• 17 Nov
    • 一番エネルギーを貰えるものは何か。

      自分に、一番エネルギー(元気)を与えてくれるものは何か。コレを、自分で知っておくことはとても大切です。コレに触れていないと、シューンって元気がしぼんでしまう。コレは、一番好きなこと…っていうわけでもないのです。好きなことをやっているともちろん元気になりますが、エネルギーを貰える…というのは、また別にもあるのです。例えば私は、木とか植物。これらに触れると、みるみる元気がよみがえります。逆に、触れていないと、シューンとなってしまう。人間なのでみなさんに当てはまるとは思いますが、私は特に、これでエネルギーチャージができるのです。これは、人それぞれでやっぱり違います。日常生活にフツーに組み込まれているハズです。だって、大切なエネルギー補給源ですからね。当たり前に補給していて、気づいていないかもしれません。でも、これを意識的にチャージすることで、元気復活が速まります。自分に、一番エネルギーを与えてくれているものは何か。この視点で、日常生活を観察してみてくださいね。麻生夕貴

      テーマ:
  • 16 Nov
    • プチ不満を吐き出すと、浄化される。

      心の中で感じたプチ不満などは、口に出してこそ浄化になります。不満や文句などを感じた時に、すべてを相手に伝えろとか、そういうことではありません。イラっとする時や、相手に言うほどではないけどムッとしたりする時ってありますよね。この時感じたことは、口の中から吐き出しちゃうことです。「そりゃないだろ!」 とツッコミ風に言ったり。「なんじゃこりゃあぁ」 と優作風に叫んだり。あ、一人でいいのですよ。むしろ、一人の時がいいのです。相手にぶつけるとイヤな感情を吐き出すだけなので、逆効果。(きちんと伝えた方がいい場合もあります) 相手に言わなかったとしても、自分の中にため込まずに出しちゃうってことです。その場ですぐ言えなくても、後からでもいいのです。一人でいる時に言うとね…怪しいですよねぇ…。でも、スッキリするのですよ。別にたいしたことないか~とか、相手に言わなくてもいいやって、なります。プチ不満を感じた時って、不満を 「感じたこと」 ではなく、その不満を 「吐き出さなかった時」 に、ストレスが 「溜まる」 のです。これがひどくなると、身体の症状に出たりしちゃう。だから、部屋で一人で、怪しい感じの人になってもいいから、思いを全部、「出すこと」。大切な身体を守るためにも、ぜんぶ出しきっちゃいましょう。☆ハワイ クアロアランチ麻生夕貴

      テーマ:
  • 15 Nov
    • 男性の薄毛について。

      こんばんは。ジェイソン・ステイサムのハゲ方が好きな麻生です。さて今日の女脳男子は、薄毛(おハゲ)について。髪が薄いことを気にしている男性って、多いと思います。でもね、私はそんなに気にしなくていいと思うのですよね。多分女性にとってのダイエット(太っている)レベルの悩みですよね、きっと。でも、太めを気にしない…むしろその方が好きな男性もたくさんいるように、薄いのを気にしない…むしろ結構好きだぜみたいな女性もわりといるのですよ。私も、「ちょっとどこまでがデコよ?!」みたいな人を好きになったこともありますしね。薄いのがめちゃイヤな女性もいるにはいるでしょうけれど、実はそんなに気にしてない女性もごまんといる…ということなのです。だから、薄い人はもっと自信を持っていいと思うのです。潔く短くしている人や坊主の人なんかもカッコいいですしね。ということで…今日はホノルルのガンジーで締めたいと思います。麻生夕貴

      テーマ:
    • 10%の「違う」を見逃さない。

      今年の初めに京都に行った時のことなのですがね。私は「京都らしい甘いものが食べたいな」と思っていたのです。ぜんざいとか抹茶とか、和風の甘いもの。すると、一件目に行ったお店は大行列。ここはすぐさまスルーしました。二件目は、抹茶ケーキが食べられるけど店内があまりにも騒がしい。ということで却下。三件目はぜんざいもあるし落ち着いているけどいわゆるフツーのお店…ということで却下。四件目はわらび餅やらなにやら、美味しそう。しかも何かの賞を受賞した珈琲が飲めるらしい。もうここにしようかな~と決まりかけていたのですが、喫煙席も近くて、なんだか気が進まない。で、あきらめかけて「もう今日はいいかな、帰ろうかな」と思っていた所…少し歩くと、あったのですね。私の条件にピッタリのお店が。店内はキレイで落ち着いた和風のお店。ぜんざいも抹茶もあるということで、すぐさま来店。すると、めずらしい「白小豆」なるぜんざいを食すことができたのです。もちろん抹茶もオーダー。美味しくて大満足できたのでありました。これはぜんざいが例ですが、ほかのお願いごと(仕事や恋愛やお金など)の時も同じ。願いを叶える時は、ささいな「違う」を決して見逃さないことですね。フツーなら、90%条件を満たしている4件目に入ってしまう所です。でも、少しでも違うと感じた時に妥協しなかったことが、私にとって一番嬉しいお店に辿り着けた要因です。直感は10%の「違う」を決して見逃しません。この10%を無視しなければ、結果パーフェクトに出会えるのであります。麻生夕貴

      テーマ:
  • 13 Nov
    • ハイヤーセルフにお任せする。

      のっけからスピリチュアルな言葉出てきましたね~。(でも私はこのハイヤーセルフという言葉がけっこう好き)自分を導いてくれる存在…宇宙と一体の自分…魂そのもの… まぁいろんな言い方がありますが、私は「高次元の自分」がしっくりきますかね。何かお願いごとがある時に、このハイヤーセルフにお任せすると、うまくいくことが多々あります。「こうしたいの、お願いね」って表明だけはしといて、(紙に書くでも頭で唱えるでもなんでもいいのですが)あとは自分でゴチャゴチャ動いたりするのではなく、お任せしておくのです。お任せする…を別の行動で言うと、「その時、自分がしたいことをする」ってことですね。例えば、今日中に仕上げたい仕事とか何かがあるとして、フツーは焦って必死に仕上げようとしますよね。でも、そうではなく、「お願いね」ってハイヤーセルフにお任せして、自分は仮眠を取ったり本を読んだり、「その時したいこと」をする。そうすると、その後すんなり仕事ができたりしてなんなく願いが叶うというわけなのです。自分が考えている以上にチカラ(パワー)がある存在とでもいうのかな。そのパワーを使う…という感じですね。☆初公開  オカンの頭部とハワイの朝日麻生夕貴

      テーマ:
    • 人のせいにも、自分のせいにもしない。

      私は分析するのが好きです。例えば気分がいい日。なぜ今日は気分がいいのか。「あ、今日はとびっきり大好きな洋服を着ているから?」「昨日ゆっくりマッサージしたから?」「○〇さんからメールが来たから?」など、そのつど分析するのです。こうして日々分析しておくと、「自分・ルンルンデータ」ができるので、ちょっと気分が沈んだり疲れたような時に、「こうすればいい」と対応策ができます。人にはバイオリズムがあるので、特別何かあったわけではなくても疲れたりいつもの自分らしくない時もあります。そんな時、このルンルンデータをもとにできることから実行して、少しずつ元気を取り戻せばいいのです。へこんだり何かがあった時も分析はした方がいいのですが、その時は、「人のせいにも自分のせい」にもしないこと。これは、どちらも次につながらないし、生かせない。まったく意味がないからです。原因の分析はしてもいいけど、「次はこうしよう」という対応策を作るほうに、より時間をかけること。「次回同じようなことがあった時にどうするか?」こちらに時間を費やして対応策を作っておけば、自分の元気をいち早く取り戻すことができるようになります。自分・ルンルンデータを、たくさん持っておきましょう。麻生夕貴

      テーマ:
  • 12 Nov
  • 11 Nov
    • 人間関係には「自分との関係」が表れる。

      人間関係は、自分との関係で決まります。例えば、自分に対して何かを責めている場合、怒りっぽい人や、自分に怒りをぶつけてくる相手が表れたり。自分が潜在意識で思っていることを、(いいも悪いも)そのまんま口に出す相手が表れたり。すべてがそこに出る。周囲の人とうまくいっている時や素敵な人に出会えた時などは、自分との関係が良好ということ。逆に、何かうまくいかない相手がいたりそういう人を引き寄せてしまった時は自分との関係がイマイチということなのです。見直すべきは、相手ではなく自分との関係。自分としっかり対話をするのが大事ですね。自分の気持ちをちゃんと聞いてあげて、自分を振り返ってみて。自分一人の時間をきちんと作ること。すべて、周りの人たちが見せてくれる。教えてくれています。とってもありがたいことですね。☆ハワイ モンキーポッド (この木なんの木~ね)麻生夕貴

      テーマ:
  • 10 Nov
  • 09 Nov
    • 美人画 9

      モディさん 夕貴流 模写。(目はアーモンド型にしませんでした)麻生夕貴

      テーマ:
    • 11月は、「もう一歩、深く考えてみる」。

      11月のテーマは、これでいくことにしました。何かあった時。というか、私たちには毎日何か起きているわけですが。嬉しいことでもちょっとイヤなこともフツーに感じることも。「コレはどういう意味なのか」「この出来事にはどんなメッセージがあるかな」と、もう一歩、深く考えてみようと思うのです。「あー嬉しい~」「あ~いやだー」とかで終わらせるのではなく、考えてみる。観察してみる。俯瞰してみる。そうすると、いつもと違った側面が見えてくると思うのです。大好きな秋ですし、今月も楽しみ。ちなみに10月のテーマ「お願いする」は、「普段の私なら言わないな」という場面で、人にお願いすることができました。とても大事なことですね。お願いしても、むしろ喜んでくれましたからね。人はみんな、人に支えられているので、気軽にお願いしちゃっていいんだな、と感じました。その分、自分も誰かのお願いを聞いてあげればいいのではないかな。麻生夕貴

      テーマ:
  • 06 Nov
    • メールは「気」を貰っている。

      現代の私たちはメールを毎日していると思いますが、メールって、一番ダイレクトに相手からの「気」をもらいます。「気を受ける」とも言いますね。相手の心の状態(気)をまともに受けるので、例えば相手がすごく怒っていたり、悲しんでいるような時は、要注意です。まともに気を受けちゃうので、なんだか自分までイライラしたり気分が悪くなったり、落ち込んだりしてしまいます。電波を通したものって、本当にすごいのですよ。伝染するんです。目に見えないものほど、その威力はすごい。後味が悪いようなメールは、ソッコーで消すことです。ケータイに残してはいけません。逆に言うと、嬉しいメールや大好きな人からのメールは元気パワーをたくさん貰えるということです。「この人からメールが来ただけで、ウキッとする」仕事でもプライベートでも、そういう人っていると思います。これこそ、「いい気」を受けている証拠。たくさんメールでやり取りしたり、嬉しい文章は取っておいて、見直すのもいいですね。読むたびに元気パワーを貰えます。メールは、今や欠かせない通信手段。だからこそ、どんな文章を読むのか、相手の状態はどうなのか。そういったことも気にしながら、自分の良い気を保っていきましょう。☆ハワイ麻生夕貴

      テーマ:
  • 05 Nov
    • 断ってみて、気づくこと。2

      だいぶ前に二日間のお粥生活をしたと書きましたが、この時、ケータイもパソコンも全てオフにして丸二日間を過ごしました。映画と漫画だけはOKにして、完全に外部の音をシャットアウトして過ごしたのです。これをするといいのは、やはり、自分の本音と対話ができるという点です。余計な音(社会や周りの人たちの声)を完全シャットアウトですから、自分の声しか聞こえないわけです。「あれがしたい」とか「本当はこう感じている」とか色んな本音が出てきます。それらに耳を澄ませて、気持ちを感じ切ってあげる。そうすると元気になって、ずっとやりたかったことにトライしたり、ガマンしていることをやめたり…といったことができるようになります。普段の私たちは、雑音が多すぎて本音が見えなくなっていることが多いものです。(お粥生活はしなくていいですが)1日でいいから、ネットとケータイを扱わずに過ごしてみる。すると、一番大切な「自分の本音を聞く」 という、尊い時間が生まれます。麻生夕貴

      テーマ:
  • 04 Nov
    • 断ってみて、気づくこと。

      もうだいぶ前のことですが、アーユルヴェーダのクリニックに行って、下剤療法というものをやってみたことがあります。下剤(自然の材料)を使って、腸の中を大掃除(空っぽ)にするって感じですね。この時、二日間ほど完全にお粥のみで過ごしたのですが、フラッフラになりました。「二日間くらい余裕だべ、なんなら4日間するべ?」くらいに考えていたのですが、いやいや…フラフラするし、めまいもするし、起き上がれないし。お粥のみの食事が、こんなに体力がなくなるとは思いもしませんでした。毎日食べられることって、本当本当にありがたい。そして、何十年と大きな病気ひとつせず、動いてくれている身体。私が自分勝手に食べ過ぎた日も、調子に乗って飲んだ日も、せっせと文句ひとつ言わずに、働いてくれている。なんてありがたいんだと、私は思わず泣いてしまったほどです。やっぱり、断ってみて気づくことって沢山あります。一度断たないと、気づけないことって、沢山あります。こういった下剤療法でもプチ断食でも、なんでもいいのですが、しっかり身体と向き合う日を、一年に一回でいいから、きちんと設けていこうと思います。☆ハワイ麻生夕貴

      テーマ:
  • 03 Nov
    • あげまんについて

      付き合っている男の人の運気を上げる女性のことを、「あげまん」っていいますよね。私はね、運気を上げるというか、相手の「本質のいいところ」を引き出せる人…っていうのがあげまんの意味だと思っています。みなさんも毎日いろんな人に会うと思いますが、会う人によって出てくる「自分の一面」って、違うと思います。ある人の前では、おちゃらけた自分になったり、ある人の前では、品のある落ち着いた自分になったり、ある人の前では、子供のように純粋無垢な自分になったり…など。会う人によって、自分の「どの本質」が出るかが、変わるのですよね。その中で、「なんかこの人と会うと、自分の良い面が出るな」そんなふうに感じる人っていると思います。素直になれる、優しくなれる、知的になれる、明るくなれる…などなど。昔のドリカムの歌で言うと、「あなた~といる時の~自分が一番好き~♪」 ですね。(古い古い)例が古いけど、でもほんとコレ。↑さすが美和さんですよ。自分の一番良い面が、自然に引き出される。そんな相手が、いわゆる「あげまん」なのです。これは相性も多少ありますが、やっぱりこれが上手な人・下手な人っていうのは、います。女性に限らず、男性でもいます。恋人だけに限らず、友人・知人・家族・仕事相手…も含めて、そこを見極めて付き合っていくと、いいですよね。自分の良い面が出るわけだから、運気も自然に上がっちゃうのです。麻生夕貴

      テーマ:
  • 01 Nov
  • 31 Oct
    • 願いを叶えるための、サインが来る。

      こんにちは。雨の日はノラ・ジョーンズの歌を聴く、麻生です。(アメリカの女性歌手 声がすっごくイイの)いや別に晴れててもいいんですけどね、ノラはなーんか、小雨の日に部屋の中で聴くと最高なのです。で、ノラといえばですね。ずっと前に飛行機の中で、「ノラ・ジョーンズが聴きたいなぁ」と思って探していたんですよ。(座席のテレビ画面の中から)でも、全然出てこない。入ってないのかぁと思って、あきらめたのです。そしたら、帰りの飛行機の中。飛行機って、ななめ前の席の人の画面って、よく見えるじゃないですか。行きの飛行機の時から、やたらと目につく映画があったのですよ。帰りもチラチラと目につくから、「あれ観たことあると思うけど、ま、いっか」と思って、観始めたんですよね。そしたら…その映画の中で、「ノラ・ジョーンズの歌」が使われていたんですよ…!(大興奮のところよ!ココ)何が言いたいかっていうと、宇宙はちゃんと、行きがけの飛行機の時点で、私に「サイン」を送ってくれていたんですよね。「アンタこの映画観れば、聞けるばい」ってね。(なぜか博多弁)だからね、ふと目に入った情報とか見逃せないんです。これは機内でのちょっとした出来事ですが、ほかのお願いごとの時もまったく同じ。私たちの願いが叶うように、宇宙はあらゆる手段を使ってサインを送ってくれているのです。このサインをいかにキャッチして、生かす(受け入れる)かが、願いを叶えるには重要。だから、毎日ちょっぴり目を見張らせて、心を柔軟に保って、こういったサインに気づけるようにしていきたいですね。麻生夕貴

      テーマ:
  • 30 Oct
    • 相性は、余韻でわかる。

      相性が良い…というのは、会うと元気になれる間柄のことだと思います。会うとお互いが元気になれるから、お互いがいい波動になる。そのいい波動が、「いいもの」を引き寄せる。その二人で過ごしていると、いい情報が入ってきたり、手がけている仕事がうまくいったり、何か良いことが起きたり。だから、相性がいい人と過ごすことが大切ですよね。人間関係全般に言えることですが、男女とも、「その人に会った後に」元気になれるかどうか…です。会っている時はもちろんですが、会ったあとの「自分の状態」で、その人との相性がわかる。なんだかすごく元気になってやる気が出たり、ルンルンしていたら、相性がいい。逆にやる気がなくなったり、イライラしたり、どっと疲れたりしたら、相性が良くないということですね。余韻で、すべてわかっちゃうのですよね。麻生夕貴

      テーマ:
  • 29 Oct
    • 高い傘の実力。

      少し前に出かけた時、突然、雨が降ってきてどうしても傘を買わないといけない状況になりました。そこで私は、前から欲しいなとひそかに思っていた傘をついに、ついに、購入したのです。なぜ早くそれを買わなかったかというと、その傘ね、高いのですよ。ちょっと傘にその値段は…っていう感じの。でも、どうせ買わないといけないし、でも、中途半端な物は買いたくないし、…ということで、意を決して購入してみたのです。するとね、使ってみて実感しました。日本製のどこぞの職人さんが作った傘なのですが、めっちゃくちゃ、軽いのです。傘って、かさばるし (ギャグじゃないよ)重いのがフツーだと思っていた私には、びっくり。わ、こんなに快適な傘があるのか!と。そして、もう一つの利点は、乾くのがめちゃくちゃ早い。これにもびっくりしました。高い傘の実力を見た!と思いましたね。思いきって購入してみて、ほんとに良かったです。やっぱり、いい物をより長く、大切に使っていくほうがお得だな…と実感したのでありました。麻生夕貴