が中に在(ましま)す。

私は大愛そのものなり。

神は無限なる大愛なり。

大愛が我を造り

大愛が我が中に宿り給う。





AD
いいね!した人

テーマ:
{87BA3867-EDEE-4272-AB21-BE9D7371FF55}

現代の釈迦・イエスと云われた

大覚者・知花敏彦先生の言葉です。

〜〜〜〜〜〜〜

神の世界には、マイナス思考というものは存在していない。

プラス思考なのです。

だから、未だかつて人類は、善悪の木の実を食べているのです。

この意味分かりますね。

善の木の実も食べるけども、悪の木の実も食べています。

それは、あなたの悪想念から発したものがあったら、

あなたは悪の木の実を食べねばならないのです。

だから、まだこの地上界の人類は幼児期にあり、

善悪の木の実を平気で食べているのです。
 
憎しみという思いが起こった時、

あなたが誰かを憎んだ時に、

その憎しみは誰に跳ね返って来ると思います?

全部自分に跳ね返って来るのですね、

4倍になって跳ね返って来るのです。

人を憎むことは、己を憎むことであり、

人の悪口を言いますと、誰に跳ね返って来ます?

全部自分に跳ね返って来ます。

それは、否応なしに、刈り取らねばならないのですね。

あなた方の日常生活は毎日、種まきをしているのです。

いい種を撒けば、いい収穫物を得ます。

あなた方、悪い種を撒くのです。

憎しみと、怒り、誹り、嫉妬、不安、恐怖、

或いは、歳を取りはしないか、

病気になりはしないか、

死にはしないか、

こういう悪いものを、

どんどん撒けば撒くほど、

その人は、その自分から出た分だけ、

あなたの日常生活で、これを刈り取りせねばなりません。

刈り取りは誰がやります?

あなたの撒いた種は?

全部自分が刈り取ります。
 
だから、あなた方の種まきが下手なのです。

いい思いをしたいならば、

いい種を撒けばいいのですね。

これを正想念と言いまして、

正想念のみに、皆さん方、生きていると、

みんな正しいものしか刈り取らないのです。

そうすると、日常生活に現れてくるものは、みんな善なのです。

正しいものしか寄ってこないです。

これが、「類は類を呼ぶ」の法則でもあるし、

「作用と反作用の法則」なのです。

悪の種を撒けば、悪が襲ってきます。

あなたが、1という悪を撒けば、

4という悪を刈り取らねばなりません。

だから皆さん方は、悪いことが起こった時、

連続的に悪いことが起こってくる。

いいことが起こり始めたら、

連続的にいいことが起こってくる。

これは日常生活で、みなさん体験していらっしゃるんじゃなかろうかと思います。

悪いことが起きると、悪いことがどんどん襲ってくる。
 
だから、あなた方の、その想念というのは、ただあるんじゃないのですね。

どんな小さなことでも刈り取らねばなりません。

どんな小石を投げても、砂1粒投げても、

その水の中に投げますと輪が出来ます。

大きいものを投げますと、大きな輪がでます。

だからあなた方の、どんなに小さな思いも刈り取らねばなりません。

憎しみが深ければ深い程、

大きな石を、その水の中に投げたようなものなのです。

それを誰が刈り取ります?誰が刈り取る?

この刈り取りそのものを、皆さん方は、運命と言っています。

悪運だとか善運だとか言っていますけれども、

運命は誰が築いているんでしょうか。あなたの運命は?
 
運命は変えられないと皆さん言いますけれども、

あなたが運命の作り主ですから、

いくらでも変えられるという意味なのです。

皆さん方、苦しむべき人は、苦しむように生まれているのでしょうか?

この苦しみや悩みというものは、

誰がつくり出しているのでしょうか?

神が、でしょうか、あなたが、でしょうか?

神は、苦しい人を一人もお作りになってないのです。

苦しい人、苦しみ、悲しみの人、神様が、お作りになっているのでしょうか。

誰が作っているのですか?

その悩みや、苦しみや、そういうものは?

全部自分の想念が作り出しているのです。

これを想念形態と言いまして、

我々は想念の雛型を、この世に見なくちゃならない、

結果として刈り取らねばならないのです。

だから、あなた方の毎日の日常生活、1分1秒間は、種まきをしているのです。
 
例えを申し上げますと、またこのような三次元的なものだけじゃなくて、

あなたの意識が、想念が、「我神なり」、

「私は神である」と云う想念を発してみて下さい。

何が跳ね返って来ますか?

あなたが「我神なり」という意味を分かっていなかったとしても、

その影響を誰が受けます?

「我神なり」という思いを起こした時、

誰が受け取ります?

あなたから発せられたもの、

言葉でもいいし、思いでもいいし、

「我神なり」という思いを起こした時、

どんな小さなことでも跳ね返ってくるならば、

あなたが「我神なり」という思いを起こしている時に、

あなたは神というものを望んだわけです。

それが、神があなたに跳ね返ってくるわけです、。

或いは、「我は光なり」、「我光なり」、「我神なり」という、

常にその想念を持っていたとしますと、

何が跳ね返って来ますか?

光が跳ね返って来ますね。

「我、完全なり」とあなたが言ったが故に、

その完全という言葉を発し、

或いは完全という思いを起こしたが故に、

その完全という思い、完全という言葉の力は、

あなたに影響を及ぼす、及ぼさない?

これは、悪い影響でしょうか。いい影響でしょうか?

「四六時中、神を思いなさい」ということは、

あなた方が、四六時中、「我神なり」という思いを起こしますと、

六時中、あなたに、

神の智恵と力と光が跳ね返ってくるという意味なのです。
いいね!した人

テーマ:
現代の釈迦・イエスと云われた、

恩師・知花敏彦先生がこの地球に来られた

具体的目的を、お弟子さんのホームページから

引用して紹介します。
{4D2C57EB-DD0E-43E9-B84D-21AA0479DC84}

以下引用
ーーーーーーーー

わたし知花はかつて、イエスや釈迦を指導していたことがあります。

その時の名前はトートと呼ばれていました。

もう人間に生まれてくる必要がなかったのですが、

地球が、人類が大きく変化しようとする時にあまりにも人類の意識が上がらない為に

地球、人類が大変なことになるので、天の世界からやむえず、

地球を守る為に肉体をもってきたのです。

<具体的目的> 


1.地軸の調整 ポールシフトを防ぐ 

{9CA4775F-CE54-422C-81C6-F06FAEF53273}

北極N、南極Sを軸として地球が回転しています。


それを地軸と言います。


姿、形の地軸に対して、90度でクロスしてあるエネルギーの軸、


気軸があるのです。


それは長野県の野辺山と南米パラグアイにあったものが


地球のエネルギーがなくなってしまい、


沖縄と南米ボリビアのサンタクルスに移ってしまったのだそうです。


これ以上ずれてしまうと、


北極と南極がひっくり返ってしまう恐れがある。


それを止めるのが1つの目的と言っています。


長野県の野辺山は国の天文台がある所です。


天文学の研究に一番安定した場所としてつくられているのだそうです。 


知花先生はその近くの清里に10年住居かまえていました。


知花先生は沖縄とサンタクルスを年に10回位は巡回していたそうです。


知花先生は沖縄育ちです。南米のボリビアには30年位住んでいました。 
 


2.ノストラダムスの予言の地球の滅亡を防ぐ 


1999年グランドクロスを迎える地球を中心に


惑星が東西南北正確に並ぶ日、


惑星の引力で引っ張られる為に地球がバラバラになってしまう。


それは地球のエネルギーが弱くなってしまい、


惑星の強力な引力には負けてしまうとのことでした。


その当時、先生は必死に瞑想や何かをしていたようです。 


時々、講話の後などで「地球が分解したら、全ては私の責任なんです。」と言っていました。 


ボリビア当時に神の啓示を何回も受けていながら、


怠けてしまい日本に帰ってやるべきことが10年遅れてしまったのだそうです。 

世紀末の5年程前、先生がニコニコして話してくれました。


地球の存続が決まりました。


ノストラダムスの予言は神が人類に早く気付きなさいと言う事を


ノストラダムスを通した警告だったのだそうです。 



3.『神は科学である』を伝える 


神は法則である。


法則とは絶対であり、必ずであり、例外が無いということです。 


神は宇宙科学であり、創造の科学である。


法則通りにすれば、


無限に存在する宇宙エネルギー(空)からどんなものも創り出すことができるのです。


ちょうど、乾燥した空気を冷やすと水になり、


その水を冷やすと氷(物)になる。


これが物質化です。 


物質化で有名なインドのサイババ先生と知花先生は親交があったようです。


サイババ先生と知花先生はそれぞれ役割があると言っていました。


サイババ先生の役割はまだ輪廻転生の少ない人たちのインドに於いて


神が実在していることを伝える役目で物質化をして見せていたのです。



4.1人でも多くの人を解脱させる


知花先生は輪廻転生を数多く経験し、


いつでも悟ることのできる日本人に対して


人間は初めから神そのものだということを伝え、


瞑想、内観を通して神を実感する解脱するアドバイス、指導する役割だったようです。 


今の日本人は白人、黒人、インディアン、中国人、朝鮮人、ロシア人など全ての人種


インカ人、アトランティス人など40万回位輪廻転生をくり返して、


いつ解脱してもおかしくない位の魂だとも言っていました。 


知花先生は地球上で役目が終わったら天に帰ると言っていました。


ほぼ予告通りに今から5年程前(2012年現在)に68才で天に帰りました。


今も毎日毎日私たちにエネルギーや意識を送ってくれています。


みなさんも先生のエネルギーを受けることは可能だと思っています。 

ーーーーーーー

引用ここまで


知花敏彦先生の講演DVD、CDの注文ができます


知花敏彦先生のお弟子さんの講演会はこちら




いいね!した人

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。