ゆうあい養蜂場から

ゆうあいのローヤルゼリーは、
自然環境に恵まれたタイ北部にある自社養蜂場で採乳しています。


テーマ:

巣枠の上に何かが見えますが、さて、これは何でしょうか?

 

 

赤いケースの周りに働きバチが集まっています。

 

 

もう少し近寄ってよく見ると、赤いプラスチックのケースの中にミツバチがいます。

 

それぞれの巣箱の中には、3~5万匹の働きバチ(メス)と少しの雄バチがいますが、女王バチはたったの一匹だけです。その女王バチが囚われの身とは、どうしてなんでしょうか?

 

ロンガンハチミツの採蜜時期は、1年に約1ヶ月ほどしかないので、その期間は少しでも多くのハチミツを採るためにする工夫があります。その一つが、女王バチが産卵できないように、個室に隔離するというものですが、それでも働きバチは食べ物を運んで来ます。一般に、女王バチは1日に約2,000個の卵を産むと言われていますが、ハチの巣(巣枠)の各部屋には、卵、ハチミツ、花粉のどれかしか入りません。女王バチが部屋に卵を産んでしまうと、もうそこにはハチミツが貯められなくなります。また、卵から孵った若いミツバチが、ハチミツを食べてしまいます。

 

 

採蜜の期間は、いろいろな作業工程の途中でミツバチが死んだり、また新しくミツバチが増えないので、どんどんその数が減ってしまいます。働きバチの少なくなった巣箱は何度か統合されますが、最終的にミツバチの総数は3割まで減ってしまいます。ですので、実際に女王バチを隔離しておくのは3月中旬の2週間程度で、その前後は自由に巣箱内を移動して産卵を繰り返します。

 

ロンガンの花が少なくなり、採れるハチミツの量が少なくなる採蜜の終わり頃から、減ってしまった働きバチを増やすために、また女王バチには活躍してもらわないといけません。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ミツバチ」 の記事

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。